QRコード
QRCODE

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
伝兵衛
伝兵衛
オーナーへメッセージ

2014年03月31日

刺青・写真集(上)

★このブログは入墨を勧めていません。染料による副作用・
消すのにかかる手間と経費を考えると 止めた方がいいです。
就活にも不利です。賃貸住宅を借りにくくなります。
このブログが入墨についてカキコミするのは 日本の
メディアが 入墨について あまり書かないからです。
下記サイトに入墨の写真数枚:
http://www.zeit.de/lebensart/2014-03/fs-tattoo-taetowierung
写真1. 入墨は20世紀初めにヨーロッパで流行した。しかし
当時は 船乗り・犯罪者・軽薄な女子など 社会の外れに
いる人々のシルシだとされていた。1990年代に入って 
入墨は社会全体に広まった。
Taschen Verlag から出版された写真集 1000 Tattoos は
マオリの伝統的入墨から 今の入墨までを紹介する。
この写真集は下記へ:
http://www.taschen.com/pages/de/catalogue/popculture/all/01876/facts.1000_tattoos.htm
写真1はニュージーランドのマオリ族の顔にいれたスミ。

  
タグ :ヨーロッパ


Posted by 伝兵衛 at 17:14Comments(0)入墨

2014年03月30日

不法ごみ処理と薬物で年530億ユーロ稼ぐ

南イタリアのマフィア組織 Ndrangheta は去年530億
ユーロ稼いだ。これはドイツ銀行とマクドナルドの収益を
合わせた金よりも多い。この組は30ヶ国に400人の幹部を
もつ。犯罪にかかわっている人は6万人。シシリアの
マフィアと比べ、閉鎖的で手入れしにくい。
ごみ処理・薬物売買の他に 宝くじで横領したり、
武器売買・偽ブランド物の売買・人身売買で稼いでいる。
下記サイトから:
http://www.sueddeutsche.de/wirtschaft/illegale-muellentsorgung-und-drogengeschaefte-ndrangheta-setzt-jaehrlich-milliarden-euro-um-1.1923004
★ブログ管理人の蛇足:
イタリアはマフィアで有名ですが、文化も大事にする国のよう
でして、フランス・ドイツなどの芸術家を招待して、何ヶ月か
イタリアで過ごしてもらったりする制度もあるそうです。文楽への
助成金を減らし、「人間国宝の収入を公表するのが 助成の
前提だ」と言う政治家のいる日本とは 違う。残念なことに
日本は先進国ではない。まして日本の田舎の諸制度は 
ここに書けないような惨状を呈しております。 


  
タグ :イタリア


Posted by 伝兵衛 at 13:59Comments(0)覚醒剤密輸

2014年03月28日

飼育係にキリンが別れを告げる(動画

ロッテルダムの動物園の飼育係は 重病になり、もう話すこともできないが
目は見える。死ぬ前に 25年間 働いた動物園の同僚と動物達に会いたい
という望みは叶えられた。横になったまま、動物園に来ることができた。
キリンは彼の顔を鼻で 軽く押して、別れを告げた。
http://www.n-tv.de/
上記をクリックしたら n-tv のサイトがでます。画面を下の方へ行くと
VIDEO meist gesehen という見出しがあって 動画の画像三つ
でています。その中のキリンの画像をクリックすると この動画がでる。
三つの中にキリンの画像がない場合、右端の矢印をクリックして
いけば そのうちキリンがでます。

  


Posted by 伝兵衛 at 08:27Comments(0)

2014年03月27日

民謡in和歌山「紀ノ川舟唄」Youtube

https://www.youtube.com/watch?v=E2Rpjylo3dg
この歌に「国城(くにき)お山の...」とあります。国城山は 
南海 高野線の清水駅あたりから登る山で、祖父は 
この山の中腹の村で生まれました。祖父は小学校を出て、
筏に乗って 和歌山市に来たそうです。
山では椎茸などを作り、一時間 歩いて山を降り、
里の田で米を作っていたと聞いています。
「登り一里で 下りも一里...」というのは北海道民謡
「道南口説き」にも出てくる歌詞です。これが ほぼ
毎日のことですから ナンギです。

