QRコード
QRCODE

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
伝兵衛
伝兵衛
オーナーへメッセージ

2011年09月30日

ライファーズ(終身刑受刑者)償いと回復の道標 7(その二)

(9月28日のカキコミの続き)
社会の長期的安全を真剣に考えるなら、刑務所と釈放後を
分けて考えるべきではない。なぜなら、受刑者の大半は釈放され、
やがて社会に戻ってくる。刑務所内でいくら素行が良くても、
問題対応のアプローチを手に入れたといっても、環境の異なる
社会の中で、個々人が全ての問題を乗り越えていくことは
困難である。
  続きを読む


Posted by 伝兵衛 at 15:56Comments(0)薬物依存症

2011年09月29日

和歌山ダルクフォーラム・時間割

2011年10月2日(日)
場所: 和歌山市勤労者総合センター(和歌山市西汀丁34)
市役所の西側、商工会議所の裏のビル。
駐車場:市役所の駐車場や近くのコイン駐車場へ。
最寄駅:南海和歌山市駅(徒歩12分)
    JR和歌山駅(バス12分) 

13.30から。
開会挨拶・和歌山ダルク活動報告

第一部
和歌山ダルク家族会からのメッセージ・孫右衛門
スライドショー「古民家のダルク紹介」
海南東ロータリークラブ 阪口洋一様
摂食障害の会「つながり」まさみ様
和歌山ダルク・タップダンス 曲「フィーバー」

第二部
和歌山女子刑務所 川口先生
和泉学園(少年院) 白岩先生・高井先生
赤木法律事務所 赤井先生
和歌山県薬務課 土谷様

閉会挨拶(終了は16時半から17時ころの予定)
  


Posted by 伝兵衛 at 19:50Comments(0)

2011年09月28日

ライファーズ(終身刑受刑者)償いと回復の道標 7(その一)

LA~ コンプトン

坂上 香(さかがみ かおり)津田塾大 准教授、映画監督。

月刊「みすず」2011年9月号 p.52~67から抜粋。本文は 
買って読んでください。315円。
1年ほど経ったら この連載は 本になると思います。

★ホームカミング(同窓会)
更生施設アミティの同窓会は 年に一度、開かれる。
招待状は千人あまりに送られる。
参加者の大半は、元受刑者や薬物・アルコール依存の
問題を抱える本人、その子どもやパートナーや兄弟姉妹、
友人、そして受刑者の子どもを養育してきた親族や
里親たちである。
  続きを読む


Posted by 伝兵衛 at 15:04Comments(0)薬物依存症

2011年09月26日

精神疾患の患者の家族支える

日本経済新聞 2011年9月16日 夕刊から抜粋:

仕組み作りへ活動。

精神疾患の患者を前に困惑している家族を支える
仕組みが不足している。
医療機関で相談しようとしても、患者本人ではない
ので医療保険を利用できず自費扱いになる。
その一方で、家族に期待される責任は非常に大きい
ものがある。精神疾患が悪化して入院することになっても、
ほとんどの責任を家族が負わなくてはならない。
 
 私たちは、そうした状況を改善したいと「こころの健康
政策構想実現会議」の活動を続けてきた。これは、精神
医療の質を上げるとともに、国民が推でも困ったときに相談
できる仕組み作りを目指す活動だ。署名活動は40万筆を
超え、国会議員や地方議員の賛同も得て国民のこころの
健康を守るための基本法が策定される可能性が高まっている。
 
(国立精神・神経医療研究センター 大野 裕)
  
タグ :薬物依存症


Posted by 伝兵衛 at 09:05Comments(0)

2011年09月25日

「ドラッグと刑罰なき統制、不可視化する犯罪の社会学」

本田宏治 著 (株)生活書院 発行、2011年、296p,3000円。
第一章 アメリカのドラッグ政策。十二ステップとオルタナティブ・リカバリ。
第二章 欧州のハーム・リダクション政策。
第三章 日本のドラッグ政策と 刑罰なき犯罪統制。
以下7章まで。

博士論文を改訂したものなので 学者や学生向け。普通の
親を読者として想定していない。だいたい 分かればいいと
思って読みました。
欧州は独自のやり方をしていると いうことは ぼんやり
理解していましたが、そうだと分かりました。
学界向けだから コトバもカタカナ語が多い:「メルクマール」
「ノマド」でビックリしたら あきません。「パナプティコン的」
というのも出てくるし、めげないで読んでください。
  


