QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです


和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる




[PR]ワインをお求めなら、
うきうきワインの玉手箱
[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
伝兵衛
伝兵衛
オーナーへメッセージ

2015年05月06日

危険ドラッグ・原料を個人輸入/単純な製造法

日本経済新聞2015年5月4日(月)の記事から抜粋:
横浜市内のワンルームの賃貸マンション。100円ショップで
購入してきたボウルで粉状の薬品を溶媒の液体に溶かし、
中国から取り寄せた乾燥植物を漬け込む。床に広げた
新聞紙の上で一週間 乾かせば--。
 警視庁によると、横浜市の自動車販売会社社長の
男(60)が危険ドラッグ製造を思い立ったのは2013年。
 幻覚などの作用がある指定薬物と分子構造が一部
異なる薬物なら法律には触れないと考え、薬品の事典で
調べて、インターネットで見つけた中国・上海の化学メーカーに
1キロ当たり50万円で注文した。税関には「塗料」と偽って
申告し、国際郵便で受け取っていた。
 パイプから煙を吸って陶酔作用などを確認しながら、薬品の
量を調整。販売用に小分けするため、レトルト食品などを
袋詰めにする「シーラー」をネットオークションで約1万円で
購入。商品を自宅近くの「ハープ店」に持ち込むと、3グラム
入り小袋に約2千円の値が付いた。店員から連絡先を
聞いたほかの店からも注文が相次ぎ、5店舗に卸すように
なった。同庁は、男が昨秋までに約5千万円の利益を
得ていたとみている。 
 中国から仕入れた薬品は男が知らない聞に指定薬物と
なり、警視庁は2月、指定薬物を輸入した薬事法(現医薬品
医療機器法)違反の疑いで男を逮捕した。ところが、薬品を
注文した時点では未指定だったことなどから同法違反について
は起訴猶予に。税関にうその申告をしたとする関税法違反の
罪での起訴にとどまった。
 指定薬物を使って危険ドラッグを製造・販売すれば医薬品
医療機器法違反となるが、男が製造したドラッグが特定できず、
立件はされていない。
 警察庁薬物銃器対策課によると、摘発された他の拠点でも
製造方法は原料の薬と乾燥植物を混ぜ合わせだけの単純な
ものだった。使っている薬品の作用を理解してない業者も多く
「アルバイト感覚で作業に関わった20~30代の若者もいた」という。

写真 lovefreePhoto

  


Posted by 伝兵衛 at 07:57Comments(0)危険ドラッグ

2015年04月30日

フラッカ・5$で妄想を起こす薬物(下)

テキサス・オハイオ・フロリダの州でフラッカの事件が増えて
いる。これらの州で2~3年前にフラッカはまったく知られて
いなかった。2012年に85のフラッカの事件があった。
2014年には670件。
この薬物は脳を刺激し、人は超人的に強くなり、誰にでも
勝てると思ってしまう。陶酔状態が3~4時間から数日間
つづくことがある。効き目が弱くなると、すぐにまた やりたく
なる。フラッカは ときにはコカインやヘロインと混ぜられる。
フラッカを使った人は 他の人や悪魔から迫害されていると
感じることは稀ではない。攻撃的になる。錯乱状態に苦しみ、
しばしばパニックや不安に襲われる。
フラッカ依存症者は幻覚に襲われることがある。たとえば
フロリダ州で ある男はシェパードの群れに取り囲まれて
いるという幻覚を持った。ある女性は 知らない人達に
追われていると思い込み、警察に保護を求めた。警察の
塀をよじ登ろうとして重傷を負った。
フラッカは心に対して破滅的影響を与えることがある だけで
なく、心臓の血管や腎臓にも悪影響を及ぼす。しばしば40度
以上の高熱に襲われることもある。
下記サイトから:
http://www.welt.de/vermischtes/article139434902/Flakka-der-Drogen-Wahnsinn-fuer-fuenf-Dollar.html


  
タグ :アメリカ


Posted by 伝兵衛 at 14:55Comments(0)危険ドラッグ

2015年04月29日

フラッカ・5$で妄想を起こす薬物(上)