写真 by SACHI  


Posted by 伝兵衛 at 08:00Comments(0)

2014年03月26日

クリスタル・メス/恐怖の薬物(その五)

この調査はクリスタルを誰が使っているかを正確に認識する
ことに寄与する。このことによって 個々の危険グループを
確定し、予防策を展開することが可能になる。
この調査は 余暇でのクリスタル使用・ゲイパーティの参加者・
トラウマを負った人々を区別している。それに基いて それぞれの
場面でクリスタルとの闘いについて啓発活動をすることを提案している。
この提案の一つでは 国の委託を受けて 化学者が薬物の中に 
薬物売人が約束した物質が含まれているか どうかを検査する。
これは政治的に 賛否の別れる問題だ。
この調査で確認されたクリスタルメス消費者グループにおいて 
二つの注目すべき事柄があった。一つはクリスタルを自分の
仕事との関連において 摂取するグループの存在だ。すなわち 
メタアンフェタミンの摂取が 職業について ある役割を果たして
いる。回答者の半数は このグループだった。この割合は 
スピードをやる人と比べ、かなり高い。肉体的に辛い作業を 
単調な流れで している人に クリスタルは好まれると 調査者は言う。
その他に 恐るべきこととして、次の事柄がある。メタアンフェタミンの
消費者の23%は 少なくても一人の子どもをもっている ということだ。
若い女性が 羽目をはずして薬物をやった影響のもとで 子どもを
作ってしまったということも 稀でない。子どもを生んでからも 薬物を
続けることは 子どもにとって悲惨だ。ある若い母親は 好意・愛情を
持てなかったと言う。子どもとの付き合いにおいて、心がその場に
なかった。「物事に集中できなかった。具合の悪いことだった」。
(連載おしまい)
下記サイトから:
http://www.welt.de/politik/deutschland/article125584410/Die-Horror-Droge-die-perfekt-zum-Zeitgeist-passt.html

  


Posted by 伝兵衛 at 15:45Comments(0)薬物依存症回復支援

2014年03月25日

クリスタル・メス/恐怖の薬物(その四)

その頃チェコの薬物業者がクリスタルでボロ儲け
できることを発見した。ドイツ国境に近い地域で 
クリスタルを作る工場ができて、ベトナム市場と
呼ばれる所で小袋で売られた。客はドイツのバイ
エルン州とザクセン州から来た。
新しい調査によると クリスタルはしばしば外国で
買われて ドイツに持ち込まれている。約27%の消費者は
クリスタルを外国から取り寄せていると言っている。
5%は自分でクリスタルを作っていると言っている。
クリスタルの押収件数は 過去数年で飛躍的に増えて
いる。バイエルン州の内務大臣によれば 押収された
クリスタルの量から考えれば、今後 さらにクリスタルの
押収は増えそうである。ザクセン州の内務大臣は「クリス
タルは悪魔の道具であり、私たちの子どもを悪魔から
守らなければならない」と言う。しかしクリスタルの問題
を抑えこむのは 困難だ。
ドイツ連邦犯罪局(BKA)のデータもクリスタルの消費拡大を
示している。ドイツの南東部では クリスタルが全ての
社会層を侵蝕している。
(つづく)
下記サイトから:
http://www.welt.de/politik/deutschland/article125584410/Die-Horror-Droge-die-perfekt-zum-Zeitgeist-passt.html

  


Posted by 伝兵衛 at 16:07Comments(0)薬物依存症

2014年03月24日

クリスタルメス/恐怖の薬物(その三)

