QRコード
QRCODE

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
伝兵衛
伝兵衛
オーナーへメッセージ

2017年09月24日

新売春法@ドイツ(5


他方ではドイツ連邦性的サービス提供連盟
(BSD)や強制売春の犠牲者を支援する組織も
新売春法を好ましく思っていない。強制売春の
犠牲者支援組織(Sowoldi und Sisters)は
「データ保護について法的に憂慮すべきだ」と
考え、この法について憲法上の抗告を提出す
る意向である。そして強制売春と人身売買の
犠牲者のための保護措置は十分でないと考え
ている。
「売春はサービス業ではない。売春は暴力だ」
と上記のSowoldeの設立者の
Lea Ackermannは言う。女性にとっての届け
出義務・コンドーム義務・娼館経営者のための
付帯条件などにより規制する つもりであって
も それは官僚的化け物を作ることになる」と
彼女は予言する。
(つづく)
下記サイトから:
http://www.dw.com/de/erst-anmelden-dann-anschaffen/a-39489735


  


Posted by 伝兵衛 at 17:12Comments(0)売春

2017年09月23日

新売春法@ドイツ(4


売春から転向することを助言するSilviaは届け
出義務を恣意的な強制だと考えている。「なぜ
女性たちは税務署に行って届け出できないのか。
行政局(登録・許認可を行う)で届け出するこ
とは女性たちに汚名を着せることになり、女性
を犯罪者扱いすることになる」とシルビアは思
う。「売春が違法行為とされるから それは
危険なことだ」。
しかし新売春法について全てが悪いというわけ
ではないとシルビアは考える。たとえばコンド
ーム使用義務をドルトムントの全ての娼館は
強く支持している。「売春の営業にあたって
免許を受けることが義務づけられたことも悪い
ことではない」。(つづく)
下記サイトから:
http://www.dw.com/de/erst-anmelden-dann-anschaffen/a-39489735


写真提供:SACHIさん  


Posted by 伝兵衛 at 15:27Comments(0)売春

2017年09月22日

新売春法@ドイツ(3


売春街には届け出義務への不安が広がって
いる。「恐慌状態になっている」と売春から抜け
た女性に助言するドルトムントの伝道組織の
Silvia Vorhauser は言う。多くの女性はこの改
革を心配している。「私は届け出できない。そう
いう証明書を持って歩けない。そうなると 辞め
る他ない」と言うのが彼女たちの言い分だ。
売春から転向することを助言するSilviaは届け
出義務を恣意的な強制だと考えている。
(つづく)
下記サイトから:
http://www.dw.com/de/erst-anmelden-dann-anschaffen/a-39489735


  


Posted by 伝兵衛 at 16:13Comments(0)売春

2017年09月21日

新売春法@ドイツ(2


この法が施行されると、娼婦は届け出義務を
負い、公共の健康サービスにおいて医療上の
助言を受けなければならない。衛生・空間・
健康について最小義務を満たしている場合に
与えられる許可証を 売春業経営者は必要と
される。
新売春保護法によると 均一料金娼館・レイプ
パーティは禁止される。金のやりとりを伴う
グループセックス(一人の女性が複数の男性に
同時にサービスする)も禁止される。コンドー
ム無しも禁止。その他に 客が知りながら強制
売春のサービスを利用した場合は客は罰せられ
る。(つづく)
下記サイトから:
http://www.dw.com/de/erst-anmelden-dann-anschaffen/a-39489735


写真提供:SACHIさん  


Posted by 伝兵衛 at 16:17Comments(0)売春

2017年09月20日

新売春法@ドイツ(1


新売春法により 管理・付帯条件・罰が多くな
った。この法により 搾取と人身売買と闘うこ
とになる。売春街にとって この法は受け入れ
にくい。
「売春業の規制および売春に従事する人々の保
護のための法律」は2017年7月1日に発効した。
この法により ドイツで性によって金を稼ぐ
ことは前より複雑になる。娼婦も娼館も前より
厳しく管理されるようになる。「ドイツでは
娼館を開くよりも、フライドポテトの屋台を
開く方が難しい」と1年前の連邦家庭大臣の
Manuela Schesig は 連邦議会にこの法案を
紹介したときに言った。人の尊厳をないがしろ
にする条件のもとで ドイツでは多くの娼婦が
働いている。どんな条件のもとで 娼館が営業
するかについて 誰も監督していない、と大臣
は言う。(つづく)
下記サイトから:
http://www.dw.com/de/erst-anmelden-dann-anschaffen/a-39489735


  