フカッカは安いうえに、極めて早く人を依存症にする。アメリカで 
このデザイナー・ドラッグが氾濫している。クリスタルメスよりも
危険だ。
フラッカはメチレンダイオキシプロバレロン MDPV 
Methylendioxyprovaleron でできている。この原料は
「入浴剤」としてネットで買えるエクスタシーと同じ原料だ。
下記サイトの動画は フラッカをやって裸で走る男を撮影している。
http://www.welt.de/vermischtes/article139434902/Flakka-der-Drogen-Wahnsinn-fuer-fuenf-Dollar.html
フラッカの原料 MDPV はアムフェタミンの一種だ。フラッカは
「入浴剤」エクスタシーの何倍もの効き目がある。
アメリカでフラッカは禁止されているが、比較的 容易に入手
できる。路上で売人から買えるし、ネットで注文もできる。
別名を「5ドルの妄想」と言う。
中国・パキスタン・インドからアメリカに輸入される。注射したり、
あぶって吸ったり、食べたり、煙草のように吸ったりする。
煙草のように火をつけると、臭い靴下のような酷い
臭いがする。(つづく)

写真 by SACHI  
タグ :アメリカ


Posted by 伝兵衛 at 15:46Comments(0)危険ドラッグ

2015年04月24日

新しい合成薬物による死者増加inドイツ(下)

2014年に薬物で死んだ人は1032人、煙草で死んだ人は
110000人、アルコールで死んだ人は75000人。
ドイツ連邦犯罪局長は「合成薬物はますます重要に
なっている」と言う。植物性薬物の重要性は(大麻は
例外として)減っている。クリスタルメスと新しい精神
興奮物質リーガル・ハイは 政府と警察に特別な
不安を与えている。これらの薬物は たいてい植物と
混ぜたものとしてネットで売られている合成カンナビノイド
である。これは 分子構造を少し変えているために 
はっきりした禁止薬物には入らない。
このような新しい合成薬物をすべて不法として分類
できるように 将来はなる。
リーガル・ハイの毒にやられた消費者に 警察は
たびたび出会っている。症状は吐き気・嘔吐・心拍数増
から、方向感覚喪失・死亡まで。
クリスタルメスはチェコとの国境に近いドイツの地域
から配送されている。
下記サイトから:
http://www.faz.net/aktuell/gesellschaft/mehr-rauschgifttote-wegen-neuer-kuenstlicher-drogen-13550251.html

  
タグ :ドイツ


Posted by 伝兵衛 at 17:41Comments(0)危険ドラッグ

2015年04月23日

新しい合成薬物による死者増加inドイツ(上)

2014年にドイツでの薬物による死者は増えた。「クリスタルメス」・
「リーガル・ハイ」やその他の合成麻薬の消費増によって 死者が
増えているとドイツ連邦政府は考えている。
「エクスタシー」の人気も高まっている。
去年1年の薬物使用による死者は1032人で、前年比3%増えた。
10年前の薬物による死者は1385人だった。
リーガル・ハイやその他の合成薬物による死者は 2014年に
25人になった。前年は5人だった。
毒性の強い薬物を初めて使った人について言うと、2014年に
エクスタシーを使った事件は2096例あった。前年比42%増で
ある。クリスタルメスを使った人は14%増の3138人。アムフェタミン
の使用者は381増えて11356人。ヘロイン・コカイン・クラック
(高純度の結晶状コカイン)の使用者は減ったが、初めて
強い薬物を使った人は増えている。(つづく)
下記サイトから:
http://www.faz.net/aktuell/gesellschaft/mehr-rauschgifttote-wegen-neuer-kuenstlicher-drogen-13550251.html

  
タグ :ドイツ


Posted by 伝兵衛 at 18:24Comments(0)危険ドラッグ

2015年03月27日

高部知子の講演・危険ドラッグについて

明後日です。2015年3月29日(日)14.00~15.30
「知っていますか?危険ドラッグの恐ろしさ~薬物乱用防止と
その回復について」
講師:高部知子(精神保健福祉士、警視庁被害少年サポーター、
浄土宗西山深草派教師,元タレント)
会場:和歌山市御園町の和歌山県JA会館2F
定員180人 申し込みは名前・連絡先をかいてFAXで和歌山県精神医学
ソーシャルワーカー協会 県民学習会企画係 FAX 073-487-5543
問い合わせは 障害者生活サポートセンターにじ内 
浜辺さんまで TEL073-460-0773


