QRコード
QRCODE

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
伝兵衛
伝兵衛
オーナーへメッセージ

2015年02月27日

ホイットニー・ヒューストンの娘・危篤状態

2015年2月13日発:(2月27日の時点で彼女はまだ危篤)。
Bobbi Kristina Brown は1月31日に自宅の浴槽に浮いている
のが見つけられた。
3年前に母親のホイットニーはロスアンジェルスのホテルの
浴槽で死んでいるのが見つけられた。娘のBobbi Kristina は
今 医学的に引き起こされた昏睡状態にある。
母親のホイットニーは溺れて死んだとされている(彼女は薬物・
アルコール依存症だったが)。娘について多くの疑問が残っている。
Bobbiが浴槽に浮いているのを見つけたのは Nick Gordon と
Max Lomasである。
Bobbiは Nickを夫と呼んでいるが、彼女の父の弁護士によると 
二人は結婚していない。Max は長い犯罪歴カードをもつ。彼は
1月にも 薬物と武器についての容疑で逮捕された。
ホイットニー・ヒューストン(48歳で死亡)は1200万から2千万
ドルの遺産を残した。遺言により娘が唯一人の相続人であった。
もしBobbiが死んだら、誰がこの遺産を受け取るのか分からない。
下記サイトから:
http://edition.cnn.com/2015/02/11/us/bobbi-kristina-what-we-know/index.html?sr=tw021115bobbikristina630aStoryGalPhotos

  


Posted by 伝兵衛 at 17:43Comments(0)薬物依存症

2015年02月26日

刺青における自己愛(下)

自己演出・自己提示が大切になってきていると 入墨の
研究者 Lobstaedt は言う。「知り合いの輪・範囲が 
短期間に変わったり、仕事の環境が変わったりすると
体についても すばやく自己提示することが必要になる。」
体は提示の媒体になっている。上品な服や高価な時計が 
自己提示のための物であるように、入墨もそういう物になった。
しかし美しい入墨も 数年たてば、ナンギなことになる
入墨もある。スミを入れている人の5~15%は 絵を入れた
ことに後悔していると言う調査もある。
入墨が 遥か昔に過ぎ去った愛を思い出させることもある。
また 以前、流行った「お尻に鹿の枝角」を入れるのは 
女性にはスティグマになっている。そういう事情で 染料を
皮膚の下から取り去る新しい技術が 次々に試されている。
入墨をいれるのに 明確な年齢制限は ドイツにはない。
しかしドイツの入墨工房の大半は 18歳以下の希望者に 
親の了解を得ることを求めている。これは 入墨業者が 
自分の法的安全を確保するためである。(おしまい)
下記サイトから:
http://www.welt.de/gesundheit/psychologie/article137261218/Bei-Tattoos-spielt-Narzissmus-eine-grosse-Rolle.html


  
タグ :ドイツ


Posted by 伝兵衛 at 18:36Comments(0)入墨

2015年02月25日

刺青における自己愛(中)

特別な状況で入墨をいれることが しばしば起きる。口では
言えないことを絵・しるし(シンボル)で表現する方法が 
入墨だ。口で言えない危機的な状況であるかも知れない。
20年 刺青師をしているマンフレッドもそういう経験をして
いる。「人生の転換が強い感情の揺れと結びついている
場合に(たとえば愛した人が亡くなった場合などに)誕生日や
命日と共に肖像画を入墨する人は多い」。
普通 入墨は特別な象徴的な意味をもつことが多い。虎の
絵をいれている人は同行者を その入墨を通して作ろうと
している。スミを入れる人の持っていない素質をもつ
同行者を作ろうとしている。
消費学会(GfK)とドイツ刺青師協会の推計によると 
16歳以上の人の少なくとも 11人に一人は入墨をいれて
いる。これは9%に当たる。25~34歳の人については
その約22%がスミを入れている。
(つづく)
下記サイトから:
http://www.welt.de/gesundheit/psychologie/article137261218/Bei-Tattoos-spielt-Narzissmus-eine-grosse-Rolle.html