Posted by 伝兵衛 at 18:22Comments(0)売春

2017年09月19日

窃盗症の治療(1


日本経済新聞2017年9月11日夕刊から抜粋:
見出し:窃盗症 治療につなげる。司法も
認識、処分で考慮。再犯防止へ回復支援。
◎生活に困っているわけでも ないのに万引き
を繰り返すクレプトマニア(病的窃盗あるいは
窃盗症)の人を身内に持つ家族が支え合うため
の定例の当事者会が東京で開かれている。女性
を中心に10人近い人たちが集まる。
クレプトマニアは精神疾患の一つと定義される。
盗もうとする衝動に抗しきれず、やめることが
できない。女性に多く、摂食障害と併存するこ
とも しばしば ある。
その支援組織が一般社団法人「アミティ」(東
京・世田谷)。家族会もその一環だ。
様々な依存症治療で知られる大森榎本クリニッ
ク(東京・大田区)でも 治療を受ける条件で
裁判での情状を考慮された窃盗癖患者に対する
治療プログラムを作年12月から始めた。


  


Posted by 伝兵衛 at 09:27Comments(0)窃盗強迫症

2017年09月18日

薬物禁止でなく制御へ@ドイツ(9,最終回


◎記者の問い:今後しなければ ならない事の
うち何が最上位にあるか?
◎答え:特定の薬物に関して知的な制御をやり
とげなければならない。今 私達がしている事
は青少年保護と無縁だ。売人は普通、買い手が
18歳であるか どうか尋ねない。買い手がその
麻薬を買う気があるということが確かか どう
かも尋ねない。売人は消費者保護の助言を与え
ない。売人は ただ麻薬を売りたいだけだ。
麻薬は通常 薄められていて、純粋な成分は
わずか約5%だ。麻薬禁止によって業界は活気
づき、売人は最高値を求める。要点は次の事
だ:禁止するという考えを捨てなければならな
い。禁止は何の役にも立たない。非生産的だ。
知的な制御モデルを論議して、それに変換しな
ければならない。これが私のしなければならな
い事柄のリストの最上位にある。(おしまい)
Heino Stoeverはフランクフルト応用科学大学
の社会科学的嗜癖研究の教授。 
下記サイトから:
http://www.dw.com/de/tag-gegen-drogenmissbrauch-durch-prohibition-wird-das-geschaft-befeuert/a-39419899


  


Posted by 伝兵衛 at 17:12Comments(0)中欧事情薬物依存症

2017年09月17日

ヘロイン依存・薬物使用室の運営@ドイツ(5


◎記者の問い:薬物使用室は役にたっている?
◎答え:はい。薬物使用室にかかわる人達は
薬物の扱いについて指導を受け、訓練されなけ
ればならない。あるいは使用者が この薬物を
お互いに注射できるように 取り計らわなけれ
ばならない。筋肉注射で入れるか 今は市場に
出回っているスプレーで鼻へ入れるかだ。
(つづく)
下記サイトから:
http://www.dw.com/de/tag-gegen-drogenmissbrauch-durch-prohibition-wird-das-geschaft-befeuert/a-39419899


  


Posted by 伝兵衛 at 11:51Comments(0)薬物依存症回復支援

2017年09月16日

ヘロイン依存・薬物使用室の効用@ドイツ(4


◎記者の問い:麻薬使用室を設置することに
どんな効用があるか?
◎答え:フランクフルトの例をあげると、ある
薬物使用室で誰かが麻薬を盛り過ぎると、その
人は直ぐに もっとやれと元気づけられる。別
の薬物使用室を紹介される。これが第一の効用
だ。二つ目の効用は薬物依存症者のいる世帯の
すべてにNaloxonを備えなければならないという
ことだ。これは解毒剤であり、救急医療におい
て投薬される。これはヘロインの効力を即座に
ゼロにする。オピオイドを受容体から引き離す。
それで人は酔いが さめる。(つづく)
下記サイトから:
http://www.dw.com/de/tag-gegen-drogenmissbrauch-durch-prohibition-wird-das-geschaft-befeuert/a-39419899


  


Posted by 伝兵衛 at 17:43Comments(0)中欧事情薬物依存症

2017年09月15日

ヘロイン依存・薬物使用室設置@ドイツ(3


◎どの薬物が使用者数リストの上位にあるか◎
フランクフルトで最も消費者の多いのはヘロイ
ンとクラック(高純度の結晶上コカイン)だ。
他の都市ではヘロインだけが上位にある。これ
らの薬物は注射するか あぶって吸う。ドイツ
で24の薬物使用室がある。しかし これは6州
に限定されている。他の10州は薬物使用室の
ための法的根拠を作っていない。この室を開設
するには「薬物使用室の政令(条例)」が必要
だ。法により、どのような型を展開するかが
決まる。(つづく)
下記サイトから:
http://www.dw.com/de/tag-gegen-drogenmissbrauch-durch-prohibition-wird-das-geschaft-befeuert/a-39419899


