QRコード
QRCODE

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
伝兵衛
伝兵衛
オーナーへメッセージ

2014年05月30日

ケリ(野の鳥)@紀の川市

5月初めに 休耕田でケリを見ました。
Googleでケリを検索すると「ケリ姫スイーツ」と
鳥の「ケリ」がまざって出ます。
写真はトイデジカメ VISTAQUEST VQ1015 で撮した休耕田。
トイカメラで撮しても ケリはゴマ粒です。

  


Posted by 伝兵衛 at 11:09Comments(0)

2014年05月29日

「アルコール使用障害」に病名変更。精神疾患:病名に新指針 

日本精神神経学会は2014年5月28日、精神疾患の病名に
関する新しい指針を発表した。
下記サイトから:
http://mainichi.jp/select/news/20140529k0000e040241000c.html
★変更された主な精神疾患名:
 アルコール依存症→アルコール使用障害
 パニック障害→パニック症
 神経性無食欲症(拒食症)→神経性やせ症
 性同一性障害→性別違和
 言語障害→言語症
 注意欠陥多動性障害(ADHD)→注意欠如・多動症
 アスペルガー症候群、自閉症→自閉スペクトラム症
★新しい病気:
カフェイン使用障害
インターネットゲーム障害
◯ブログ管理人の蛇足:
「薬物依存症」は 薬物使用障害に変わるとは 書かれてない。


  


Posted by 伝兵衛 at 13:13Comments(0)精神病

2014年05月28日

本町温泉閉店6月9日で

和歌山市の本町温泉は 公衆浴場として安い料金で入れました。
茶色のホンマの温泉でした。
「入墨お断り」の掲示もなく、多くのスミ入りの方も利用され
ていました。廃業は残念です。
和歌山ダルクに他県のダルクの方が来られたときに 
本町温泉に寄ってから帰られたりしてました。
昨日行ったら「閉店」予告のビラが貼ってありました。
予告より早く 6月9日で終わりました。


  
タグ :入墨


Posted by 伝兵衛 at 08:20Comments(0)

2014年05月27日

刺青写真集

下記サイトに写真84枚:
http://www.n-tv.de/mediathek/bilderserien/panorama/Tattoos-Stiche-mit-langer-Tradition-article10438116.html
このブログは入墨を勧めていません。
消すのには入れるよりも金がかかる。消しても すんなり
消えないこともある。スミは毒であることも多い。スミは
皮膚の上に留まらず、体内を巡る。スミに発癌性の
あるものもある。
写真18.宗教的入墨
写真47.民族的入墨
写真72~84は タイの入墨(前にも このブログに紹介した写真)。

写真 by SACHI
  


Posted by 伝兵衛 at 18:22Comments(0)入墨

2014年05月26日

性的少数派自助グループ・チーム紀伊水道のお知らせ

交流会:
2014年6月8日(日)13時~17時(途中入退場自由)
【場所】
和歌山市中央コミュニティセンター活動室(6)(和歌山市三沢町1−2)
【参加費】
1人500円
・お茶やお菓子代、会場費等に充てます。
・お金に困窮している人は免除も可です。ご相談ください。
【参加資格】
チーム紀伊水道に参加したい・セクシャルマイノリティを理解したい
気持ちを持つ人(当事・非当事不問)。
【事前連絡】
不要です。気が向いたら気が向いた時間においでくだされば結構です。
----------
交流会と言っても堅苦しいものではありません。当事者ならではの
悩み(自分の性別や性指向のあり方、身体のこと、治療について、
仕事や人間関係、恋愛についてなど…)や日常のちょっとした
できごとなど、話したいことを話したいように話し合う交流会です。
当事者ではない方にはセクシャルマイノリティについての疑問を
解消する場として御利用頂くのもいいでしょう。
参加資格者であれば途中入場、途中退場、飛び入り参加、
御家族や御友人と御一緒の御参加歓迎です。



  


Posted by 伝兵衛 at 08:19Comments(0)性少数派

2014年05月25日

古いカントリーの名曲 storms are on the ocean.