スピードとクリスタルメスを初めて使った平均年齢は20歳。
クリスタルをした人のほとんど全員が 他の薬物 特に
大麻を試してみたことがある。
クリスタル依存症の人の80%は大麻をしている。
回答者の発言によると クリスタルメスをするもっとも
大きい動機は「気持ちが良い」ということだ。しかし
スピードのようなアンフェタミン剤と違い、クリスタル
メスについては「気持ち良い」ということ以外に 多くの
理由が挙げられている。
薬物への要求・病的依存への圧力は クリスタルの場合、
スピードと比べて はるかに大きいようだ。
性と職業生活が しばしばメスを使用するのに ある役割を
果たしている。
クリスタルは時代精神にまったく合致した薬物だと 
依存症カウンセラーは言う。すなわちクリスタルは高能率を
約束し、弱点を隠してくれる。
作用物質エフェドリンからクリスタルは作られる。エフェドリンは
既に1920年代に使われ始め、Pervitinという薬剤に極めて少量、
配合されていた。
その後 ナチの軍が兵士を眠らせないための「戦車のチョコレート」
として メタンフェタミンを投入した。
Pervitinは1988年まで流通した。その後、2009年までメタン
フェタミンについて議論された。
(つづく)
下記サイトから:
http://www.welt.de/politik/deutschland/article125584410/Die-Horror-Droge-die-perfekt-zum-Zeitgeist-passt.html

写真 by SACHI  


Posted by 伝兵衛 at 13:23Comments(0)中欧事情

2014年03月23日

オランダの植物園(動画

Keukenhof ケーケンホフ植物園は この時期に8週間 公開される。
園内に七百万の球根が 手で植えられている。
下記サイトに動画:
http://www.stern.de/reise/service/keukenhof-in-den-niederlanden-der-groesste-blumengarten-der-welt-blueht-auf-2097884.html

クリスタルメスという薬物のカキコミが当分つづきます。
その連載を今日は中断して ご紹介しました。
この動画を見て、オランダへ行く人はないとしても。

写真は この植物園のです by lovefreePhoto  


Posted by 伝兵衛 at 11:52Comments(0)

2014年03月22日

クリスタル・メス/恐怖の薬物(そのニ)

クリスタルは C とかTinaとかIceとか言う名で知られている。
これをやると、長時間 寝ないでいられて、痛みは阻止され、
抑制から解放され、幸福感で一杯になる。作用は強烈なので 
消費者はコントロールがしにくい。あぶって吸うと わずか
数分で血液中に入り、脳に達する。ドーパミンあるいはノル
アドレナリンのような伝達物質が出され、化学物質を使わ
なければ できない やり方で 消費者を満足させる。
その後に、空腹感・喉の渇き・疲労感は抑えられ、一日中 
起きている人もある。休みなしに話し続け、自己意識は高揚し、
性欲も高まる。しかし 薬物が体内を回っている間だけの
ことであって、その後は深い穴の中に落ち込んだ感じがする。
上述の調査は スピードとクリスタルの使用者 約400人を
対象にしている。年齢は15~63歳。約40%は 田舎か
小都市に住み、約60%は大都市に住む。質問に答えた人の
多くは 少なくとも専門学校入学資格試験に合格している。
しかし約半数は月収600ユーロ以下だ。約15%だけが
月収2000ユーロ以上である。
(つづく)
下記サイトから:
http://www.welt.de/politik/deutschland/article125584410/Die-Horror-Droge-die-perfekt-zum-Zeitgeist-passt.html

  


Posted by 伝兵衛 at 06:51Comments(0)中欧事情

2014年03月21日

クリスタル・メス/恐怖の薬物(その一)

