QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
伝兵衛
伝兵衛
オーナーへメッセージ

2017年09月28日

依存症は本人の意思ではどうにもならん


上村忠男、”中動態の世界”、月刊みすず、
2017年9月号 p.52~53.から抜粋。

インド・ヨーロッパ語族の動詞の態に、能動態
と受動態以外に「中動態」と呼ばれる態がある。
國分功一郎の新著「中動態の世界--意思と責任
の考古学』(医学書院、2017年)はエミール・
ぺバンヴェニストに依拠しながら、意志および
責任の倫理にまつわる問題との関連で「中動態」
の世界を論じる。
 本書の冒頭には、薬物・アルコール依存症の
女性をサポートするダルク女性ハウスの代表
で、自身もアルコール依存の経験がある上岡
陽江とのやりとりをもとにしたという架空の対
話が「プロローグ」として置かれている。
そのなかで、上岡とおぼしき女性から依存症患
者の話しを聞いた國分とおぼしき男性が
<<そういう話しを聞くと、どうしても「しっ
かりとした自己を確立することが大切だ」と思
ってしまう自分がいるんですが・・・》と率直
な感想を述べる。すると、女性のほうでは
<<まあ私たちっていつも、「無責任だ」「甘
えるな」「アルコールもクスリも自分の意志で
やめられないのか」 って言われてるからね》
と応じたうえで、《アルコール依存症、薬物依
存症は本人の意志や、やる気ではどうにもでき
ない病気なんだってことが目本では理解されて
ないからね》とそうした言葉が投げかけられる
理由を説明する。そして男性が<<でも、やっ
ぱりまずは自分で「絶対にもうやらないぞ」と
思うことが出発点じやないのかって思ってしま
う》と述べたのにたいして、女性のほうでは
<<むしろそう思うとダメなのね》と答える。
《しっかりとした意志をもって、努力して、
「もう二度とクスリぱやらないようにする」
って思ってるとやめられない>>というのであ
る。
このプロローグからは、本書執筆の動機がどこ
にあったのかがわかる。「あとがき」には
<<「責任」や「意思」を持ち出しても、いや
それらを持ち出すからこそ どうにもできなく
なっている悩みや苦しさが そこにはあった>>
ともある。


  


Posted by 伝兵衛 at 14:55Comments(0)薬物依存症回復支援

2017年09月17日

ヘロイン依存・薬物使用室の運営@ドイツ(5


◎記者の問い:薬物使用室は役にたっている?
◎答え:はい。薬物使用室にかかわる人達は
薬物の扱いについて指導を受け、訓練されなけ
ればならない。あるいは使用者が この薬物を
お互いに注射できるように 取り計らわなけれ
ばならない。筋肉注射で入れるか 今は市場に
出回っているスプレーで鼻へ入れるかだ。
(つづく)
下記サイトから:
http://www.dw.com/de/tag-gegen-drogenmissbrauch-durch-prohibition-wird-das-geschaft-befeuert/a-39419899


  


Posted by 伝兵衛 at 11:51Comments(0)薬物依存症回復支援

2017年03月29日

断薬から始まる闘い


朝日新聞 2017年3月27日「患者を生きる」
物依存症・読者編(1)から抜粋:
下記サイトで有料で読むか、図書館で読んで
ください。読者編は5回 連載。
「患者を生きる」の連載は 有料の医療
サイトアピタルで読める:
http://www.asahi.com/apital/
「依存症」シリーズの届いた反響:
1.薬物依存症者から:
薬物を17年間つづけた人の通う病院の見解は
すべての依存症は完治しない、というものだ。
何十年と断薬していても、欲求が全くなく
なることはない。完治することはない。だから
「回復」を目指せ、と言う。
2. 薬物を使う男から離れた女性の話し:
依存症の人たちの話しをきくと、かつて
依存症だった人の手助けが効果的なようだ。
依存症から抜け出せた人なら、今苦しんで
いる人にどんな言葉をかけたらいいのか、
逆にそっとしておいてほしいのか、その人の
気持ちが よくわかるからだと思う。