  


Posted by 伝兵衛 at 11:28Comments(0)中欧事情薬物依存症

2017年09月14日

薬物濫用・青少年の場合・犯罪化(2


薬物使用者を刑法により犯罪者として処分する
例は増えている。麻薬不法行為の80%は麻薬
使用についての不法行為である。そのうち40%
は青少年と年長少年(18~20歳)である。すな
わち多くの青少年を刑法による犯罪者として
処分している。そして警察の捜査によって特に
若い人々に かなりの汚名を着せる危険がある。
彼らは大麻常用者とか麻薬常用者という烙印を
押される。このように烙印を押されてしまうと
彼らは後になって、相談所へ行ったり、治療を
受けに行ったりすることを 要求しなくなる。
彼らは警察に押しつけられる。(つづく)
下記サイトから:
http://www.dw.com/de/tag-gegen-drogenmissbrauch-durch-prohibition-wird-das-geschaft-befeuert/a-39419899


  


Posted by 伝兵衛 at 14:32Comments(0)薬物依存症

2017年09月13日

薬物濫用・酒/薬物濫用阻止記念日(1


2017年6月26日発:
薬物濫用阻止国際記念日にあたり 薬物使用を
犯罪とすることが なぜ機能しないのか、そし
て その代わりに何が必要かを 嗜癖(病的欲
求)の専門家 Heino Stoever は説明する。
◎記者の質問:酒は合法的麻薬である。以前は
極端に多くの酒を飲む若者がいた。昏睡になる
まで酒を飲む状況は変わったか?
◎Stoeverの答え:当然 前のように そういう
人はいる。ちびちび飲んだり、すこし酔いたい
という若者はいない。まず第一に、若者は酔う
ために飲む。他方、大人は たとえばワインの
味を楽しむことが大切だと言う。これは当然
基本的な違いである。全体としては昏睡になる
まで飲む あるいは 暴飲することは減った。
(つづく)
下記サイトから:
http://www.dw.com/de/tag-gegen-drogenmissbrauch-durch-prohibition-wird-das-geschaft-befeuert/a-39419899


  


Posted by 伝兵衛 at 17:17Comments(0)アルコール依存

2017年09月12日

けわしくない山@ミュンヘン


小学生でも歩ける山の写真。
下記サイトに写真10枚:
http://www.sueddeutsche.de/bayern/muenchner-hausberge-wo-kinder-gerne-wandern-1.2991128-4
JR駅の駐車場から切符売場まで歩いて腰砕けが
起きたりして、もう電車に乗るのも諦めた。
なので もうドイツへ行くこともない。


写真提供:SACHIさん  


Posted by 伝兵衛 at 20:32Comments(0)

2017年09月12日

路上生活の回想(14,最終回


路上にいた時代は彼をほとんど変えなかった。
彼は前よりも注意深くなった。そして生活に
必要なものを それほど重要だとは思わなく
なった。転落前の生活のことを彼はあまり考え
ない。昔のことを考えることを できるだけ
避けようと努力している。苦労しないで朝起き
上がり、背を曲げたりすることは もうできな
い。脊椎の痛みと無感覚の左脚は あの出来事
を思い起こさせる。しかし4年前と同じような
大きい転換であっても、うまくやって行けると
彼は思う。もっとも難しい一歩は既に踏み出し
た:娘に自分の天命を語った。(おしまい)
下記サイトから:
http://ze.tt/einmal-obdachlosigkeit-und-zurueck-wie-udo-die-zeit-auf-der-strasse-ueberstand/?utm_campaign=zonparkett&utm_medium=parkett&utm_source=zon6


  


Posted by 伝兵衛 at 17:24Comments(0)路上生活

2017年09月11日

路上生活の回想(13


◎別の生活への出発◎
ウードが路上生活していた年月について話した
とき、彼はこの時期に決して希望を捨てなかっ
たということに 私は気づいた。彼はこの時期
のことを堂々と威厳をもって語った。諦めの気
持ちも持たず、不機嫌にも ならなかった。
彼は自分の境遇の中で最善を尽くした。何と言
うても その境遇は ある程度は自分で選んだ
ものだから。彼は自身の転落について しばしば
語る。転落が困ったことだったと語るわけでも
ないし、詳細を語って 格好をつけることもな
い。人生の転落が今は過ぎたように思えるので
そう振る舞えるのかも知れない。(つづく)
下記サイトから:
http://ze.tt/einmal-obdachlosigkeit-und-zurueck-wie-udo-die-zeit-auf-der-strasse-ueberstand/?utm_campaign=zonparkett&utm_medium=parkett&utm_source=zon6