Youtube
http://www.youtube.com/watch?v=NkgSJT-qpV8
歌: Sharon White
マンドリン・バイオリン(なぜかカントリーではフィドルと
言う)・dobroドゥブロゥ(ギターを寝かせて弾くような楽器)
も一流の奏者のようです。
作詞作曲者もわからない程、古い愛の歌であるらしい。
聞いても歌詞を読んでも 何のことかわからない。
けれども 分からないのは日本のしげさ節や江差追分 
も聞いて 分からないから 気にしないことにしています。

写真 by SACHI  


Posted by 伝兵衛 at 19:23Comments(0)

2014年05月25日

摂食障害の若い女性ふえる(下)

摂食障害になる危険の高い群れは 15~24歳の女性
である。若い男はめったにならない。痩せ嗜癖や食べ吐きは 
子どもや若い人にしばしば見られる。痩せ嗜癖は 少女や
若い女性にとって 最多の死因である。
ドイツの病院で2012年に 約11500人が摂食障害で治療を
うけた。ロベルト・コッホ研究所の調査によると 経済的に
恵まれない家庭の子どもとドイツに移住してきた人の
子どもが 特に摂食障害になる危険が高い。
栄養に気をつけて、運動も熱心にして、完璧であろうと努力
する少女は いるものだ。こういう事は もう止めようと 
かつて痩せ嗜癖だった Laura Papaは オン・ラインで
呼びかけた。16000人が賛同の署名をした。
17歳の生徒だったLauraは 5ヶ月で68キロから47キロまでに
痩せた。半年入院して 普通の生活に戻った経験を彼女は
本に書いた。痩せるときに モデルを見本にしたわけでないと 
彼女は言う。「常にカロリー計算するということから 離れる
のが 最も難しかった」。
下記サイトから:
http://www.welt.de/gesundheit/psychologie/article127847007/Zahl-der-Maedchen-mit-Essstoerungen-steigt-rasant.html

写真 by SACHI
  


Posted by 伝兵衛 at 04:57Comments(0)摂食障碍

2014年05月24日

摂食障害の若い女性ふえる(上)

ドイツで 痩せか多食症のために入院治療を受けた若い女性は 
2013年に前年比 20%ふえた。その1/4は 15歳以下だ。
摂食障害の人の95%以上は 若い女性か少女である。
これは商業健保組合のハンブルクでの調査結果だ。2006年
以降、摂食障害の外来での治療は減っているが、健保加入者が
摂食障害で入院した人は 2013年に前年比20%ふえた。
痩せ妄想とモデル業界をもつ社会が 肉体文化を完璧に
まで追い求めることに その原因があると 健保組合は言う。
増加する痩せ嗜癖(病的欲望)あるいは多食症を確証し、
治療するための重要な方法は 若い人に予防健診を受けて
もらうことだ。この健診の目的は肉体的病歴を知ることの他に、
思春期変調・性的変調の診断、社会化の変調・行動の
変調の診断をすることだ。
痩せているのは良いことだと考える社会で ダイエットは
普通のことになっている。もともと望んだ体重まで痩せても 
なお理想の体重を求めて、痩せへの努力は病的傾向を帯びる。
痩せ嗜癖の人は 健康を損ねても更に痩せたがる。胃腸の
不調・心臓循環の障害・骨粗しょう・器質的障害が起きる。
ほっそりとしていたいと言う妄想のために 心も苦しみ、
睡眠障害・パニック障害・うつが起きる。
(つづく)
下記サイトから:
http://www.welt.de/gesundheit/psychologie/article127847007/Zahl-der-Maedchen-mit-Essstoerungen-steigt-rasant.html

写真 by SACHI
  


Posted by 伝兵衛 at 10:50Comments(0)摂食障碍

2014年05月23日

藥物依存症者回復支援(下)