写真提供:lovefreePhoto
  


Posted by 伝兵衛 at 12:12Comments(0)薬物依存症回復支援

2017年03月18日

薬物依存症・支援


朝日新聞 2017年2月10日「患者を生きる」
から抜粋。下記サイトで有料で読める。
あるいは図書館で読んでください:
覚醒剤で検挙されるのは毎年約1万1千人で
覚醒剤の再犯率は6割を超える。
治療は通院が一般的で、幻覚・妄想・興奮など
の急性症状があれば入院の対象となる。覚醒
剤急性症状は向精神病薬で比較的速く解消
できる。患者は栄養不良になっているので
体調の管理が必要だ。
薬物をやめられないことに対しては、ものの
考え方を修正して行動を変えることを目的と
した認知行動療法が基本になる。SMARPPプロ
グラムが2016年から公的医療保険の適用に
なった。16年末時点で全国29ヶ所の医療機関
と30ヶ所の精神保健福祉センターで実施され
ている。
回復するには 医療機関だけでなく、自助
グループや回復支援施設の役割も大きい。
薬物依存の自助グループはNAが代表的だ。
回復施設は日本では1985年に初めてダルクが
できた。今では ダルク以外の施設もある。
日本ダルクの近藤恒夫さんは「孤立こそ再
使用の原因。当事者が周りにいて、ひとり
ぽっちにさせないことが回復につながる」と
訴える。
「患者を生きる」の連載は 有料の医療サイト
アピタルで読める:
http://www.asahi.com/apital/


  


Posted by 伝兵衛 at 17:06Comments(0)薬物依存症回復支援

2017年03月17日

薬物依存症・入院から回復支援施設へ


朝日新聞 2017年2月8日「患者を生きる」
から抜粋。下記サイトで有料で読める。
あるいは図書館で読んでください:
覚せい剤で ついに底をついたマキさんは
2012年 奈良の薬物依存症者回復支援組織を
訪ねた。そこでの提案により大阪府富田林の
汐ノ宮温泉病院に三ヶ月入院した。幻覚や
妄想はなくなり、生活リズムを取り戻した。
退院の日に回復支援組織のスタッフが病院
まで迎えに来た。
「患者を生きる」の連載は 有料の医療サイト
アピタルで読める:
http://www.asahi.com/apital/


  


Posted by 伝兵衛 at 13:22Comments(0)薬物依存症回復支援

2017年03月08日

映画「トークバック 女たちのシアター」


ドキュメンタリー映画「Lifers ライファーズ
 終身刑を超えて」の監督である坂上香の作品。
テーマは「表現」と「人の変容」です。サン
フランシスコを舞台に、HIV陽性者、元受刑者、
薬物依存の女性たちが演劇を通して、自らの
人生を取り戻していくドキュメンタリーです。
坂上さんの作品には、刑務所や更生施設が
よく登場しますが、それは、罪を犯した人々の
大半が、変容や回復を必要としているから。
また、舞台が海外である場合が多いのですが、
それは日本では見られない先駆的な取組みが
あったり、国内では様々な制約から撮影でき
ないという理由からです。単に海外の成功例
を紹介したいというのではなく、常に日本に
暮らす私たちの課題を見据えながら取材して
います。
下記サイトから:
https://motion-gallery.net/projects/talkback2013
http://talkbackoutloud.com/index.html
★去年 泉南で上映会がありましたが 
あとで知った。


このブログは 特定の組織の広報活動として 書いている
ので ないから アクセスを増やさなくても いいのですが
ブログの中には アクセスを増やすことが お金になる
ブログも あると聞きました。そういうブログも このブログを
クリックして くれている らしい。  


Posted by 伝兵衛 at 09:39Comments(0)薬物依存症回復支援

2017年03月06日

依存症対策 強化・厚労省


日本経済新聞 2017年3月3日から抜粋:
見出し:ギャンブル アルコール 薬物 
依存症、全国に治療拠点
全都道府県・政令市 助言は相談員配置

2017年度に全都道府県と政令市で依存症の
専門医療機関を指定する。
来年度から「依存症相談員」をすべての都道
府県と政令市に一人ずつ配置する。相談員は
患者支援の経験者や精神保健福祉士などの
中から選ぶことを想定している。
★ブログ管理人の蛇足:
和歌山県で依存症の専門医療機関を指定さ
れても 薬物依存については 県内に専門
外来はないので 指定は 患者にとって 
あまり意味は ない。和歌山の依存症者は 
大阪の病院へ行けば いいと言うことだと
思う。 「依存症相談員」は今 県精神保健
福祉センタに おられまして 熱心にして
くれています。しかし 県内に専門医がない
というのは 辛い。


  


Posted by 伝兵衛 at 09:44Comments(0)薬物依存症回復支援

2017年03月05日

「刑の一部執行猶予制度時代の...


