QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
伝兵衛
伝兵衛
オーナーへメッセージ

2014年08月21日

危険ドラッグin東京

朝日新聞 2014年8月20日から抜粋:
見出し:都内 クラブ客、2割使用経験
厚生労働省研究班の調査は2012年8月~13年11月、
都内で開かれた4回のクラブイベントに参加した男女
計307人に聞いた。そのうち危険ドラッグを使ったこと
がある人は75人いた。平均年齢は31.6歳だった。
 種類別では、化学物質を植物片に染み込ませてたばこ
のように吸うハーブ系が最も多く70人(22.8%)。
「バスソルト」(日本語では普通は入浴剤と言う)などと
称し、粉末を吸引するパウダー系が22人(7.2%)、
 「アロマリキッド」などと称して液体を飲んだり塗った
りするリキッド系が10人(3.3%)だった。
 症状では「めまい」や「ろれつが回らなくなる」
などと答えた。
 ハーブ系経験者の半数が1年以内に使っていた。研究班は
「薬物依存につながる反復使用になっている可能性がある」
と指摘する。
 パウダー系はイベントなど多数の人が集まる場所で
使われる傾向が高くクラブで使われやすい危険ドラッ
グになりうるという。
 リキッド系は性交渉の際に使われることが多いとみ
られ、性感染症などのリスクを高める危険性があると
いう。
 調査した国立精神・神経医療研究センターの嶋根卓也
室長は「手を出してしまった人への対策が十分では
ない。そうした人たちへの早期発見・早期介入が不可欠だ」
と話している。


  


Posted by 伝兵衛 at 16:05Comments(0)脱法ドラッグ

2014年07月28日

ニュース和歌山のコラムに・ダルクのスタッフ

和歌山ダルクのスタッフのコメントが 2014年7月26日号の記事に
でています:
http://www.nwn.jp/
上記がニュース和歌山のサイトで、画面左の列の上から3つ目
「記者のコラム」をクリックすると、「遠景近景」のコラムがでます。
その7月26日の記事が「危険薬物追放と住民の結束」です。
★コラムによると「住民の結束で販売店を追い出した地域がある」
とのことです。
和歌山ダルクは国体のための道路拡張で 今いる家が解体
されるので 引越し先を探しましたが、「薬物」とか「覚醒剤」と
正直に言うと 貸してもらえないことが 多くて、ナンギしました。
売人が追い出されるように、ダルクも「追い出される」危険が
あるのです。

写真 lovefreePhoto
  


Posted by 伝兵衛 at 13:40Comments(0)脱法ドラッグ

2014年07月09日

脱法ドラッグが最も怖い

日本経済新聞2014年7月6日(日)知つ得ワード 
連載「薬物依存(3)」から抜粋:
薬事法の改正により、1300種類以上の成分が
 「指定薬物」として法的に規制されるようになりましたが、
いまだに規制が追いつかないのが実情です。
 当初の脱法ドラッグは、大麻に似た中枢神経系を抑える
成分を混ぜたハーブ系と、反対に興奮させる成分のパウダー系、
リキッド系でした。その後、ハープにパウダーやリキッドを混ぜ込む
ようになりました。脳神経を抑制・興奮させる成分を同時に
とると、体内で何か起きるか分かりません。ハープは癒やしを、
脱法という言葉は「麻薬や覚醒剤よりも安全だろう」と連想させ
がちですが、実際は最も怖い薬物です。
 日本では覚醒剤や大麻などで捕まりたくない人が代わりに
使うなど、市場として狙われやすい状況にあります。芳香剤や
お香の形で売られるケースもあり、販路を断つ取り組みが
今後も必要です。
 (回答者:和田清・国立精神・神経医療研究センター薬物依存研究部長)

写真 by SACHI
  


Posted by 伝兵衛 at 10:40Comments(0)脱法ドラッグ