(昨日のつづき) 
依存症のもとには対人関係の障がいがあり、
人との関係の中で過大なストレスを受けるため「手っ取り早く
気分を変えること」=「酔うこと」でストレスを回避し、かりそめの
癒しを求める行動が習慣化します。そして薬物使用に対して
コントロールを失った状態をきたすようになります。人はありの
ままの自分を受け入れてくれる安心感と安全感をもてる居場所や
人が得られてはじめて本当の意味で癒されます。しかし、これまでの
環境のなかでこれが得られなかった場合、アルコールや薬物に
酔うことでかりそめの安心感を得ようとすることが説明され
ました。依存症の回復には、医学的な治療だけではなく、酔いを
求めることをやめるための対人関係障がいの克服が必要です。
リハビリ施設や自助グループでメンバーの話を聞き、また自分の
正直な思いを話せ、それを受けとめてもらえたと実感できた時に
回復は始まるのかもしれません。そこに身を置きつづけることが
自分の居場所となり、本当の意味で安心できる安全な場所が
できたとき、酔う必要はなくなっているのだと言われました。
 そして、もう一つ忘れてはいけないことは、依存症という
のは死に近いということです。薬物依存症の治療現場では、
自殺や死が身近にあると言われます。成瀬先生は、特に薬物
依存症患者はアルコール依存症患者以上に死に向かう傾向、
衝動性は強いと感じるとお話されました。本人の回復を信じる
とともに、死が近くにあるということを忘れずにかかわること
の重要さを改めて感じました。




  


2014年05月22日

薬物依存症者回復支援(上)

2014年1月のフリーダム セミナーで埼玉県立精神医療センターの
Dr.成瀬暢也が脱法ドラッグの現状と治療・回復について話されました。
以下はフリーダムニュースNo.105・2014年5月発行の記事、フリーダムの
櫻井智子さんの書かれた”脱法ドラッグ最前線、成瀬暢也先生の講演を
聴いて”から抜粋(原文はこのニュースレターを買って読んでください):
脱法ドラッグは 初回使用から受診に至るまでの期間が短いのが特徴で
短期間で依存症に陥る傾向がある。
薬物依存症についての説明の中で言及された「ストレス耐性の低下」は
現場で強く感じていることでもあった。それは、アルコールや薬物に
よって簡単に手っ取り早く楽になることを繰り返していると誰しもが
ストレスに弱い人になるということだ。そして自信をなくし、自分を
嫌いになっていく。すぐに楽にならないと気が済まない人になると、
我慢することができず、社会生活が成り立たなくなる。これが 依存症の
最も怖い目に見えない問題であると成瀬先生は話された。

私が最も大切だと感じたことは、本人が「治療から脱落しないように
配慮する」ということだった。本人が規則を守れず強制退院になること
もある。しかし その場合は治療の外来継続を支援されているそうです。
決して本人を治療のルートから外さない医療が提供されているそうです。
(つづく)



  


Posted by 伝兵衛 at 17:27Comments(0)薬物依存症回復支援

2014年05月20日

学会のお知らせ・当事者中心の依存症治療/回復支援

2014年10月3(金)~4(土)
第36回日本アルコール関連問題学会 横浜大会。
会場:パシフィコ横浜
大会長:成瀬暢也(埼玉県立精神医療センター副院長)
実行委員長:岡崎直人(さいたま市こころの健康センター所長)
下記サイトを見てください(ただし印刷体のプログラムは読める
のにサイトのプログラムは準備中になっています)
http://www.congre.co.jp/addrs2014/index.html
ダルクやマックの関係者も 大勢 報告者として出ます。

  


Posted by 伝兵衛 at 16:23Comments(0)薬物依存症回復支援

2014年05月19日

「男の生徒もスカートをはく日」inフランス(下)

下記サイトに写真5枚。(ブログ管理人の蛇足--皆さん、色も柄も様々な
スカートをはいて登校してくる。と言うことは学校がスカートを配った
のでは なさそう。女の子はパンツをはいても いいのだから、
男はスカートをはいて悪いはずがない)
http://www.faz.net/aktuell/gesellschaft/tag-des-rocks-spaltet-frankreich-12943152.html
伝統的な親の会と同性結婚に反対する人は 性の同一性は無い
ものとして学校で教える試みだとして、スカート運動を邪推して
いる。フランスに同性婚を導入することに反対するデモが 
何ヶ月も行われている。彼らは伝統的な家庭像が脅かされて
いると感じている。
性についての固定観念と闘うという口実で 青年がスカートを
はいて登校させられていると 彼らは非難する。
平等の権利を求める闘いという隠れ蓑のもとに、フランスの
若い人を思想的に教化しているのではないかという 議論が
長くされている。「みんな裸で」という子どもの本について
全国的に論じられている。この本はジェンダー理論を擁護し、
男の権威を失墜させるものだという意見もある。ベストセラーになった本である。


