QRコード
QRCODE


和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる




[PR]ワインをお求めなら、
うきうきワインの玉手箱
[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
伝兵衛
伝兵衛
オーナーへメッセージ

2007年04月29日

更正保護法案・27日に可決

犯罪や非行に走った人たちを社会に復帰させる
仕組みを抜本的に見直す 「更生保護法案」が27日
の衆院法務委員会で、自民、公明の賛成多数で可決された。
今国会で成立する見通し。刑務所や少年院を仮釈放・仮退院し
た人の保護観察を強化。
保護観察中の人が義務を守らないと仮釈放を取り消すなど「再発防止」の
方狗に大きく踏み出した内容だ。参考人や野党から修正々求める意見が出
る中で、与党は2日間、計7時間の審議で 採決を強行した。
以上 朝日新聞4月28日から。

★家出して 都会の裏社会で 組織の 「つかまりそうな事は 未成年者に
やらせよう」という 方針のもとで 不法行為を して生きている 少年に
ついて、親は なんとか 足を 洗ってくれと 願い、捕まらないで いてくれと
言う 気持ちと 早く軽い罪で 捕まって 医療少年院に 入れてもらえば、
今なら 良くなる かも知れん という気持ちが 交錯します。
地方に そういう専門医は いないようで、 手遅れに なってのちに
捕まって 日本に 何箇所しかない 医療少年院に すがるのは 順序が 
逆さまで ないかいな と 思います。
  


Posted by 伝兵衛 at 18:40Comments(2)

2007年04月27日

ひと様の体験から自分を見つめる

精神的に疲れてくると 周囲に目を向ける 余裕がなくなって、
自分だけの世界に 閉じこもりがち になる。自分の限られた
解決法だけ しか頭に 浮かばなくなり、先に進めない。
このような雑誌を 通して他の人が 困ったときにどのように
考え行動しているかを知ることが できると助かる。
直接のヒントに なることも あれば、自分の考えを 少し
客観的に見つめ直すきっかけになることもある。
  (慶応義塾大学保健管理センター教授  大野 裕)
以上は 「メンタルヘルスマガジンこころの下に+(プラス)」という
雑誌の創刊号に ついて 書かれた 記事からの 引用。
日経新聞4月24日。

★非行の子どもとの 付き合いで 疲れ果てた時に 自分の世界に
閉じこもったことは なかったけれど、専門家も どうしていいか
わからない ように 見受けられた。1年ほど経って これは
幼児期に起因する 病気に基づくのでなかろうかと言う おぼろげな
手がかりを インターネットで 得た。そのまた1年後に 親の会へ
行ったらいいと 勧めてくれる方に 会えた。
すいぶん 暇が かかったものだ。
  


Posted by 伝兵衛 at 16:08Comments(0)

2007年04月18日

少年院送致・12歳以上に

政府・与党は16日 家裁の判断で 少年院に送致できる年齢の下限を 
現行の「14歳以上」から「12歳以上」に 引き下げる 修正内容で 
合意。...今月中にも衆院を通過する運びとなった。
以上 日経新聞4月17日から引用。

★3月に 地元中学に入学する 直前の 男の子が 図書館内で 
病弱な 女の子を 追廻したうえ 殴る蹴るの 暴行を くわえました。
その男の子は 12-13歳。警察から 児童相談所へ 書類が 送られました。
しかし 児相は 忙しいから 彼に多くのことを することは できないだろうと 
思います。

中学 1学年に 20人も 非行少年が いると 生徒指導の先生2人
では とても 対応できない。
児相も 警察も 人手不足です。
中学で 非行を 続けても 3年経てば 卒業し 勉強していなくても 
高校へ はいる。ただ 高校は 中学と違って 厳しいから 夏休みまでに 
大抵の非行少年は 退学する。
非行グループのうちの 指導者は 中学を でたあと 大きい事件を
起こし 鑑別所や 少年院へ はいる。
一方 パシリは 大事を 起こさないだけで 闇の社会へ はいる人も多い。
生活習慣病を 予防したほうが いいのに、ほっといて 入院するのを 
待っているような ものです。
親が 悪いと 言われるのですが。
  


Posted by 伝兵衛 at 09:30Comments(0)

2007年04月14日

ビッグイシュー(失業者支援雑誌)日本版代表佐野章二

産経新聞4月9日(月)-13日(金)の「話の肖像画」という続き物に
「路上からの人生挽回事業」が でています。
ビッグイシュー日本版代表佐野章二さんへのインタビューです。
この月刊誌は 天王寺や難波の 路上で売られています。
立ち売りする 販売員は50-60歳代の失業者。
ロンドンの ビッグイシュー販売員は 30歳代前半で 失業者というより
社会に適応できなくて、麻薬やアルコールに 依存している人。
ロンドンの ビッグイシューは 治療の手助けを する。
日本版の 趣旨は ホームレスの救済でなく 仕事を提供する社会的企業。
日本版は 3周年を過ぎて いま新たに
1.生活自立 2.就業 3.文化スポーツ活動
という三つの 事業支援プログラムから なる 非営利の基金を 設立する
ことを 考えている。
★非行の先に ホームレスに 至るとしたら つらい。
  


Posted by 伝兵衛 at 09:13Comments(0)

2007年04月07日

養護施設@和歌山市内・暴行事件続報

3月22日のblogに書いた事件について 週間朝日4月13日号は 
さらに詳しく報道しています。凄まじい虐待を 継続して 受けていた
少年に 何とか 手当てしてと 思います。
下記でも その記事を 読めます。
http://escapeorgoodfight.blog85.fc2.com/blog-entry-143.html
  


Posted by 伝兵衛 at 10:08Comments(0)

2007年04月05日

赤ちゃんポスト@熊本/里親里子

下記ブログに 「赤ちゃんポスト問題 保護して どう育てる?」
という 東京新聞 4月2日の記事が テキスト化されています。
家庭養護促進協会(大阪、神戸)のケースワーカー 米沢普子(ひろこ)さんと
同会事務局長 橋本明さんの インタビュー。里親里子について。
生後まもなく施設に 入れられた子どもには 後で 愛着障碍 適応障碍
などと 言われる困難を もつに至る子が いて、成人ののちも 苦労します。
そのうち 一部の子は 思春期に 非行グループに 入ります。
お読みください。
http://escapeorgoodfight.blog85.fc2.com/page-1.html
  


Posted by 伝兵衛 at 18:09Comments(0)