写真 by SACHI  
タグ :ドイツ


Posted by 伝兵衛 at 14:45Comments(0)入墨

2015年02月23日

刺青における自己愛(上)

入墨は監獄と港町の船乗りの間での事であった時代は過ぎた。
今、自分の肌を自己表現の場として使う人は社会全体に
見られる。ドイツ人の10人に一人は入墨をいれている。
デュイスブルクーエッセン大学の教育学者Tobias Lobstaedt は
入墨の背景の心理に魅せられ、入墨を博士論文の主題にした。
論文の題を「入墨・自己愛・演劇性」という。
なぜ人は絵やしるしを入墨するかを彼は知りたかった。入墨は
表面的には 絵と文字の美学である。しかし ナルシズムも
大きい役割を果たしている。上記のLobstaedtは「入墨における
自己愛は決して否定的な意味で言うているのではない」
と言う。自己陶酔は 人が自分に対して示す愛でもある。
(つづく)
下記サイトから:
http://www.welt.de/gesundheit/psychologie/article137261218/Bei-Tattoos-spielt-Narzissmus-eine-grosse-Rolle.html

写真 by SAchi

  


Posted by 伝兵衛 at 15:46Comments(0)入墨

2015年02月19日

治癒のダンス~ブッシュマン・ドクター(下)

アフリカの伝統医への関心は 心理療法家で 当時 大阪女子大 
助教授だった井上亮先生の講演がきっかけだった。1991年の
ことだった。
2005年にヨハネスブルグでブラッドフォード・キーニー著
「ブッシュマン・シャーマン」という本を見つけた。キーニー氏は
1951年生まれのアメリカ人心理療法家。
キーニー氏は教会の牧師の家に生まれた。祈りに触れて
生じた神秘体験は震えを伴ない、震えは至福とともに人に
伝えることができた。
ブッシュマンは「生気」あるいは「ライフ フォース」のことを
「ヌツォム」と呼ぶ。ブッシュマンドクターは ダンスの中で
ヌツォムを受けて心身ともに熱くなって震え、ヌツォムを
人に伝えることによって癒やしを行う。
ブッシュマンドクターはまた、心身が熱したときに第三の目が
開き、人の体の中にある病気の部分や、天空から降りて
くる垂直のロープなど、ふだんは見えないものがみえる
ようになるという。
キーニー氏は世界各地のシャーマンと交流している。日本の
「生気術」の達人であった大隅伊久子氏からも 多くを教わり、
この方法の後継者としての任を託された。
これらの話は ホンマなのか、それともフィクションなのか、
もしフィクションだったとしても、よくできた深い内容の物語だ
と思った。
2006年に「ブッシュマン・シャーマン」の翻訳と開始した。
(ということは もう出版されているかと思う)





  


Posted by 伝兵衛 at 13:39Comments(0)こころのケア

2015年02月18日

治癒のダンス~ブッシュマン・ドクター(上)

下の抜粋は 月刊「春秋」(春秋社のPR誌)2015年1月号、p.8~11.
松永秀典、”治癒のダンス ブッシュマン・ドクターへの道”から。
薬物依存症の治療に このような方法がとれないものか?
和歌山県には ついに薬物依存症治療を専門にする精神科医は 
いなくなって、患者は県外へ行かないと専門医にあえなくなった。
ブッシュマン・ドクターが和歌山に来てくれる見込みはないし、
なんとか ならないものか。幸い沖縄には シャーマンが仰山いて
くれるそうなので、沖縄ダルクさん、シャーマンさんに頼んでみて
くださらんか?
★以下は Dr.松永の記事の抜粋:
夏季休暇を利用してナミビアのブッシュマンを毎年訪ねるように
なって8年になる。
2007年の初回の旅で、キャンプした村にブッシュマン・ドクターが
おり、夜 ヒーリングダンスをしてもらった。女性たちが たき火に
集まってきて座り、手を叩きながら歌う。男性ドクターも歌いながら 
ステップを踏む。ドクターの心身が高まってくると、ドクターは村人の
胸や背中や頭に手を当てながら、叫び声をあげて、ヒーリングを
行っていく。
ドクターは倒れて動かなくなり、ダンスは終った。ドクターは翌々日
まで起き上がれず、近隣のドクターがドクターを治療する真剣勝負の
ヒーリングダンスが 夜の9時から三時間にわたって、行われた
。隣村のドクターは 全身全霊で相手にエネルギーを送り続けた。
翌朝からドクターは回復し初め、翌々朝には全快した。
(つづく)

