QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです


和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる




[PR]ワインをお求めなら、
うきうきワインの玉手箱
[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
伝兵衛
伝兵衛
オーナーへメッセージ

2017年08月18日

ドイツの田舎の娼館・写真(5最終回


すべての写真に日の光が差しているのは光の
生み出す雰囲気を意識して選んだからだ。暗闇
の内部との対比を 光は見せる。まばゆい光、
ほとんど冷たく見える光が娼館への距離を目立
たせている。
◎記者の質問:写真の中で、人が写っているの
は一枚だけだ。ガレージの前に座っている人が
写っている。
◎答え:もし写真に一人の人が写っていたら
写真を見る人は この人と写真の中の他の物と
の関係を考える。こうなると写真の説明に 人
についての注釈を加えることになる。それは
避けたかった。娼館という建物が独自の存在と
して機能すべきだ。しかしガレージの前の座る
男は管理人であるように見えた。彼は娼館に
付属する物とも見えるので 写真の中に入って
いる。(おしまい)
下記サイトに写真:
http://sz-magazin.sueddeutsche.de/texte/anzeigen/46168/Es-koennten-auch-Privathaeuser-sein
写真右上の>をクリックすると次の写真がでる。
娼館の外観の写真であって、室内や人は写って
いない。住宅に見えるのもある。生け垣と芝生
に囲まれた娼館は管理費がかかるのに、経営
努力されているのだ。
(覚醒剤とこのテーマは密接な関係があるので
カキコミます。日本のメディアでこのテーマが
扱われるのはマレです)


  


Posted by 伝兵衛 at 11:51Comments(0)売春

2017年08月17日

ドイツの田舎の娼館・写真(4


◎記者の質問:
娼館の外観を撮影するプロジェクトをしていて
話しかけられましたか?
◎答え:
はい、特に娼館の経営者から話しかけられた。
彼らは初めのうちは疑いの目で見ていたが、
どういう考えで やっているのか説明したら
誰も反対しなくなった。娼館の外観写真シリ
ーズをアナログで撮影したことは 大変有利に
働いた。アナログ写真なので 写真がすぐに
オンラインで公開されるわけでないということ
を経営者に分かってもらえた時に信頼感が生ま
れた。(つづく
下記サイトに写真:
http://sz-magazin.sueddeutsche.de/texte/anzeigen/46168/Es-koennten-auch-Privathaeuser-sein
写真右上の>をクリックすると次の写真がでる。
娼館の外観の写真であって、室内や人は写って
いない。住宅に見えるのもある。生け垣と芝生
に囲まれた娼館は管理費がかかるのに、経営
努力されているのだ。
(覚醒剤とこのテーマは密接な関係があるので
カキコミます。日本のメディアでこのテーマが
扱われるのはマレです)


  


Posted by 伝兵衛 at 18:47Comments(0)売春

2017年08月16日

ドイツの田舎の娼館・写真(3


グーグルで田舎の娼館の大半を見つける。娼館
はしばしば町はずれにあるか、住宅地に接する
工場地域にある。
娼館の内部を撮影することは考えない。外観を
みるだけで 十分に興味深い。
田舎の娼館は皆、目立たないし、味気ない外観
だ。窓に赤いランプがついていたり、時には
看板があったりすることを除いて、保険会社か
個人住宅のように見えることがある。娼館の
実際の機能は 外には隠されている。(つづく
下記サイトに写真:
http://sz-magazin.sueddeutsche.de/texte/anzeigen/46168/Es-koennten-auch-Privathaeuser-sein
写真右上の>をクリックすると次の写真がでる。
娼館の外観の写真であって、室内や人は写って
いない。住宅に見えるのもある。生け垣と芝生
に囲まれた娼館は管理費がかかるのに、経営
努力されているのだ。
(覚醒剤とこのテーマは密接な関係があるので
カキコミます。日本のメディアでこのテーマが
扱われるのはマレです)


写真提供:SACHIさん
  


Posted by 伝兵衛 at 09:51Comments(0)売春

2017年08月15日

田舎の娼館・写真集(連載2


私の育った村に 大きいハートを屋根に描いた
家があった。その家の中で何が起きてるのだろ
うと いつも思っていた。親や村人が その家
について どういう風に話しているか、子ども
は気づいていた。私も何か見えないかと その
家に目をやった。
◎田舎の売春と町の売春の違いは何か?
田舎では道徳の重荷が町よりも大きい。町では
売春街で娼婦に話しかける人や マッサージ
サロンへ行く人に誰も興味を示さない。田舎で
は すぐにウワサの種になる。誰もそれに関わ
りたくない。広く普及している このサービス
業務をタブー視することが 簡単に消えるわけ
ではない。多くの人は売春に目をそむけること
にしているのだと私は思う。(つづく)
下記サイトに写真:
http://sz-magazin.sueddeutsche.de/texte/anzeigen/46168/Es-koennten-auch-Privathaeuser-sein
写真右上の>をクリックすると次の写真がでる。