Posted by 伝兵衛 at 11:58Comments(0)薬物依存症

2011年09月24日

ゲイとレズビアンのパラダイス・リオ

2009年11月4日発(ずっと前の記事です):
アメリカ・ボストンの観光メッセで行われた「同性愛者の
ための観光地コンテスト」で リオデジャネイロは
ブエノスアイレス・バルセローナ・ロンドン・モントリオール・
シドニーに勝ち、首位になった。
「リオでは ゲイバーに行く必要はなく、どこでも受け入れ
られる。他人の性的志向を 誰も気にしない」と
旅行ジャーナリストは言う。
リオのカーニバルには 数千人の 女装趣味の男性が
参加する。
イパネマの浜辺に 同性愛を示す 虹色の旗が立って
いて、同性愛者の出会う場として 有名だ。
ただし、スラム街の麻薬組織は危険なので、近づか
ないでください。
下記サイトから:
http://www.n-tv.de/reise/Paradies-fuer-Schwule-und-Lesben-article575376.html
  
タグ :性少数派


Posted by 伝兵衛 at 15:32Comments(1)性少数派

2011年09月23日

芹沢 俊介・講演会@奈良

テーマ: 「生きられる孤独」と「生きられない孤独」
日時: 2011年10月9日(日)
時間: 午後1時~
会場:奈良弁護士会館
近鉄奈良線「近鉄奈良駅」下車徒歩7分                  

講師プロフィール:
芹沢 俊介(せりざわ しゆんすけ)氏
文芸社会評論家、40年にわたって家族、子ども、女性、
犯罪、新宗教、死などをテーマに批評を書き続ける。
  続きを読む


Posted by 伝兵衛 at 08:04Comments(0)

2011年09月22日

自助グループとは(下)

おそらく、自分を大切にできない者には、他の誰かを
大切にすることはできない。その意味では、セルフ・
エスティーム(自尊心)の感情は良好な人間関係の
基盤であるとも言える。しかし、村松聡の言うように、
たんなる自己への執着や利己心ならば誰にでもあるが
、「自分を正しく愛する」ということは、実は決してたやすい
ことではない。
  続きを読む


Posted by 伝兵衛 at 06:34Comments(0)薬物依存症

2011年09月21日

自助グループとは(中)

「薬物依存症からの回復に必要なこと」昨日のつづき:

このリストは依存症者たちに欠けている資質のリストと
して理解することができる。そして、これら資質を身に
着ける場が自助グループということになる。
自助グループとは何よりまず、誰からも非難も否定も
されずに、自らを語ることができる場である★。
  続きを読む


Posted by 伝兵衛 at 06:35Comments(0)薬物依存症

2011年09月20日

自助グループとは(上)

村上友一”薬物依存症に対して社会は何ができるか”
「現代思想」2010年12月号 p.218~230.
から抜粋:
定価1300円。原文は買って読んでください。

◯水沢都加佐は「薬物依存症からの回復に必要なこと」と
して以下の10項目を挙げている。
1. セルフケアする(→自分で自分を大切にする)
2. 相手との間に健康な境界線を引く(→自分も相手も
尊重し、相手の領域に踏み込まないでつきあえる方法をさぐる)
3. 自分自身に焦点を当てて生きる(→自分を放り出して
まで、誰かのために、何かのために行動するのをやめる)
4. 自分の本当の気持ちを大切に生きる(自分が何を
感じるか、思っているか、そのことに耳を傾ける)
5. 困ったときには、助けを求める
6. もとにもどってしまうことがあっても、自分を責めない
7. 健康的な遊びや運動を適度にする
8. 仲間とつながり、自分の気持ちを正直に話す
9. 自分をかけがえのない人間だと信ずる
10. リラックスして生きる

以上、水沢都加佐「10代のフィジカルヘルス(5)~薬物」
大月書店、2006年、49p.
(つづきは明日)
  


Posted by 伝兵衛 at 07:29Comments(0)自助グループ

2011年09月19日

デザイナー・ドラッグの生産増加

合成麻薬の製造が増えている。アムフェタミンが大麻に
次いで人気のある麻薬になっている。
アムフェタミン基剤(ATS)から作られる麻薬~アムフェタミン・
メタアムフェタミン・エクスタシーは世界中で大麻に次いで 
よく消費されていると バンコックの国連麻薬・犯罪組織事務所
(UNODC)は報告した。
その製造は 特に 西アフリカと東南アジアに広がっている。
合成麻薬の取引も 他の薬物と同様に 犯罪組織によって 
なされる。合成麻薬のビルマからの密輸に 少なくても
50の犯罪組織が かかわっている。
エクスタシー錠の主な生産者は 欧州では オランダで、
東南アジアでは ビルマである。
かつては 錠も粉に 裏庭の小屋で作られたが、今は巨大な
工場で作られている。特に マレーシアとインドネシアでの
生産が増えている。
下記サイトから:
http//www/h-tv.de/panorama/Designer-Drogen-boomen-article429130.html
  