  


Posted by 伝兵衛 at 09:53Comments(0)こころのケア

2015年02月16日

大麻を鎮痛に合法的に使うinドイツ(下の五、最終)

警察の家宅捜査の際の違法行動について 弁護士は
訴えたが、州裁判所は詳しい理由を述べることなく 
却下した。一方、ロバートが不法にマリフアナを所持
していたことについての訴訟は続いている。
ロバートは再び反抗した。彼は自分で大麻シガレットを
巻く。ピザ店のテラスでそれを吸う。バイエルン州警察が
同じことを続けないように、大麻を必要とする患者が 
もっと良く治療されるように願って、そうしている。
Christoph Rossner はロバートの知人であり、彼も
バイエルン州に住む同じ患者だ。ドイツにおける大麻の
合法化についての法案を自費出版したばかりだ。
ロバートは大麻を煙草に混ぜて吸いたくない。彼は
噴霧器を買って、大麻を湿らせている。そうすることに
よって、有害物質が肺に入らないようにする。健康保険が
少なくとも この経費を負担するようになることを
彼は願っている。
下記サイトから:
http://www.sueddeutsche.de/bayern/drogenpolitik-in-bayern-der-gejagte-patient-1.2253739-4

写真 by SACHI  
タグ :大麻


Posted by 伝兵衛 at 14:11Comments(0)大麻

2015年02月15日

大麻を鎮痛に合法的に使うinドイツ(下の四)

警察は捜査命令を提示しなかったのだから、警察の
行動は違法だ。これに対して警察は言う:「この人は 
この不法物質を取り扱う許可を得ているかも知れないが、
栽培する許可は得ていないだろう」。家の戸口で
マリフアナの匂いがしたので 警察は直ぐに関与しな
ければ ならなかった。捜査命令を得るための時間は 
なかった。
ロバートはこれに反論する:「既に 許可文書をアウグス
ブルク警察に提出している。だから 家の近くでマリフアナの
匂いがするのは 警察も知っていて当然だ。
警察は重度障害の証明書を見たときに 障害者を
冷やかした」。警察は棚をひっくり返し、彼に手錠を
かけた。
ロバートが9月13日の夜に家に戻ったとき、痛みが 
あまりに酷くなり、救急車を呼ばねばならなかった。
「警察は私が薬を飲むのを妨げていた。情け容赦のない
役人の行動は伝統的なものだ」。
弁護士は言う:「大麻消費者が 重犯罪者のように扱われている」。
(つづく)
下記サイトから:
http://www.sueddeutsche.de/bayern/drogenpolitik-in-bayern-der-gejagte-patient-1.2253739-3

  
タグ :ドイツ


Posted by 伝兵衛 at 18:48Comments(0)大麻

2015年02月14日

大麻を鎮痛に合法的に使うinドイツ(下の三)

鎮痛剤 Bredocan (大麻か大麻のような物らしい?)に
月々1000ユーロかかるため ロバートは破産しそうに
なった。彼は出版社で14年間 働いていて、2014年に
解雇された。示談により会社は彼の薬代を それまで
負担していた。しかし 金はついに尽きた。それで 彼は
自宅で大麻草を栽培することに決めた。台所に置いた
植木鉢に種をまき、育てた。そのうちに 夜に警察が
来た。予告もなく、捜査命令も持たずに。
大麻草も 薬局でもらった薬も 押収された。
「マリファナの取り扱いについて医療の許可を得ている
人が マリファナを医療目的に使う。これは 分かりきった
ことだ」と彼の弁護士は言う。医師による証明があるにも
かかわらず、健康保険が経費を引き受けない場合に 
患者は どのようにして 薬を手に入れよと言うのか?
(つづく)
下記サイトから:
http://www.sueddeutsche.de/bayern/drogenpolitik-in-bayern-der-gejagte-patient-1.2253739-3

