QRコード
QRCODE

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
伝兵衛
伝兵衛
オーナーへメッセージ

2007年03月22日

性的暴行事件@児童養護施設in和歌山

3月22日号 週間朝日 に詳しく報道され、最近 新聞にも出た この事件は 
私鉄K線沿線の 施設で起きた。男子入所者への 女性職員による 継続的 
性的暴行。
職員は 悪い。園長 理事長は 辞職した。 しかし 他の理事たちは 
「無給で 奉仕している」と 言うて こういう状況を 招いた責任も 問われないのだろうか?
こういう職員が いなくても 養護施設で 過ごした 子どもは これからの人生で
多くの困難に あう。その一部は非行グループに はいる 可能性も多い。
そういう事を 考えると これは 酷い。

「日本の児童養護」ロジャー グッドマン著、津崎哲雄訳。明石書店 2006年刊行。
上記の本の 著者は なぜ 養護施設の 調査研究を 始めたか について 
下記の ように 述べている:
著者の知人は 西東京のある 福祉施設で 働いたことから そこで遭遇した子ども
たちのような 集団が 日本社会に 存在するという 事実を 初めて知った。...
もし 日本社会が 最も社会的に 弱い構成員を どのように 取り扱っているか
理解したいので あれば、親が養育できぬ(cannnot)、 養育する気を持たない
(will not)、 養育するrことを許されない(not allowed to) 子どもたちが
暮らしている 福祉施設を 研究すべきである。と 彼は 著者に 勧めた。
日本語では こうした施設は 児童養護施設と よばれている。
  


Posted by 伝兵衛 at 08:50Comments(0)

2007年03月16日

少年犯罪/非行

ベルリンのロベルトコッホ研究所の調査に よると
ドイツの子どもの 5人に一人は 精神的特異性を もち
10人に一人は 精神的に 病んでいる。
よく起きる 障碍は 早期の攻撃性・嘘つき・盗み・詐欺・
家出などの 対人関係行動(社会的ふるまい)に 関係する。
深刻な 社会的障碍を もつ子どもの 5人に一人は 後々
犯罪者になる。

非行グループの殴り合い ナイフを使う喧嘩 通学途中の強盗
などの少年犯罪に 警察は毎日 ナンギしている。
児童青少年精神科医の Beate Herpertz-Dahlmann
教授によると 危険に曝されている子どもは すでに 幼稚園の
頃に 振る舞いが 目だっている。
こういう子どもには 二つの事柄が 重なることが ある。
ひとつは 「ある性癖」であり、 病的に 不安がない。ほとんど どんな
状況でも 不安を感じないという 傾向がある。
もうひとつは 家庭であり、 こういう子が お金に困っていて 育児放棄を
して 体罰を与えるという 家庭に 生まれると その子は 暴力を
振るうようになる。興奮状態を 高めるために 罰と むすびつく
ことを する。
この教授は 早期警戒システムと 事前の配慮によって、 危険な
家庭への助言・保護を 与えることを 提案している。
アメリカの あるプログラムでは 
社会的に問題のある母親を 妊娠期間中と 出産後2年間 定期的に
面倒をみることに なっていて、15年後の調査では 面倒を見られた
母の子どもは そうでない子と 比べて 刑務所に入る子は 少ない。

以上 あるサイトから 要約です。
別のイコラblogに 同じ文を 載せましたが 管理人が 同じなので
無断転載でないです。

★当地 女子刑務所で 妊娠期間を 過ごし 生まれた子どもが すぐ施設へ
送られることを 思うと 気が重いです。
  


Posted by 伝兵衛 at 09:12Comments(0)