クリスタルメスはチェコで作られ、ドイツに密輸されている。
ドイツ保健省は その壊滅的影響を調査させた。
氷砂糖のように見えるが、これをあぶって吸うか 溶かして
注射すると、死と戯れることになる。最も強烈な薬物の一つで、
やれば直ぐに依存症になり、からだはガタガタになる。
1990年代にアメリカ全土に広まった。不法工場で製造され、
貧しい人のためのコカインとして売られた。
原材料は 多くの風邪薬に含まれている物質であり、
簡単な化学反応によって製造される。
ハンブルク・エペンドルフ大学病院の研究者達は「スピード」の
ような新種のアンフェタミンと「クリスタル」のようなメタアン
フェタミンの消費者 約400人を対象に質問した。
その結果、ドイツにおけるクリスタル依存症者の世界を 
初めて正確に見ることができた。
調査報告書は約百ページで 消費者の発言の引用・統計・
分析から成る。依存症になると、偏執症・うつ・現実感の喪失・
異常な精神状態・迫害されているという妄想・発汗・薬の
切れたときのパニック発作などが みられる。
(つづく)
下記サイトから:
http://www.welt.de/politik/deutschland/article125584410/Die-Horror-Droge-die-perfekt-zum-Zeitgeist-passt.html

  


Posted by 伝兵衛 at 12:38Comments(0)薬物依存症

2014年03月19日

同性愛者は法により差別されるinアリゾナ州

2014年2月23日発:
レストランで同性愛であると言う理由でサービスを拒否されると 
ドイツでは差別事件だ。アリゾナ州で こういうことが「信仰の
自由をまもるために」将来 許されるらしい。市民活動家は
抗議している。
ホテルの主がゲイのカップルを泊めないとか、レズビアン同士の
結婚式のために トルテを焼くのをケーキ屋が断るなどと
言うことが アリゾナ州で まもなく許される可能性がある。
保守主義に固まった この州で 共和党が圧倒的多数を占めている。
アリゾナ州には既に上記の法案と似た法律がある。それは 
信仰にとって重荷になるという理由で 職務をしたくない人を
守るものだ。たとえば同性愛のカップルを信頼したくない牧師や 
中絶手術をしたくない医師を守る法律である。
共和党員 John Kavanagh は「この法案は同性愛カップルを
泊めない あるいは そういうカップルに食事をださない給仕人を
守るためのものではない。ただ 根本的な重荷が問題なのだ」
と言う。
この点について論争が起きた。すなわち 深い信心をもつ人に
とって「根本的重荷」がどの時点で始まるのか?と言う論争だ。
あるピザ屋の主は ゲイである。彼は「代議士には食べ物を
出さない自由を 当店では保有する」という掲示を店にだした。
下記サイトから:
http://www.tagesschau.de/ausland/homosexuelle-in-arizona100.html

写真 lovefreePhoto
  
タグ :アリゾナ州


Posted by 伝兵衛 at 17:25Comments(0)性少数派

2014年03月17日

未成年者がちゃんと面倒みよと親を訴えるinアメリカ

(世も末と思わせる訴訟です)
2014年3月12日発:
ニュージャージー州のRachel Canning(18歳)は両親を訴えた。
高校の授業料を払い戻せ、一週につき654ドルの支援金を払え、
訴訟費用も出せという訴訟を起こしたが 敗訴し、 最近 
彼女は家に戻った。
レイチェルは18歳になる数日前に親の家から追い出されたと 
親を非難している。しかし両親は 彼女が規則を守りたくない
から自発的に出て行ったと言っている。
レイチェルは親から精神的・肉体的に虐待されていたと
主張したが、役所は そういう主張を裏付けるものは何も
見つけていない。
摂食障害と酒の飲み過ぎも 親のせいだとレイチェルは言っている。
下記サイトから:
http://foxnewsinsider.com/2014/03/12/nj-teen-rachel-canning-who-sued-parents-child-support-tuition-returns-home
http://www.welt.de/vermischtes/article125575460/Der-schmutzige-Tochter-Eltern-Streit-vor-Gericht.html

写真 by SACHI  
タグ :アメリカ


Posted by 伝兵衛 at 13:31Comments(0)少年非行

2014年03月16日

田舎の町の薬物地獄inアメリカ(写真集)(下)