  
タグ :ドイツ


Posted by 伝兵衛 at 09:08Comments(0)大麻

2015年02月13日

大麻を鎮痛に合法的に使うinドイツ(下の二)

ロバートが大麻を鎮痛のために吸うようになる前は 
多くの錠剤を飲まねばならなかった。そのうえ薬は
彼に合わなかった。それらの薬は すべてアヘンに
基づく作用をもつ薬であって、脊柱に発する激しい
痛みを止めると されている。「腸の痙攣・頭痛・下痢も
起きた」と彼は言う。向精神薬と一緒に鎮痛剤を飲まねば
ならなかった。
これらの薬のために 体への副作用が起きたが、人柄も
変わってしまった。「攻撃的になり、意欲を失い、疲れて
いた」。職場の同僚の感情を害した。大麻を吸うように
なって、副作用に苦しむこともなくなった。「私の患者は 
大麻が頼りだ」と彼の家庭医は言う。
(つづく)
下記サイトから:
http://www.sueddeutsche.de/bayern/drogenpolitik-in-bayern-der-gejagte-patient-1.2253739-2

写真 by SACHI
★紀の川市の少年殺害事件の容疑者について 今までの
ところ 薬物による犯行だとは 報道されていません。
5~6年前に 引きこもりの人の家族のかたが「引きこもりの
何が悪いか?悪くない」というスピーチをされるのを ある集会で
聞きました。確かに ただ引きこもっているだけなら
何も悪くないです。この事件のように 高校を中退してから
何年もの間 こもってついに近所の子どもを殺したとなると 
引きこもっている人をほっておくのは 悪いことのように思います。
和歌山県の児童相談所は 和歌山市と田辺市だけにある
ようです。紀の川市からは 遠すぎて 相談に行きにくかった
でしょう。ひょっとしたら紀の川市か隣の岩出市の市役所が
引きこもりの子どものための相談を受けているかも知れません。
覚せい剤も引きこもりも 親だけで 解決できないので 相談に
行くほかないです。
この件について独立のカキコミをするのは アクセス増を狙う
ためのものと思われても 困るので ついでに書きました。  
タグ :ドイツ


Posted by 伝兵衛 at 17:36Comments(0)大麻

2015年02月12日

大麻を鎮痛に合法的に使うinドイツ(下の一)

バイエルン州で患者に大麻を処方する医師は少ない。
多くの医師は大麻の作用について考えていない。そして
費用がかかり過ぎる。なぜなら ドイツ連邦アヘン・
センターに認可を求めるために 医師はなぜ患者に
大麻を使うかを 詳しく説明しなければならない。
ロバートの場合は その理由を5ページに渡って、
書かねばならなかった。
しかし たとえ医師が熱心に大麻による鎮痛を訴えた
としても、役所の障壁は高い。ロバートの医師は二つの
鑑定書を書かねばならなかった。2つ目の鑑定書で
やっとドイツ連邦アヘン・センターは認可した。手続きに
半年以上かかった。
(つづく)
下記サイトから:
http://www.sueddeutsche.de/bayern/drogenpolitik-in-bayern-der-gejagte-patient-1.2253739-2

写真は 小雑賀の今のダルク2階。前の秋葉町にあったダルクは
広かったから 幾人もの方が 泊まりに来られました。正月休みや
盆休みに 遠くから ダルクOBが来ることもあったし、依存症者の
家族が逃げて来られたことも ありました。詳しい事は書けない
けれど、普通は 出所すると家族は喜ぶものだと思うものですが、
当事者が出所してくるのに 備えて 家族が逃げてくることが 
あります。幸せの黄色いハンカチと言う高倉健さんの映画では 
健さんの出所を迎えるため何十ものハンカチが掲げられます。
薬物で出所するかたは こういう形で家族から迎えられることは 
あまりない ようです。  
タグ :ドイツ