  


Posted by 伝兵衛 at 16:07Comments(0)売春

2017年08月14日

田舎の娼館・写真集(連載1


下記サイトに写真:
http://sz-magazin.sueddeutsche.de/texte/anzeigen/46168/Es-koennten-auch-Privathaeuser-sein
写真右上の>をクリックすると次の写真がでる。
娼館の外観の写真であって、室内や人は写って
いない。住宅に見えるのもある。生け垣と芝生
に囲まれた娼館は管理費がかかるのに、経営
努力されているのだ。
(覚醒剤とこのテーマは密接な関係があるので
カキコミます。日本のメディアでこのテーマが
扱われるのはマレです)
★写真家 Kathrin Tschirner へのインタビュ:
田舎の売春と町の売春の違いは何か?写真家
は それが知りたくて ブランデンブルク州と
ノルトライン-ヴェストファーレン州の田舎の
娼館の写真を撮った。
なぜこのテーマに関心をもったかと言うと 
これは憧憬の場であるからだ。娼館もカジノ・
ゲームセンターもショッピングセンターも皆
行って見たい場だ。(つづく)


  


Posted by 伝兵衛 at 13:31Comments(0)売春

2017年05月04日

売春からの脱出を支援する会(連載7・最終)


ドイツ連邦政府は今 売春法の改革を計画し
ている。女性の保護を より多くするという
改革だ。一方、「性を買うのを阻止する連盟」
は性を買うことを禁止するための法的基礎を
要求している。売春からの脱出を支持する
ことを 法的に定着させるべきだと言う考え
だ。シスターズ協会は 相談所に来る娼婦の
ための脱出援助に資金を提供している。資金
は会費と寄付金による。
ソニアが売春から脱出できたことは 家族の
支えのお陰だ。ソニアは薬物を止めた時に
 別の問題に立ち向かうことができた:「幾
つかの治療を受けることによって ついに父
を告発する力を得た とソニアは言う。父親
は5年の勾留刑に処せられた。(おしまい)
下記サイトから:
http://www.sueddeutsche.de/muenchen/prostitution-ich-habe-viele-albtraeume-von-maennerhand-erlebt-1.3040920
★ブログ管理人の蛇足:こういう主題につい
てのカキコミは全国版のブログに載せた方が
アクセスも多くなると思うのだけれど、ikora
ブログに10年ほど前に 書いたのが元なので
ikoraから引越ししないで います。アクセス
数を多くして 稼ぐというので ないから。 


写真提供:SACHIさん  


Posted by 伝兵衛 at 10:06Comments(0)売春

2017年05月01日

売春からの脱出を支援する会(連載6)


フシュケは10年間 娼婦だった。彼女は南ド
イツ新聞に自分のことを語り、怒りを話した:
「客が娼婦にしたことは えげつない。しかし
売春に問題は ないというフリを社会がして
いることは なお ひどい」。シスターズ協
会の設立者の一人として フシュケにも話し
てくれないかと ある相談所が依頼してきた。
しかし談話が新聞に出た後、大変な数の否定
的意見が殺到したので フシュケは気持ちを
整理しなければ ならなかった。新聞社と次
に会う約束も取り消した。社会福祉士ザビー
ネは言う:「女性たちが発言した結果、どん
な反応に耐えねばならないかと言うことに 
幾度も驚いている」。
(つづく)
下記サイトから:
http://www.sueddeutsche.de/muenchen/prostitution-ich-habe-viele-albtraeume-von-maennerhand-erlebt-1.3040920


  


Posted by 伝兵衛 at 12:37Comments(0)売春

2017年04月30日

売春からの脱出を支援する会(連載5)


性労働者はトークショーに出演し、別の見方
から見た売春像を擁護して闘い、性サービス
を提供することを自由意志で決定したという
ことを擁護する。しかしシスターズ協会によ
ると 娼婦の90%以上は自由意志で身体を
売っているのではない。そういう女性達を
協会は助けたい。強制売春と貧困売春に
引き込まれた女性の大半は外国からの女性だ。
(つづく)
下記サイトから:
http://www.sueddeutsche.de/muenchen/prostitution-ich-habe-viele-albtraeume-von-maennerhand-erlebt-1.3040920