Posted by 伝兵衛 at 08:38Comments(0)薬物依存症

2011年09月18日

ゲイとレズビアンの観光客をメキシコ市が誘致

異性愛の人と比べ、同性愛の人は 多くの金を使ってくれる
という統計に基づき、メキシコ市は ゲイとレズビアンの客を
誘致して もっと稼ごうという方針をたてた。そこで 市は 
世界中から来る同性愛の人のために 観光事務所を開設した。
これは 中南米で初めてである。
この事務所は 情報を提供する他に 差別が行われない
ようにも注意する。
中南米・カリブ海への同性愛の観光客の大半は 
アメリカとカナダからである。
下記サイトから:
http://www.n-tv.de/reise/Mexiko-lockt-Schwule-und-Lesben-article1116451.html
  


Posted by 伝兵衛 at 08:27Comments(0)性少数派

2011年09月17日

ゲイとレズビアンの観光客のためのパンフレット@デュセルドルフ

同性愛の旅人のために GayGuides というパンフレットを
デュッセルドルフ観光マーケティング会社が発行した。
それは 行事・クラブ・パーティ・バー・カフェ・買い物・健康・
スポーツ・寄席の演芸・ホテルを紹介する。
下記サイトから:
http://www.n-tv.de/reise/Tipps-fuer-homosexuelle-Touristen-article906226.html
  


Posted by 伝兵衛 at 07:09Comments(0)性少数派

2011年09月16日

和歌山ダルク・フォーラム10/2

和歌山ダルクフォーラムまで あと2週間ほどです。
当日、主催者などは 12時から会場にいます。
詳しいことは このブログの8/23のカキコミを見て下さい。
  
日時  2011年 10月2日 日曜日
場所  和歌山市勤労者総合センター 6階文化ホール
  受付  13:00~、 開始13:30~
参加費 無料
  


Posted by 伝兵衛 at 08:27Comments(0)

2011年09月15日

ゲイの方はアムステルダム観光にどうぞ

2011年3月4日発:
下記サイトから抜粋~
http://www.n-tv.de/reise/Amsterdam-will-Schwule-locken-article2758931.html

アムステルダムは昔から寛容なことで 有名だが、最近
よくない事も起きているので 警察は私服によるパトロールで 
性少数派の観光客を守ることになった。
  続きを読む
タグ :性少数派


Posted by 伝兵衛 at 17:58Comments(0)性少数派

2011年09月14日

依存症と子育て支援・ワークショップ

依存症の回復支援を行っている全国5地域のNPO団体が
連携し、依存症であり、親でもある当事者と、支援にかかわる
専門職の方々を対象にワークショップを実施します。
  続きを読む


Posted by 伝兵衛 at 09:11Comments(0)薬物依存症

2011年09月13日

大阪矯正管区から感謝状

和歌山ダルクの和高優紀さんに 矯正施設を支援した
という理由で「社会を明るくする運動の実施にあたり」
2011年7月、感謝状が贈られました。
  


Posted by 伝兵衛 at 07:04Comments(0)

2011年09月12日

和歌山刑務所から感謝状

和歌山ダルクの唯ひとりのスタッフ和高優紀さんに 
和歌山刑務所から感謝状が贈られました。2011年3月に。
  


Posted by 伝兵衛 at 08:05Comments(0)

2011年09月10日

ゲイが休暇を楽しめない国50

2011年7月5日発:
性少数派の観光客にも 来てもらいたい観光地は多いが、
一方 50以上の国は 同性愛の行為を処罰すると脅している。
エジプト、チュニジア、モルディブなどの国へ ゲイの人たちは
行かない方がいい。
アラブ首長国連邦は そのリストに入っていない。
2007年以後、モロッコ・ガンビア・ガーナ・レバノンで 
ドイツ人が「同性愛行為の疑い」のために逮捕されている。
下記サイトから:
http://www.n-tv.de/reise/Schwule-in-50-Laendern-verfolgt-article3739191.html

★ブログ管理人の蛇足:
性少数派で薬物依存症の人もあります。鞭打ち刑に処されては 
かなわんので そういう国に観光に行かないでください。
  
タグ :性少数派


Posted by 伝兵衛 at 15:32Comments(0)性少数派

2011年09月09日

『苦悩する人間』ビクトール・フランクル

川原理子 ”生きること”月刊「春秋」2011年8/9月号 p.1~4.
から抜粋:

★苦悩を共にすることはできるのだろうか。    
ビクトール・フランクル『苦悩する人間』(山田邦男・松田美佳訳、春秋社)の
最後に、「苦悩する隣人」に触れた下りがあった:

 苦悩することが意味に満ちているのと同じように、苦悩を
共に遂行すること、共に苦悩することも意味に満ちています。
それは、同じように意味に満ちていると共に、また同じように
無言なのです。言葉をかけることには限界があるのです。
 どれほど言葉を費やしてもまだ足りないところでは、
どんな言葉も多すぎる。★

写真は ダルクの百日紅
(「さるすべり」を変換したら こんな漢字になった。ダルクから
50メーター南の空き地に 百日紅が生えてくるのは この木の
種を鳥が 運んできてくれるからなのだ。
百日も咲いてくれるなら 来年から 抜かないで おこう)  


Posted by 伝兵衛 at 09:11Comments(0)