Posted by 伝兵衛 at 18:08Comments(0)大麻

2015年02月11日

大麻を鎮痛に合法的に使うinドイツ(中)

医薬品としての大麻は高価だ。一ヶ月に1000ユーロを
ロバートは自費で支払わねばならない。医師は医療として
認めているのに、健康保険は その経費を彼に払い戻さ
ない。ロバートは三回 健康保険に申請したが、拒絶された。
ドイツでは大麻は HIV感染者の末期か多発性硬化症にだけ 
健康保険から支払われる。既に中世に大麻は薬として
知られていた。
1990年台に生体固有のカンノビノイドが 脳の中にも見つけ
られた。それ以来 特にアメリカの製薬巨大企業が この
分野の研究に投資している。癌の化学療法における嘔吐と
ムカつき・多発性硬化症の痙攣・HIV感染者の食欲不振に 
カンナビス(大麻)は効果がある。とは言うものの、大麻の
使用についての調査は 大変少ない症例によるものだ。
大麻の使用について まだ多くのことが分かっていない。
(つづく)
下記サイトから:
http://www.sueddeutsche.de/bayern/drogenpolitik-in-bayern-der-gejagte-patient-1.2253739-2

写真 lovefreePhoto
  
タグ :ドイツ


Posted by 伝兵衛 at 17:56Comments(0)大麻

2015年02月10日

大麻を鎮痛に合法的に使うinドイツ(上)

Robert Strauss は腫瘍の手術の後、慢性的な痛みがあるため
合法的にマリファナを使うことが許されている。それなのに 彼は
アウグスブルクの警察から家宅捜査をうけ、そのうえ検察も
彼を捜査している。
ロバートは28年前にアメリカ・ニュージャージー州から
アウグスブルクに来た。ドイツ人女性と結婚した。数年後に
離婚し、病気しながら生きてきた。
大麻(痛み止め薬)を吸っていいと言う許可を得ている患者は
少ない。ロバートはその内の一人だ。2014年2月にドイツ連邦
アヘン・センターの認可を得た。その日から歩いていると、警察に
呼び止められる。これは嫌がらせだ。毎朝5時に目が覚める。
警察がドアのベルを押すのが心配だから。
痛みを止めるために一日に2グラムの大麻の花が要る。
2010年9月から背中に痛みがある。脊柱の二つの骨に
腫瘍ができたため、幾度か手術した。今 脊柱は安定している
が、痛みは残っている。そのために大麻を吸う。「痛みを
減らすには これしかない」。
(つづく)
下記サイトから:
http://www.sueddeutsche.de/bayern/drogenpolitik-in-bayern-der-gejagte-patient-1.2253739


  
タグ :ドイツ


Posted by 伝兵衛 at 20:35Comments(0)大麻

2015年02月09日

歌手ホイットニー・ヒューストンの娘、危篤(下)

下記サイトはボビと両親の写真(12枚):
表題は「麻薬と舞台の間の子ども時代」
http://www.stern.de/lifestyle/leute/bobbi-kristina-brown-ihr-leben-in-bildern-2170886.html
写真7. 2001年にホイットニーはBET賞をうけた。既にその頃、
彼女のからだに長年の麻薬濫用の影響がみられた。
8. 2004年にホイットニーとボビー・ブラウンの結婚は危機に
達した。母親のホイットニーは薬物依存症であり、父親は
暴力を振るった。この二人から11歳の娘を守るために 歌手
ナタリー・コールは名づけ子のボビ・クリスティナを引き取った。
9. 2005年にホイットニー夫婦は 個人生活をすべてさらけ出す
というテレビのショーを自宅ですることにした。当時12歳の
ボビ・クリスティナにとって それは無慈悲な仕打ちだった。
10. 2006年にホイットニーは14年間の結婚をやめることに
決めた。2007年に公式に離婚した。2009年にホイットニーは
舞台に復帰したが、薬物のために声は潰れていた。
11. 母親は酒と薬物をやり過ぎていたにも かかわらず、ボビ・
クリスティナは母親を偶像として見ていた。2012年2月に
ホイットニーは亡くなり、娘は進路がまったく分からなくなった。
当時18歳の娘は精神的にまいってしまって、医療を受けた。
娘は ホイットニーの遺産1億1500万ドルの唯一の相続人だった。
12. 2014年1月 ボビ・クリスティナは ニック・ゴードンと結婚した。
二人は長年の知り合いだった。と言うのは ホイットニーが彼を
12歳のとき引き取ったからだ。ボビ・クリスティナが浴槽で
意識不明になっているのを見つけて、救急車を呼んだのは 
ゴードンだった。