  


Posted by 伝兵衛 at 15:05Comments(0)売春

2017年04月29日

売春からの脱出を支援する会(連載4)


シスターズ協会は職探し・アパート探しについ
て女性たちを支援するだけでなく、政治的活動
にも尽力する。女性の生活の現実がどのよう
であるかを知らせる。売春することは 自分の
身にとって どういうことかを 女性に知ら
せる。下腹部の損傷・魂の苦しみ・錠剤や
覚せい剤を使って ただ耐えるしかない多く
の事柄などを 協会は知らせる。政治は ただ
性産業を支持するものであると シスターズ
協会は非難する。(つづく)
下記サイトから:
http://www.sueddeutsche.de/muenchen/prostitution-ich-habe-viele-albtraeume-von-maennerhand-erlebt-1.3040920


  


Posted by 伝兵衛 at 09:24Comments(0)売春

2017年04月28日

売春に耐え薬物に頼る(連載3)


ソニアは未成年で この業界に入った。母の
いない父だけの家庭で育ち、その父親がソニ
アを12歳の時から性的に暴行していた。父に
妊娠させられ、中絶の金を稼ぐために娼館街
へ行った。苦界に耐えるために 薬物をやり
依存症になった。シスターズ協会で得た激励
のお陰で ソニアは自分の経験を人の前で
話すことができるようになった。「私は良い
家庭と友人達をもっているが、長い間 私の
ような人を探していた」。過去について偽り
を言う必要のない人。理解してくれる人を
探していた。(つづく)
下記サイトから:
http://www.sueddeutsche.de/muenchen/prostitution-ich-habe-viele-albtraeume-von-maennerhand-erlebt-1.3040920


  


Posted by 伝兵衛 at 15:12Comments(0)売春

2017年04月27日

売春からの脱出を支援する会(連載2)


シスターズ協会は2015年にシュトゥットガルト
で女性たちが設立した。設立者の中に 一人の
心理士と一人の元娼婦もいる。協会は売春と
の闘いをして、女性を脱出させるのを助ける。
Kofraというミュンヘンにある女性のための
コミュニケーション・センターにザビーネは
ソニアと一緒に行った。ザビーネは社会福祉
士であり、シスターズ協会の設立者の一人だ。
「脱出者と市民活動家が行動できる組織を
作る時だと 私たちは考えた」とザビーネは
言う。
12月にKofraはミュンヘンで2日間の会議を
主催した。その会議で 女性医師と心的外傷
専門の心理士が 売春による損傷について
報告した。「売春は強姦に他ならない」と
ザビーネは言う。なので シスターズ協会は
売春から脱出した人に焦点をあてる。
(つづく)
下記サイトから:
http://www.sueddeutsche.de/muenchen/prostitution-ich-habe-viele-albtraeume-von-maennerhand-erlebt-1.3040920


  


Posted by 伝兵衛 at 12:16Comments(0)売春

2017年04月26日

売春からの脱出を支援する会(連載1)


2016年6月20日の記事:
女性が売春から抜け出すのを手助けするネット
ワークを シスターズ協会は作っている。
協会は職探し・アパート探し手伝うだけでなく
政治活動にも尽力している。
10年ほど前までソニアは路上で客を引いてい
た。痩せて、歯は抜けていて、薬物依存症
だった。2005年から薬物は止めている。
ずっと前に売春は止めた。「魂を整理した」
とソニアは言う。「たとえ大変 困難な脱出で
あったとしても」脱出は あったのだと 他の
女性に示したい。「女性のための職業・生活
状況のコミュニケーション・センター(Kofra)
で ソニアは どのようにしてシスターズ
協会に 拠り所を見つけたかを 語る。
(つづく)
下記サイトから:
http://www.sueddeutsche.de/muenchen/prostitution-ich-habe-viele-albtraeume-von-maennerhand-erlebt-1.3040920


  


Posted by 伝兵衛 at 16:58Comments(0)売春

2017年02月05日

新売春法inドイツ(連載 最終回)

コンドームの義務は 客にだけ課せられる。なしの
場合は罰金刑になる。
前の売春法の規定では 意図しないで 強制売春を
援助することになるという非難があった。なので より
厳しい規制が 求められた。(おしまい)
下記サイトから:
http://www.n-tv.de/politik/Prostituierte-sollen-Kunden-waehlen-koennen-article15534856.html