  


Posted by 伝兵衛 at 20:49Comments(0)危険ドラッグ

2014年12月22日

「依存症を知る 回復を考える」

薬物フォーラムのお知らせ
2015年1月25日(日)13.30~16時
三重県人権センター(津市一身田大小曽693-1)
講演「依存症を知る」講師:村上優 先生。
(独立行政法人 国立病院機構 榊原病院 院長)。
対談「依存症は回復するのか?それとも...」
対談者:村上優先生と市川岳仁さん(三重ダルク)。
参加料:無料 申し込み:不要。
問い合わせ:
三重県こころの健康センターTEL059-223-5243
NPO三重ダルクTEL059-222-7510



  


2014年12月01日

危険ドラッグとは

びわこダルクニュースレター「膳所通信」2014年10月27日号
巻頭のインタビュー ”精神科医からみた危険ドラッグ禍(か)”
滋賀県精神医療センター 精神科部長 滋賀県精神保健福祉
センター所長 辻本哲士先生の談話から抜粋:
危険ドラッグの成分は 覚せい剤と大麻と 不明な何か。不明な
物が何か分からないから 何が起こるかわからない、どんな
症状がでるか分からない、治療もどうしたらいいか分からない。
危険な点の二つ目として、覚せい剤なら違法なので「いけない
ことをした」と思ってくれるが、危険ドラッグが違法と確定して
いない場合、「使い方を間違った」と思って、「今度から正しく使う」
ことを考える。そこに罪悪感はない。三つ目は意識障害が出て、
使ったことを覚えていない。他の薬物だと記憶が辿れるが
危険ドラッグは事故を起こしても覚えていないので、責任感を
持ちにくい。安いし、ネットでも買える。おしゃれな袋に入って
いてファッション感覚で使われている。
★原文は3ページもあります。びわこダルクに注文して買って読んでください。

写真 by SACHI
  


Posted by 伝兵衛 at 14:02Comments(0)危険ドラッグ

2014年10月03日

危険ドラッグの危険な話と回復の話・講演会

ひとを信じられるようになると、ひとに癒されるようになります。
ひとに癒されるようになると、薬物に酔う必要はなくなります。
薬物問題は人間関係の問題です。
回復とは、信頼関係を築いていくことです。(成瀬暢也)
講師 成瀬暢也先生 埼玉県立精神医療センター副院長
日時 2014年11月1日(土)13 : 00~16 : 30 (開場12 : 30)
参加費 ¥1000-
場所 姫路市 自治福祉会館 姫路市安田3丁目1番地
交通 神姫バス 姫路南ターミナル①のりばから市役所前バス停下車すぐ
こ来場は公共交通機関をこ利用ください。
主催:播磨ダルクサポートとFreedom
共催:大阪ダルク、兵庫ダルク
後援:姫路市
お問い合わせ:Freedom(フリーダム)06-6320-1463
    E-mai l : freedom7@a1.rimnet.ne.jp
播磨ダルクサポートについて:
兵庫県播磨地区において、2000年より活動をしている。メンバーは
家族・PSW・住職・カウンセラー・弁護士・医師らによって構成され、
毎月「家族の夕べ」という家族教室を開いたり、不定期で
セミナーを開催したりしている。

写真 lovefreePhoto
  


Posted by 伝兵衛 at 11:36Comments(0)危険ドラッグ

2014年09月13日

よだれ草 or 危険ドラッグ

第二金曜は午後1.30から ビッグ愛の2階 県精神保健福祉センターの
部屋をお借りして ナラノン(薬物依存症者家族匿名会)が開かれています。
第四日曜は 同時刻からカトリック屋形町教会の集会場をお借りしています。
ナラノンの集まりで 何を話したかは 言えないことになっています。
ナラノンのあとに お茶を飲みながら 話したことは:「危険ドラッグ」
という名前はかっこ良すぎなので やめにして、「よだれ草」が 良いと 
ある深夜のテレビ番組で言うていた。(★解説:「草」は この業界で
大麻・マリフアナのことです。危険ドラッグをやると よだれも でる。)