  


Posted by 伝兵衛 at 17:42Comments(0)性少数派

2014年05月18日

「男の生徒もスカートをはく日」inフランス(上)

下記サイトに写真5枚。(ブログ管理人の蛇足--皆さん、色も柄も
様々なスカートをはいて登校してくる。と言うことは学校が
スカートを配ったのでは なさそう。女の子はパンツをはいても 
いいのだから、男はスカートをはいて悪いはずがない)
http://www.faz.net/aktuell/gesellschaft/tag-des-rocks-spaltet-frankreich-12943152.html
性差別を助長する固定観念・偏見を少なくしようと フランスの
ナントで 男の高校生は2014年5月16日(金)に 似合って
いると(本人が)思うスカートをはいて登校した。
「性の平等」を示す象徴として スカートをはくことにした。
フランスの北東部の27の高校で 男の生徒と男の先生は 
この日「スカートの日」を催した。親の会連合会もナントの
学校監督局も 「差別への闘いとして”独創的な”思いつき
である」として この行動を歓迎した。
スカートの日のためのプラカードに バリの文部省は
文部省のマークを印刷することを許した。(つづく)

写真 lovefreePhoto

  


Posted by 伝兵衛 at 17:23Comments(0)性少数派

2014年05月17日

女優がレズビアンだと公表inカナダ

2014年2月15日発(3ヶ月前の記事です):
カナダの女優 エレン・ペイジ(26歳)は「人権キャンペーン」の集会で 
自分がレズビアンだと告白した。
「隠していることによって 嘘をついているのに うんざりした。
正直に言うことによって 他の人も勇気をもてるといい」と語った。
彼女の告白を聞いた聴衆は 立ち上がって拍手した。
「正直に言ったら どうなるだろうと不安で、長年 悩んだ。魂が
苦しみ、心の健康が悪くなり、人間関係にも苦しんだ。正直に
いることが 個人的には義務であり、社会的責任でもある。
レズビアンであることと 分かりやすく付き合うことに よって、
他の人の手助けをすることが できるだろうと思う。もう隠す
気は なくなった。」
下記サイトから:
http://www.n-tv.de/leute/Ellen-Page-outet-sich-als-lesbisch-article12281341.html

  


Posted by 伝兵衛 at 08:23Comments(0)性少数派

2014年05月16日

いじめられた人は病気になる、後々も(下)

いじめられる回数が増えると CRP値は高くなる。
CRP値上昇をもたらす他の理由として 太り過ぎ・
薬物乱用・子どもの頃の心理社会的問題などを
考慮にいれた。
いじめる子(加害者である子)は いじめられる子どもと
比べて 明らかにCRP値の上昇が少なかった。
子どもは意図をもって いじめる。意識して虐めている
。大人は 虐めを過小評価しないように気をつけ
なければならない。
下記サイトから:
http://www.bild.de/ratgeber/gesundheit/mobbing/mobbing-schaedlich-gesundheit-langfristig-35938962.bild.html

  


Posted by 伝兵衛 at 14:33Comments(0)こころのケア

2014年05月15日

いじめられた人は病気になる,後々も(上)

少年時代にいじめられたり、侮辱された人は 何年も後にも
後遺症に苦しむ。成人した後に慢性の炎症の徴候を示す 
と英米の研究者が報告した。
いじめられた時点で 被害者は苦しむだけでなく、後に
なって 睡眠障害・頭痛・腹痛などの症状を起こす。
かつて虐められた人を対象に CRPの測定をしたところ 
身体に慢性の低度の炎症が認められた。
この調査は アメリカのDuke大学の学者による。9~21歳の
1420人について長期に調査した。いじめられたことがあるか、
あるいは自分で人をいじめた経験のある人を対象に9回の
面接で尋ねた。そのうえ採血し、CRPの数値を得た。
CRPの数値は 少年時代から大人になる移行期に高くなる
ことは 既に知られている。しかし いじめられた子どもの
CRP値は 19~21歳の時期に いじめられなかった子と
比べて あきらかに高くなっていることを 研究者は確認した。
(つづく)
下記サイトから:
http://www.bild.de/ratgeber/gesundheit/mobbing/mobbing-schaedlich-gesundheit-langfristig-35938962.bild.html

  