  


Posted by 伝兵衛 at 14:39Comments(0)売春

2017年02月04日

新売春法inドイツ(連載 2)

新しい売春法によると 娼館経営者は「信頼できる」人でなければ
ならない。そして たとえば人身売買のような前科があっては
ならない。禁止されている暴走族に入っていると、許可が与えられ
ないことがある。経営者の娼婦への命令権は 一般的な条件に
ついてだけに 存在する。たとえば労働時間については命令権は
存在するが、特定のサービスの実行については 存在しない。
娼婦は役所に申告しなければ ならない。健康相談を受ける
義務がある。18歳から21歳の若い娼婦のために 特別規定が
あり、彼女たちは 半年に一度 健康相談を受けなければ
ならない。その他の娼婦は 1年に一度 相談に行く。
申告義務を怠る娼婦には 警告が出される。複数回 違反
した場合、罰金が課せられる。(つづく)
下記サイトから:
http://www.n-tv.de/politik/Prostituierte-sollen-Kunden-waehlen-koennen-article15534856.html

  


Posted by 伝兵衛 at 17:06Comments(0)売春

2017年02月03日

娼婦は客を選べるべきだinドイツ(連載 1)

(元の記事は2015年7月16日のもの。古い記事です)
長い議論の末に 新売春法が成立した。2016年に施行される。
娼館経営者は 店の営業構想を提示しなければならない。
経営者は 前科があってはならない。一方、娼婦は どういう
サービスを提供するかについて、自由に選べる。
娼館の経営者は 店の登記の際に 詳しい営業構想を提示する
義務を 将来は 負う。娼館において 娼婦は客とサービスを
自由に選ぶことができる。均一料金サービスや乱交パーティの
ような 意見の分かれるサービスの提供は 新しい法によって
禁止される。(つづく)
下記サイトから:
http://www.n-tv.de/politik/Prostituierte-sollen-Kunden-waehlen-koennen-article15534856.h

  


Posted by 伝兵衛 at 21:03Comments(0)売春

2016年03月26日

性労働についての専門会議

ハンブルクで2016年3月2日に 娼婦・保健関連役所の代表者・
警察・専門相談所・学者など300人が集まった。テーマは
「計画されている新しい娼婦保護法」。
性労働職業連盟の広報担当者がインタビュに答えた:
性労働者にとって登録することが義務になることは 問題だ。
個人に汚名を着せることになり、データ保護の観点からも
疑わしいことだ。
娼婦を登録することによって 強制的売春や人身売買が
困難になるとは思えない。人身売買や犯罪的搾取の犠牲者は 
東欧で拉致され、ドイツに送られる。そういう犠牲者が 役所に
連絡を取るというのは幻想だ。
法案に述べられているコンドーム使用義務は 人の尊厳を
傷つけない条件のもとで管理されなくては ならない。
均一料金による性サービスの提供の禁止が法案に述べられて
いるが、多くの娼婦はこのやり方を好んでいるということに留意
すべきだ。客を求めて大々的に宣伝できるものではないからだ。
そのうえ均一料金の場合は 同僚同士の競争が減り、労働の
雰囲気が良くなる。
下記サイトから:
http://www.zeit.de/hamburg/stadtleben/2016-03/elbvertiefung-hamburg-02-03-16

  


Posted by 伝兵衛 at 20:16Comments(0)売春

2015年09月05日

幸せな娼婦という伝説(下の四・最終回)

それ以来 Rachelは多くの闘いをしてきた。最近の闘いは
元娼婦とのものだった。その女性は Rachelは 作り話を
していると 長い間 インターネットで言い張っている。その
女性は同じ街路で売春していたが Rachelを見たことがない
と言う。彼女は 永年 路上にたって、心の支えを失ったか、
あるいは自分の存在をどう解釈するかについて 威厳を失い
たくないか だろうとRachelは言う。
絶望した女性は 売春するかしないかを 自分で選ぶべきだと 
Rachelは思っている。絶望したとしても 自分の自立性に
おいて 縮小する必要はない。
Rachelの闘いは 巨大な部門に対する闘いであるだけでなく、
特に社会の結論を崩壊させようとする試みでもある。社会の
結論とは: 売春を禁止することはできない。まず第一に 売春は
常に存在した。第二には 王宮を清く保つには、下水路が要る。
女性に対する暴力を防止し、強姦を防止する手段として売春が
ある。という理屈だ。しかし実際は その逆だ。奴隷制も廃止された。
その時までは 誰も奴隷制廃止を想像できなかった とRachelは
言う。人類の歴史において 今が売春の廃止の用意をする時である。
Rachelには 息子がいる。父親は別れたパートナーだ。息子のために
彼女は昔、生活していた所から遠く離れた町はずれへ引っ越した。
息子は今15歳になった。母親がダブリンの街路で初めて客を待った
ときと同じ年齢だ。(おしまい)
下記サイトから:
http://www.welt.de/vermischtes/article139036199/Die-Legende-von-der-gluecklichen-Hure.html

