QRコード
QRCODE


和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる




[PR]ワインをお求めなら、
うきうきワインの玉手箱
[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
伝兵衛
伝兵衛
オーナーへメッセージ

2017年07月05日

薬物依存症の親をもつ子ども(連載1


2017年7月1日発:見出し「助けて」。
アメリカには今までに なかったほど多くの
薬物依存症の父親と母親がいる。彼らの子ど
もにとって生活は地獄である。しかし災難の
中に希望もある。この記事は驚くべき家族に
ついて。
パトリックは5歳。里親に会ったとき車の中で
石のように固くなって、不安そうに座ってい
た。実はパトリックは その週末だけ里親家
庭パミラと夫のところで過ごすことになって
いた。彼のおうちは 汚れたゴミ屋敷状態だ
った。そこから二三日逃れるのだ。彼の父の
ウェインは暴力を振るうホームレスで、大酒
を飲み、麻薬をやっていた。妻を殴り、妻の
首を締め ピストルで脅したりしていた。
「水槽の中の魚をピストルで撃ち殺したこと
もあった」とパトリックは言う。パトリック
の母メリッサは薬物常用者であり、クリスタ
ルメス・睡眠剤・ヘロインをやっていた。
彼女はナイフを持って、夫に突進する人だっ
た。母と父が家の中で わめき、殴り合い、
あるいは薬物で恍惚状態になっている間に
パトリックは外で かがみ込んでいた。オシ
メにオシッコとウンチを一杯したまま路上に
いた。そのうちに近所の人が児童相談所に電
話した。職員が来て、パトリックを引き取り
彼のための里親を探した。(つづく、連載は
10回以上になります)
下記サイトから:
http://www.sueddeutsche.de/panorama/drogenkrise-in-den-usa-rette-mich-1.3551391?reduced=true



  


Posted by 伝兵衛 at 14:52Comments(0)薬物依存症児童虐待