  


Posted by 伝兵衛 at 17:11Comments(0)路上生活

2017年09月10日

路上生活からホステルへ・定期収入(12


私が彼の部屋に入ったとき すぐに彼は雇用
契約書を私に見せてくれた。彼が今の仕事を
誇りに思っているのだと言うことが私にも分か
った。ウードは4月から定期収入を得て、ホス
テルのまともなベッドに寝ることができた。
4年ぶりのことだった。新しい服を買うことが
できて、行きたいときにトイレに行け、ホステ
ルの部屋が寒すぎると暖房を入れることができ
る。「とても感謝している」。来年 生命保険
の満期が来たら、ホステルから出て、ついに
マンションを借りることができる。(つづく)
下記サイトから:
http://ze.tt/einmal-obdachlosigkeit-und-zurueck-wie-udo-die-zeit-auf-der-strasse-ueberstand/?utm_campaign=zonparkett&utm_medium=parkett&utm_source=zon6


  


Posted by 伝兵衛 at 15:42Comments(0)路上生活

2017年09月09日

路上生活・旧友が就職の世話を(11


マルクはある日、仕事を終え、テレビをあちこ
ち見ているうちに偶然ドキュメンタリーに行き
あたった。主題はベルリンのホームレスだった。
ウードは中心的人物の一人だった。マルクは
自分の目を信じることが できなかった。彼は
すぐにベルリンへの航空券を予約した。次の日、
彼はタブレットを手にして シュプレー川沿い
に歩いた。そのTVを幾度も見て、ウードが何処
に住んでいるのかを理解することができた。
手がかりは大きな落書きだった。ウードのテン
トの後ろの壁に誰かが描いたものだ。
それから後は うまく行った。マルクは親しい
ホステル経営者に頼みこんで、ウードを雇って
もらった。ウードはホステル付属のカフェを
改善し、ホステルのイベント会場でパーティ、
コンサート、芸術の催しを手配した。(つづく)
下記サイトから:
http://ze.tt/einmal-obdachlosigkeit-und-zurueck-wie-udo-die-zeit-auf-der-strasse-ueberstand/?utm_campaign=zonparkett&utm_medium=parkett&utm_source=zon6


  


Posted by 伝兵衛 at 11:44Comments(0)路上生活

2017年09月08日

性的少数派の祭・お知らせ他


チーム紀伊水道から:
次回交流会の日時等を下記の通りおしらせ致します。
----------
■2017年9月橋本市交流会■
【日時】
2017年9月21日(木)19時~21時(途中入退場自由)
【場所】
橋本市高野口公民館2階会議室3・4
(和歌山県橋本市高野口町名倉813-2)
【参加費】 1人500円
・お茶やお菓子代・会場費等に充てます。
・お金に困窮している人は免除も可です。ご相談ください。
・学生は無料です。
【参加資格】
チーム紀伊水道正会員及びチーム紀伊水道に参加したい・セクシャルマイノリティを理解したい気持ちを持つ人(当事・非当事不問)。
【事前連絡】
不要です。気が向いたら気が向いた時間においでくだされば結構です。
----------
交流会と言っても堅苦しいものではありません。当事者ならではの悩み(自分の性別や性指向のあり方、身体のこと、治療について、仕事や人間関係、恋愛についてなど…)からうちのなこや今日の晩ごはんまで、話したいことを話したいように話し合う交流会です。
当事者ではない方にはセクシュアルマイノリティについての疑問を解消する場として御利用頂くのもいいでしょう。
参加資格者であれば、飛び入り参加、ご家族やご友人とご一緒の御参加歓迎です。
----------
■□■そのほかの予定□■□
----------
■2017年10月和歌山市交流会■
【日時】
2017年10月1日(日)13時~17時(途中入退場自由)
【場所】
和歌山市中央コミュニティセンター活動室(6)(和歌山市三沢町1-2)
【参加費】 1人500円
・お茶やお菓子代・会場費等に充てます。
・お金に困窮している人は免除も可です。ご相談ください。
・学生は無料です。
【参加資格】
チーム紀伊水道正会員及びチーム紀伊水道に参加したい・セクシャルマイノリティを理解したい気持ちを持つ人(当事・非当事不問)。
【事前連絡】
不要です。気が向いたら気が向いた時間においでくだされば結構です。
----------
■次回の田辺市交流会は11月開催を予定しています。
詳細決定しましたらwebサイト・ブログ・Twitter・facebookで逐次告知しますので、ご確認ください。
----------
■ご寄付をお願いしています■
チーム紀伊水道のこ活動のためのご寄付をお願い致します。1円から受け付けております。手渡しまたは銀行振込で。
お振り込みくださった場合は、お手数ですがお手続きの後に、ご寄付くださった旨をメールにてご連絡くださいませ。