  


Posted by 伝兵衛 at 17:51Comments(0)売春

2015年09月04日

幸せな娼婦という伝説(下の三)

母親の心の病気が悪化して、Rachelは もう家に居ることに
我慢できなくなった。Rachelは役所へ行き、国による保護を
申請した。その後、連れて行かれた施設から追い出されたり、
逃げ出したりした。14歳でホームレスになった。15歳で娼業に
入った。男友達の勧めによるものだった。彼はヒモになった。
売春をしていて幸せだと言う娼婦に 今までRachelは会った
ことがない。彼女たちは 娼業界に入るまでも 困難な人生を
送っていた。娼婦は たいていは Rachelと同じような気持ち
だった:ちゃんとしていると言えなくて、社会にふさわしくないような
感じがしていた。他のやり方で 稼いだことは なかった。(つづく)
下記サイトから:
http://www.welt.de/vermischtes/article139036199/Die-Legende-von-der-gluecklichen-Hure.html

  


Posted by 伝兵衛 at 12:23Comments(0)売春

2015年09月03日

幸せな娼婦という伝説(下のニ)

Rachel Moran は両親を非難するのではない と言う。
両親は生きるために できるだけのことをした。ただ 特に
良いことを できななったと言うだけだ。次のような理由で 
娼婦になったという女性は多い:「家で永年 性的虐待を
受けていて、自分はもう やられているのだから そういう
ことで金になるなら、その業界に入ろう。」しかしRachelは 
こういう経験をまったく持たなかった。「父はちゃんとした
人だった」。
父は重い病気だった。父が自殺したときに、父母は既に
別れていた。狂気におちた母親はRachelと兄を父親の
アパートへ行かせた。価値のある物を取ってくるために。
その結果、二人は 潰れたコーンフレークの包だけを
持って帰ってきた。
統合失調症の母は不安と偏執症の中で 五人の子を
育てた。よその子との接触は禁じられた。と言うけれど、
他の子は シャワーも浴びないで走り回る子と関わりを
持つ気もなかった。放浪の人々を侮辱する呼び方で 
一家は呼ばれていた。Rachelは「自分は別の種類の人だ」
という意識をもって成長した。その場に ふさわしい性質を
持っていなくて、ちゃんとしているという正常性も無いという
感じの中で成長した。
(つづく)
下記サイトから:
http://www.welt.de/vermischtes/article139036199/Die-Legende-von-der-gluecklichen-Hure.html

  


Posted by 伝兵衛 at 15:35Comments(0)売春

2015年09月02日

幸せな娼婦という伝説(下の一)

少なくても週に一度、コンスタベルは妊娠にかかわる。
大半の若い女性は何故 妊娠したか知らないし、避妊に
ついて何も知らない。女性たちの稼いだ金はすっかり
家へ送られる。ルーマニア・ウクライナ・黒海沿岸の村へ
送られる。村の人は 隣人に金が入ったと知ったら、
自分の娘も 向こうへ行かせようと考える。そこでドイツ
行きのバスが又でて行く。その間にも 先にドイツへ
行っていた女性たちが 虐待され、ボロボロになって
戻ってくる。
本を書いた Rachel Moran は売春街へ送り込まれた
のではない。彼女は家から逃げ出しただけだ。母は
統合失調症で、父は重いウツだった。病気と依存症と
貧困が協同して、よろめく動きをつくりだす。過去から
取り出した映像は:Rachelの母が台所の床に血の海
の中で横たわっている。父は閉鎖病棟へ入るように
指示されている。父母が 幸せそうに抱き合って
いたり、居間で踊っていたり。
(つづく)
下記サイトから:
http://www.welt.de/vermischtes/article139036199/Die-Legende-von-der-gluecklichen-Hure.html

  


Posted by 伝兵衛 at 16:13Comments(0)売春