  


Posted by 伝兵衛 at 13:14Comments(0)

2015年02月08日

歌手ホイットニー・ヒューストンの娘、危篤(上)

亡くなったホイットニー・ヒューストンの娘 ボビ・クリスティナ・ブラウンは
自宅の浴槽で意識不明の状態で発見された。母親も2012年に
同様に浴槽で死んでいた。(2月5日発のニュース)
ここまで、下記サイトから:
http://www.stern.de/lifestyle/leute/drama-um-whitney-houstons-tochter-haftbefehl-gegen-bobbi-kristina-brown-2171818.html

★下記サイトはボビと両親の写真(12枚):
表題は「麻薬と舞台の間の子ども時代」
http://www.stern.de/lifestyle/leute/bobbi-kristina-brown-ihr-leben-in-bildern-2170886.html
Bobbi Kristina Brown は歌手ホイットニー・ヒューストンとミュージシャン
ボビー・ブラウンの一人っ子として 裕福に育った。1993年生まれ。
ボビ・クリスティナは幼い頃から 舞台に上がった。
写真2. 1989年にホイットニー・ヒューストンは財団を設立し、
世界中の子どもの欠乏に対処することにした。しかし 娘には 
幸せな子ども時代を提供することが できなかったのは 何の
因果か?1998年に その財団の働きのためにホイットニーは
賞をうけた。受賞のときも 5歳のボビと夫と一緒だった。
写真6. 1999年の欧州ツアーにも ボビ・クリスティナを連れて行った。
役所はホイットニーと夫ボビー・ブラウンに 娘の養育権を剥奪する
と幾度も警告した。
ブラウンは何度も 酒酔い運転で刑務所に入った。彼は 何度も
薬物離脱療法をうけたが 薬物から逃れられなかった。
(つづく)

  


Posted by 伝兵衛 at 09:25Comments(0)

2015年02月07日

石田波郷の句碑in松山市

人はみな 旅する心 鳥渡る
松山の古い知人が 知らせてくれました。
渡りの季節は3月や9月ですが、俳句では
これは秋なのか 春なのか?

写真 by SAchi
これは おそらく渡りの前の鷹の群れ?  


Posted by 伝兵衛 at 15:36Comments(0)

2015年02月05日

女性の依存症者の回復・集会2/28in京都

日時 : 2015年2 月2 8 日( 土)
     1 3:3 0 ~ 1 6:4 5 〈1 3:0 0 受付〉
     1 8:0 0 ~ 2 0:0 0 〈交流会〉
     3 月1 日( 日)10am~16時
場所 : ひとまち交流館( 大会議室)
対象 : 女性依存症者の回復に関心のある方
  ( 当事者・家族・医師・看護師・ワーカー・保健師・心理士等々)
申込み方法 : 京都マックまでお電話でお申込み下さい
           0 7 5 - 7 4 1 - 7 1 2 5
★参加費無料・託児完備( 保育士が見ます)

女性の依存症者が回復の道を歩くとき、様々な「問題」を
抱えていることがあります。その問題は多岐に渡り、1つの
機関やリカバリー・サポート・グループ(回復支援会)だけ
では対応できなくなっています。女性の心身の問題に
いろいろな角度からアプローチしている多くの機関が
ネットワークを作り、回復を支える事が必要です。
そして、自分のニーズに応じて『オーダーメイド』の
回復プログラムを支援者とともに、組み立てていける
ような環境作りを願っています。そのために、私たちが
『できること』を一緒に考えていきませんか。 多くの方の
ご参加をお待ちしています。