*お振込先はこちら*
紀陽銀行 橋向支店 普通728950 特定非営利活動法人チーム紀伊水道
----------
■レインボーフェスタ和歌山2017開催
チーム紀伊水道が協力させて頂いている和歌山初のレインボーフェスタが9月に開催されます。
性的少数者をはじめ、社会で少数派とされている人たちを盛り上げていこうというお祭りです。多様性を尊び、互いの違いを認め合える和歌山を目指して、みんな「いっしょくた」に楽しみましょう。

【日程】2017年9月23日(土・祝)24日(日)両日10:00~16:00
【場所】和歌山城 西の丸広場(和歌山市役所正面) 
【予定内容】
・啓発パンフレットの配布・相談受付(本部)
・ステージでミニ講演会・音楽ライブやダンスパフォーマンス等
 虹組ファイツ・NSM=・DXハンター、和歌山初ライヴ!
・出店ではおいしいもの・雑貨・フリーマーケットなど
・その他各種ブース出展あり。
【入場無料】見るだけならタダ!
 
◆情報は順次、facebook、Twitter、及び公式webサイトでお伝えしています。ときどき覗いてみてください。
・公式webサイト : http://rw.chobi.net/
・Twitter : https://twitter.com/RainbowIshokuta
・facebookr : https://www.facebook.com/rainbowfestawakayama/

◆広報イベント・和歌山ビッグホエールが虹色にライトアップされます!
2017/9/16(土)からレインボーフェスタ和歌山2017終了まで、クジラのかたちの多目的ホール、和歌山ビッグホエールが虹色に光ります。
滅多にない、めずらしくてきれいな光景。ぜひご覧ください。
----------
【Twitterあります】
Twitterはじめました。Twitterアカウントをお持ちの方はフォローしてください。
https://twitter.com/kii_suidoh
----------
【facebookコミュニティあります】
チーム紀伊水道のfacebookコミュニティのページができました。
https://www.facebook.com/kii.suidoh
----------
【mixiコミュニティあります】
チーム紀伊水道mixiコミュニティも稼働しています。
http://mixi.jp/view_community.pl?id=2553412
-----------------------------------
特定非営利活動法人チーム紀伊水道
http://kii.coron.jp/(PC)
kii.suidoh@gmail.com


  


Posted by 伝兵衛 at 12:19Comments(0)性少数派

2017年09月07日

路上生活・旧友がテントへ(10


◎古い友がテントへ来てくれた◎
3月のある日にウードの生活は二度目の激変を
迎えた。彼はテントの中にいて、橋の上のいつ
もの場所へ乞食のために出かける用意をして
いた。そのとき「ウードか?」という声が聞こ
えた。テントの中から彼は「はい」と答えた。
なんとなく聞いたことの あるような声に思え
た。しかし彼はテントを開ける気は しなか
った。その声は段々、近づいてきて「ウード
そこに居るのかい?」と言った。直ぐに思い出
した:「マルクか?」。ウードはテントを開け
て友の前に立った。ミュンヘンで20年前に知り
合った人だ。ウードはマルクに ここで何を
しに来ているのか尋ねた。「君を路上生活から
連れ戻しに来た」。二人の頬に涙が つたった。
(つづく)
下記サイトから:
http://ze.tt/einmal-obdachlosigkeit-und-zurueck-wie-udo-die-zeit-auf-der-strasse-ueberstand/?utm_campaign=zonparkett&utm_medium=parkett&utm_source=zon6


  


Posted by 伝兵衛 at 09:38Comments(0)路上生活

2017年09月06日

イコラ・ブログ安泰


北山村役場の運営する「村ぶろ」は不景気の
ため、そして若い人のブログ離れのため来年
5月に閉鎖されますが、ikoraブログは 地元
に有力なスポンサーが居てくれて 気づかい
ない、と今日 聞きました。
奥山に捨てられそうになった犬を ikoraに
ブログ書いている方に救出していただいたり、
仰山 育ててきた盆栽を高齢のため 世話で
きなくなり 切って捨てると言う方と ikora関
連の御方とが ブログのお陰で連絡とれて
ある庭園が20鉢ほど引き取って下さったりした
こともありました。


写真提供:村ぶろの おとん様  


Posted by 伝兵衛 at 18:59Comments(0)