写真は小川芋銭の狐の行進の図
  


Posted by 伝兵衛 at 04:23Comments(0)危険ドラッグ

2014年09月02日

「合法」デザイナー・ドラッグ/「合法ハイ」(下)

合法ハイ(デザイナー・ドラッグ)の販売と所有を罰するためには 
麻薬法のもとに これを置かなければならない。デザイナー・ドラッグ
の中には 既に麻薬法に入れられているものも あり、そうで
ないものもある。なぜなら この薬物について分からないか、訴訟に
時間がかかるからかである。このドラッグに含まれる物質が 
麻薬法にリストされると 直ぐにドラッグ工場は 化学的骨組みの
一部を変えて、化合物が法に触れないようにする。イタチごっこだ
(ドイツで これを「ハリねずみと兎の駆けっこ」と言う。しかしイタチが
ごっこを してるの見たことないし、ウサギは草を食べるので
ハリねずみを追いかけるとも思えない)。ドラッグ工場は 
いつも勝つ。
下記サイトから:
http://www.faz.net/aktuell/wissen/medizin/neue-psychoaktive-substanzen-legale-designerdrogen-13115501.html

写真 lovefreePhoto  


Posted by 伝兵衛 at 15:03Comments(0)危険ドラッグ

2014年09月01日

「合法」デザイナー・ドラッグ/「合法ハイ」(中)

(ブログ管理人の意見:これが どうも日本で言う「危険ドラッグ」でなかろか?)
精神に働きかける この新しい物質が初めて出てきたとき、
その副作用・毒性・体内での分散について 誰も知らない。
そして いつ どのくらいの時間を経て、この物質が排泄される
か 誰も知らない。これらの事実は 急患受け入れ病院の
ファイルや 法医学者の解剖報告から 徐々に明らかになる。
「合法」ハイを吸い・飲み込むことは 出口のない実験を
していることになる。特に注意すべきは 売られている小袋・
錠剤の中に 何が入っているか 誰も知らないと言うことだ。
「同じ品を二度 買っても、二度目に買ったのが 前と同じ
内容だとは限らない」と ボン大学 法医学研究所の法医学
毒物学者 Cornelius Hess は言う。合法ハイという混ぜ物は 
製造者の考えに従って、様々な量の物質を混ぜて作られる
ようだ。Hess と彼のグループは 幾つかの「合法ハイ」の 
化学物質・薬理・法律上の分類について 法医学誌に発表している。
(つづく)
下記サイトから:
http://www.faz.net/aktuell/wissen/medizin/neue-psychoaktive-substanzen-legale-designerdrogen-13115501.html

写真 by SACHI
  
タグ :ドイツ


Posted by 伝兵衛 at 20:36Comments(0)危険ドラッグ

2014年08月31日

「合法」デザイナー・ドラッグ/「合法ハイ」(上)

(ブログ管理人の意見:これが どうも日本で言う「危険ドラッグ」
でなかろか?)
許可された医薬品から作られた「合法ハイ」は煙草のようなものに
なり、薬物市場にあふれている。法律によって責任を追求する
ことが求められている。
「合法」デザイナー・ドラッグは 無害のバスソルト(入浴剤)・
空気清涼剤などと呼ばれているが、実際は合成麻薬であると
いうことが問題だ。
合法ハイは 興奮させたり、鎮静させたり、幻覚を起こしたりする
作用がある。合法であり、安全であると見せかけるために、
こういう名前を売る人は付けたのだろう。
合法ハイは すべて許された薬品、自然素材、あるいは 製薬
業界が合成して その後 放棄した化合物から作られている。
合法ハイは憂慮すべき医薬品ではないと言う決定を 欧州裁判所は
数日前に下した。従って 合法ハイは 薬品法に基いて禁止する
ことは できない。
合法ハイはバスソルト(入浴剤)、空気清涼剤、ハーブ混合物、
あるいは純粋な「研究用化学物質」として 売られている。
合法ハイは 医薬品として許可されているものでなく、従って 
厳密な評価も受けていない。
(つづく)
下記サイトから:
http://www.faz.net/aktuell/wissen/medizin/neue-psychoaktive-substanzen-legale-designerdrogen-13115501.html

  


Posted by 伝兵衛 at 20:40Comments(0)危険ドラッグ