Posted by 伝兵衛 at 09:55Comments(0)児童虐待こころのケア

2014年05月14日

追悼記事/茨城ダルクから

「ローカルコール」2014年5月号。茨城ダルク今日一日ハウス発行。
代表者 岩井喜代仁さんがスタッフへの追悼の記事を書いて
おられます。それから抜粋:
3月に一人のスタッフを亡くしました。このスタッフは...6年も
クリーンを持ちながら、自殺することが私にはショックでありました。....
私が茨城ダルクを預かって22年になり、そのうちに120人が
自殺をし、亡くなっていきました。...
★ブログ管理人の蛇足:
このように人は亡くなっていき、金は足りず、ダルクの
運営は困難を極めます。



  


Posted by 伝兵衛 at 17:51Comments(0)薬物依存症回復支援

2014年05月13日

女装パロディショーの歌手について・ロシアの反応

ユーロヴィジョン・ソング・コンテスト(欧州歌合戦)でオーストリーの
女装パロディ・ショーのアーティスト Conchista Wurst が優勝した
ことについて ロシアでは激しい反応が起きている。しかし
ロシアの一般の人々は 政治家とは別の見方をしている。
ロシアの通俗新聞は 見出しに「彼らは正気を失った」と書いた。
ロシアの政治家シリノウスキーは テレビで語った:「ヨーロッパも
終わりだ。腐り果てた。男も女もなく、中性のヨーロッパになった。
髭をはやした女性になった男とは何と言うことか。百年前に
ロシアはオーストリーの軍を打ち負かした。50年前にソ連軍は
オーストリーを占領した。ロシアがオーストリーから去ったのは
間違いだった。オーストリーに留まるべきだった。」
プーチン大統領は文化戦争を布告し、伝統的な性的志向でない
ことを(ゲイ/レズビアンであることを)宣伝広報することを
禁じる法律が生まれた。
しかし ロシアの大衆は同性愛のパロディ役者について 政治家の
考えとは違った考えを持っている。すなわち このコンテストで 
ロシアの視聴者は このオーストリーの歌手に第三位と評価した。
優勝者コンキスタは「ロシアの片隅でも 私を歓迎してくれている」と語った。
下記サイトから:
http://www.tagesschau.de/ausland/eurovision160.html


  
タグ :ロシア


Posted by 伝兵衛 at 17:46Comments(0)性少数派

2014年05月12日

女装の歌手・欧州歌コンテストで一位に

DragクイーンのConchista Wurst は1966年以来 
オーストリー人として初めてユーロヴィジョン・ソング・
コンテストに優勝した。
(ドラッグ・クイーンとは 女装の男性のことだそうでして、
藥物のドラッグでない。)
2014年5月3日に 欧州45ヶ国の1億8千万人が 
このコンテストをテレビで見た。
ゲイ/レズビアンのファンだけでなく、多くの人にとって 
彼の優勝は 偏見(先入観)のないことと 寛容とを
示すものとして 評価されている。
下記サイトに写真16枚(最初の6枚は Wurst関連ので、他の写真は別の参加歌手のもの)
http://www.zeit.de/gesellschaft/2014-05/fs-esc

  


Posted by 伝兵衛 at 13:36Comments(0)性少数派

2014年05月12日

子どもの頃の苦悩・悲哀は克服できる(下のニ)

自分に合った自助グループが 全国情報センターに登録
されていない場合に 自分でそのような対話のグループを
作ることをSvenja Jantje Speckin は勧める。彼女はハン
ブルクの自助グループ情報センターで相談員をしている。
グループのテーマをはっきりと示すことが大切であり、この
センターは更に会員を獲得するのを手助けしている。
親と自分の子どもの頃との間で 和解を成立させるために
Bertold Ulsamer は治療的支援を勧める。和解を一人で
するのは難しい。親に対して感謝の念をもつようにする
ことが大切である。たとえ それが困難であっても。
なぜなら 感謝の念をもつことが 和解に至る過程の
大切な一歩だからだ。
下記サイトから:
http://www.welt.de/gesundheit/psychologie/article127723107/Das-Leid-einer-schlimmen-Kindheit-ist-ueberwindbar.html

  


Posted by 伝兵衛 at 11:05Comments(0)自助グループこころのケア