下記サイトに写真10枚:
http://www.sueddeutsche.de/panorama/drogen-in-den-usa-drogenhoelle-kleinstadt-1.1886937
写真8. ヘロインを試しに使った人のうち四人に一人は
依存症になる。ヘロインは中枢神経系に影響を及ぼし、
二つの感覚を呼び起こす。すなわち まず高揚した感情を
引き起こし、その後に 心配のない状態と安らぎとをもたらす。
高揚感は2~5秒間つづくが 平静な状態は その後 
2~5時間つづく。禁断症状は かなり長くつづく。
ヘロインは注射するか、タバコのように吸うか、吸入するか、
あぶって吸うかである。
写真9. ヘロインは安くなっている。アフガニスタンと中央
アフリカの幾つかの地域で作られる。ヘロインを初めて
使う年齢は平均22歳くらい。
写真10. 時が経つうちに ヘロインはアメリカ社会の中心部に
到達した。「ヘロインは貧困に生まれた人だけを捉える薬物では
ない」とバーモント州知事は警告する。生徒・学生・スポーツ選手
など全ての人が危険に曝されている。 

  


Posted by 伝兵衛 at 15:05Comments(0)薬物依存症

2014年03月15日

田舎の町の薬物地獄inアメリカ(写真集)(中)

下記サイトに写真11枚:
http://www.sueddeutsche.de/panorama/drogen-in-den-usa-drogenhoelle-kleinstadt-1.1886937
写真4. バーモント州に別荘を借りている人は多い。山を
歩き、釣りをするためだ。セント・ジョンベリーの町はそう
ではない。ここは 薬物売買と薬物消費の町だ。大都会で
ヘロイン一包は6ドル。田舎では40ドルすることもある。
写真5. この町は州都から約1時間の距離にある。人口は
8000人弱。州知事もヘロインとアヘン依存症について懸念している。
写真6. バーモント州知事 Peter Shumlin は1月に半時間、
バーモントのヘロイン問題について話した。「公開の討議と
支えが知事にとって重要だ。依存症者を罰することは問題
ではない。目を閉じていることは もはや不可能だ。2000年
からバーモント州の依存症者数は7.7倍になった」。
写真7. 知事の談話の続き:毎週、200万ドル以上のヘロインと
アヘンがバーモント州に入ってくる。不法に。
全ての拘置者の80%は 薬物犯あるいは薬物との関わりで
拘置されている。それゆえ 支援と配慮のために より多くの
金が調達されるべきだ。薬物問題をテーマにしたプロジェクトも
後援されている。The Hungry Heartというドキュメンタリ映画は
バーモント州と薬物依存の問題を描写する。この映画で 
依存症者は薬物を買う金を親から盗む。彼は2万ドルを必要と
した。学校で この映画は啓発のために役に立つだろう。
(つづく)

  


Posted by 伝兵衛 at 18:03Comments(0)薬物依存症

2014年03月14日

田舎の町の薬物地獄inアメリカ(写真集)(上)

下記サイトに写真11枚:
http://www.sueddeutsche.de/panorama/drogen-in-den-usa-drogenhoelle-kleinstadt-1.1886937
写真1. ニューヨーカー紙の Spacer Platt は
バーモント州でこれらの写真を撮った。
写真にあるBuckは23歳、ヘロイン依存症。注射するまでは 
スプーンにいれて、あぶって吸っていた。ヘロイン依存は
アメリカで大きな問題になっている。ハリウッドのスター フィリップ・
サイモア・ホフマンが薬物で死に、アメリカでヘロインについての
議論が盛んになった。特にバーモント州はヘロインの
拠点になっている。
写真2. 写真の男 バックはヘロインをよく知っているから 
ホフマンが死んだと言うてもショックは受けていないと言い
張っている。この十年で アメリカのヘロイン依存症者は10倍に
増えた。アメリカ全土で 交通事故の死者よりも ヘロインを
やり過ぎて死ぬ人の方が多い。消費が増えているのは 
メキシコからの密輸が増えていることに よっても説明される。
写真3. これがバックの住む町、バーモント州セント・ジョンズベリ。
アメリカでは 19分に一人が薬物で死んでいる。有名人で
なければ 死んだとて報道されない。俳優ホフマンはメディアで
報じられた。46歳で薬物をやり過ぎて死んだ。解剖の後で 
法医学の広報官は ホフマンはヘロイン・コカイン・アムフェタミン・
ベンゾダイアゼピンを混ぜたものを 摂って死んだと述べた。
問題は 薬物が日常的なものになっているということだ。どこの
街角でも買える。宅配便で買える。ピザのように家に配達してくれる。
(つづく)