1 3:3 0 ~  シンポジウム
     「回復の輪を広げるために… 」
【シンポジウム参加者】
 ※安東医院ソーシャルワーカー    松浦 千恵さん
 ※ウイメンズカウンセリング京都   友杉 明日香さん
 ※京都ダルク・ワイオリ施設長     小島 典子さん
 ※京都府断酒平安会アメシスト会代表 中島 昌子さん
 ※京都ナバ            森本 弥生さん
(司会 アディクションセンター京都マック 施設長 楳原 節子)
1 5:0 0 ~  各リカバリーサポートグループ・医療機関
     リハビリ施設・カウンセリングルーム
     公的機関の紹介及び関わり
1 6:4 5 ~  休憩
1 8:0 0 ~  交流会 各関連機関ブースでの交流…
     「私たちができること」
2 0:0 0   終了

日時 : 2015年3 月1 日( 日)
     1 0:0 0 ~ 1 6:0 0
場所 : ひとまち交流館( 第5 会議室)
10:00~ 「トラウマ・カウンセリングについて」
     ウイメンズ・カウンセリング京都
        カウンセラー 竹之下 雅代さん
            友杉 明日香さん
11:30~ 質疑応答
12:00~ 昼休憩
13:00~ 「ホルモンバランスとアディテクション」
     世田谷区 保健師 谷部 陽子さん
14:30~ 質疑応答
14:50~ 休憩
15:00~ グループワーク【事業検討委員を交えて】
     「女性依存症者の今後の支援
主催 特定非営利活動法人ジャパンマック
協力 特定非営利活動法人京都マック
   京都女性の支援を支える会
連絡先 京都マック
    T e l 0 7 5 - 7 4 1 - 7 1 2 5
下記サイトから抜粋:
http://www.yakkaren.com/forum/15.forum/15.02.28jyoseiizonsha.semina.pdf

写真 by SACHI

  
タグ :女性


Posted by 伝兵衛 at 08:57Comments(0)薬物依存症回復支援

2015年02月03日

ホームレス支援inハンブルク(下の二,最終)

◎プロジェクト「待ち人コーヒー」
Melchiorはコーヒーをいれる専門家で、Langen Reiheコーヒー店の
中にある「コーヒーを共にするコーナー」で働いている。客は二杯の
コーヒーを注文し、一杯は自分で飲み、もう一つは必要としている
人のために とって置いてもらう。もう一杯分はカウンターの上の
コップにコーヒー引換券として入れられている。ホームレスは
その券で コーヒーを飲める。
このsuspended coffee というプログラムはイタリアの福祉関係者が
第二次大戦後にナポリで始めた。ドイツでは ずっと後になって
生まれた。上記のコーヒー店の他にハンブルクに 三つの店が
同じサービスをしている。
上記のコーヒー店では 一日に3~4人の客が ホームレスの人の
ために コーヒーをとって置いてくれる。今、コップの中に二枚の
コーヒー引換券が入っている。
外は寒い。寒い日は需要が いつもより多い。街角で乞食をして
いる女性は 温まるために一杯の紅茶を飲むのが好きで ここへ来る。
このサービスを使い倒すような人は めったにいないとMelchjoirは
信じている。一人だけ たかりに来ていると思える女性はいる。その
女性は 毎回 違うコートを着て、違うハンドバッグを持っているから 
どうもホームレスには見えない。
(この連載 おしまい)
下記サイトから:
http://www.zeit.de/hamburg/stadtleben/2015-01/obdachlosigkeit-hilfe-suspended-coffee-gulaschkanone-hamburg/seite-3
写真 by SACHI

  
タグ :ドイツ


Posted by 伝兵衛 at 17:09Comments(0)路上生活

2015年02月02日

ホームレス支援inハンブルク(下の一)

◎プロジェクト2.「リュックサック一杯の希望」
カミレ・カンタルシ(看護婦)はリュックサックに役に立ちそうな物を詰めて、
それをホームレスに配ることを始めた。「アメリカで似たようなことをしている
若い男のユーチューブ動画を見た。それをやってみることにした」。
2014年5月に「プロジェクト・リュックサック一杯の希望」のサイトを
フェイスブックに作った。弟がロゴを描いてくれた。サッカーチーム・
FCザンクト・パウリの支援部門が 個人が社会福祉のプロジェクトを
始めるのを支援しているので カミレはそれに応募した。9月に彼女は
サッカー場でリュックサックと寄付物を初めて集めた。
その後しばらく経って、カミレは寄付されて物をハンブルク市内で配った。
化粧品・歯ブラシ・帽子・手袋・チョコレートなどがリュックサックに
入っていた。最初にリュックサックを渡した時のことを カミレは忘れない。
ガソリンスタンドのそばに居た二人の男は 彼女が何をしたいのか 
すぐには分からなかった。「私が本気で物を配っているのだという
ことを 二人の男は初めは信じなかった。それから三人で抱き合った」。
12月の中頃に またカミレはサッカー場の前に立った。ザンクト・パウリの
ホームゲームなので 満員の観客だった。観客はリュックサック・上着・
靴を持ってきてくれた。企業も物を寄付してくれた。それを6人の
支援者がリュックサックに詰めた。
ザンクト・パウリの選手 Florian Kringe は車で来て、大型車のトランク
ルームに一杯の衣類を寄付してくれた。チームにこの活動のことが
伝わって、選手達は個人で衣類を集めたのだった。この下記サイトに
ある写真はパウリのファンが選手のKringeと一緒に撮したもの。
(次はプロジェクト3)
下記サイトから:
http://www.zeit.de/hamburg/stadtleben/2015-01/obdachlosigkeit-hilfe-suspended-coffee-gulaschkanone-hamburg/seite-2

  
タグ :ドイツ


Posted by 伝兵衛 at 18:30Comments(0)路上生活

2015年02月01日

ホームレス支援inハンブルク(中)

(ブログ管理人の蛇足:きのうのカキコミへのアクセスが多かった
ので、薬物関連のカキコミの場合よりも ずっと多かったので 
この連載を後 数日、続けます。エライ事になった)。
シュミットさんの奮闘は長い論争を引き起こした。野戦台所を
買い取った後、彼は市と話し合ったが、拒否された。スープ配給
台所が来るようになると、ハンブルクに もっと多くのホームレスが
集まるのではないか、そしてシュミットは やりたい放題するのでは
ないかと言う おそれを 近くの住民・商工業者・政治家はもっていた。
それでも ついに市は了解し、しかも支援さえ約束した。しかし最初は 
去年の冬の間だけということだった。そこでシュミットは異議を唱えた
「ホームレスは夏にも腹がへる」。彼はまた別の申請をだして、
委員会が改めて開かれるのを待つ他なかった。
長い間なにも起きなかったので、彼は そうする権利があるのだと
主張した。彼はハンブルク市の規則を手書きして、それを行政
区役所に提出した。
何の成果もないまま、夏が過ぎた。しかし何と言うても冬のための
認可は既に得ていた。彼は週に三回以上スープを配りたいと
思っていた。そして夏にも同じことをしたかった。「移動スープ台所は 
半年の間、家の前に置いているだけで、錆びさせるのは意味がない」。
午後1時にシュミットはスープが焦げつかないように かき混ぜ
始める。今日はトマト・ブロッコリー・アスパラガス・米のスープだ。
車には「すべて無料」という看板が掛けてある。通り過ぎる人々は
彼に「ハロー」とか「モイン」とか声をかける。スープは食べる人
だけでなく、世話する彼をも幸せな気持ちにする。
(プロジェクト2へ続く)
下記サイトから:
http://www.zeit.de/hamburg/stadtleben/2015-01/obdachlosigkeit-hilfe-suspended-coffee-gulaschkanone-hamburg

写真 by SACHI
  


Posted by 伝兵衛 at 13:47Comments(0)路上生活