写真 lovefreePhoto  


Posted by 伝兵衛 at 09:52Comments(0)薬物依存症

2014年03月13日

本・薬物依存症理解のための

小学校高学年~中高生向けの本ができました。
近藤恒夫著、ほんとうの「ドラッグ」、講談社 定価1260円。
近藤さんは 日本ダルク 創始者。
学校図書館が買ってくれたら 助かります。

写真 by SACHI

  


Posted by 伝兵衛 at 11:13Comments(0)

2014年03月12日

非行・電話相談は

NPO非行克服支援センターもあります。
★電話相談 03-5348-7699
相談日 毎週 火・木曜 2~6pm
★ 面接相談(予約制) 予約は 03-5348-6996へ
平日 1~6pm
相談料 30分2500円(電話相談も有料だと思う)。

  


Posted by 伝兵衛 at 08:08Comments(0)少年非行

2014年03月11日

「非行」を考える全国集会@柏市

2014年3月21日(祝・金)~22日(土)
千葉県柏市 さわやかちば県民プラザ
21日:講演と体験談
両日 分科会あり。薬物と青少年・暴力団と子どもたち・
ギャンブルや摂食障害などの分科会もあります。
参加費 6000円、一日のみの参加は4000円。
締め切り3月12日。
問い合わせ:「非行」と向き合う全国ネット
03-5348-7265
メール:ameagari@cocoa.ocn.ne.jp

  


Posted by 伝兵衛 at 13:58Comments(0)少年非行

2014年03月10日

売春博物館inアムステルダム(下)

一日に6時間で一人の娼婦が 娼館に払う部屋代は 
約150ユーロ。
客一人につき30~50ユーロの収入になる。
博物館の設立者のひとり Melcher de Wind は「娼婦は
普通の職業であることを 私達は示したい」と言う。しかし 
現実は しばしば そうには見えない。アムステルダム
市役所の見積もりで 約千人いるとされる娼婦の多くは 
強制的に働かせられていて、人身売買と暴力の犠牲者である。
(つづく)
下記サイトから:
http://www.spiegel.de/panorama/gesellschaft/amsterdam-erster-prostitutions-museum-der-niederlande-eroeffnet-a-951991.html 

写真 by SACHI  
タグ :オランダ


Posted by 伝兵衛 at 16:50Comments(0)売春

2014年03月09日

売春博物館inアムステルダム(写真集)

下記サイトの写真 左にある←をクリックすると 写真9枚:
写真1. 博物館正面。この女性はディスプレイにあるだけ。本物でない。
2. 窓のところに娼婦は立って、客を待つ。
3.4. 部屋を覗く男もディスプレイにあるだけ。
5. 標準的な値段で入れる部屋。タイル貼りのベッド。
6. 金を払えば最上級の部屋へ。
7. 写真 左側は20世紀初めの娼婦。かなり貞淑にみえる。右側のは今の娼婦。
8. 右端は博物館。隣は本物の娼館。
9. アムステルダムの娼館街で 約1000人の娼婦が働いている。
http://www.spiegel.de/panorama/gesellschaft/amsterdam-erster-prostitutions-museum-der-niederlande-eroeffnet-a-951991.html 
(つづく)

写真 by SACHI  


Posted by 伝兵衛 at 16:47Comments(0)売春