「刑の一部執行猶予制度時代のダルクと
その近未来」Freedomセミナー
2016年6月公布、施行された刑の一部執行
猶予制度は、一定期間の刑事施設内処遇の
後、残りの刑期に1年~5年の執行猶予を設け、
従来に比べて長い保護観察期間内に、再犯率
の高い薬物使用者の社会内処遇を実施し
ようとするものである。その運用にあたり
、医療機関のほか、連携団体として薬物依存
回復施設であるダルクもこの制度の一翼を
担おうとしている。このような統治機構との
協働における現状とその近未来について、
この分野に詳しい気鋭の二人の学者を迎え、
その方向性を占う。

講演1 清く正しく生きることが押し付け
られる時代の矯正処遇と社会内処遇
     丸山泰弘 (立正大学法学部准教授)
講演2 参加か動員か――刑の一部執行
猶予制度をダルクはどう受け止めるのか
     平井秀幸  (四天王寺大学人文
社会学部准教授)
パネルディスカッション 司会 倉田めば
(大阪ダルクディレクター)

とき:2017年3月26日(日曜日)13:15~
16:30(13:00開場)
ところ:新大阪丸ビル新館602号室(大阪市
東淀川区東中島1丁目18番27号)
   
参加費:事前申し込み¥1000 当日¥1300
事前申し込み:TEL・FAX:06‐6320‐1463
(Freedom) Mail:freedom7@a1.rimnet.ne.jp

この催しは平成27年に実施された共同募金配分
金を受けて実施されます。住民、寄付者の皆様
に感謝いたします。
講演1 清く正しく生きることが押し付けられる
時代の矯正処遇と社会内処遇
   丸山泰弘 (立正大学法学部准教授)
【プロフィール】龍谷大学大学院博士後期課程
修了(博士〔法学〕)。龍谷大学法学部非常勤講師、
愛知大学法学部非常勤講師、龍谷大学矯正・
保護総合センター博士研究員などを経て、
2011年に立正大学法学部に着任。主な業績
として『刑事司法における薬物依存回復プロ
グラムの意義:「回復」をめぐる権利と義務』
(日本評論社、2015年)、編著として丸山
泰弘編『刑事司法と福祉をつなぐ』(成文堂、
2015年)など。
【報告要旨】 「刑事施設被収容者処遇法」
では薬物依存離脱指導が義務付けされた
と言われる。
また、刑の一部執行猶予制度においても、
薬物使用等の罪を犯した者に対する「再犯
防止のため」の処遇を行えるようになった。
 従来の反省を促す刑罰一辺倒の制度
から見れば、より治療的で福祉的であると
見る研究者や実務家も多い。一部猶予に
ついては施行から1ヶ月間だけで134件
(内95%は薬物事犯)が言い渡され、裁判
官の期待も寄せられているように見える。
 しかし、その実質的なサポートの部分は
DARCなどの民間施設に委託するにも
かかわらず、刑事司法による監視期間を
引き伸ばしただけのようにも思える。こ
ういった問題点を踏まえ、施設内処遇およ
び社会内処遇の功罪について話題を
提供したい。

講演2 参加か動員か――刑の一部執行猶予
制度をダルクはどう受け止めるのか
  平井秀幸  (四天王寺大学人文社会学部
准教授)
【プロフィール】 東京大学大学院博士後期課程
修了(博士〔教育学〕)。横浜市立大学・昭和女子
大学・淑徳大学非常勤講師、カールトン大学博士
研究員などを経て、2011年に四天王寺大学
人文社会学部に着任。主な業績として『刑務所
処遇の社会学:認知行動療法・新自由主義的
規律・統治性』(世織書房、2015年)、編著とし
てダルク研究会編(南保輔・平井秀幸責任編集)
『ダルクの日々:薬物依存者の生活と人生』
(知玄舎、2013年)など。
【報告要旨】昨年(2016年)6月1日、「刑法等の
一部を改正する法律」及び「薬物使用等の罪を
犯した者に対する刑の一部の執行猶予に関
する法律」により導入された刑の一部執行猶
予制度が施行された。同制度が主たる対象と
して念頭に置いているのが薬物使用等の罪を
犯した者であることもあり、今後は徐々に
“刑事施設出所者の保護観察処遇(薬物再乱
用防止プログラム)や帰住先のない一部執行
猶予者の受け入れ等の局面においてダルクが
どのような役割を果たすのか”という論点が
現実味を帯びてくると考えられる。 ところが、
(刑の一部執行猶予制度やそこでのダルクの
役割については、各方面から懸念が表明され
ている一方で)
実際に当事者となるダルクの側が同制度を
どのように意味づけ、それとの関係をどの
ように構築していこうとしているのかについて
の分析はほぼなされていない。当日は、現在
実施中の調査データの一部を紹介しながら、
上記論点に対する中間考察的な報告を
行いたい。


  


Posted by 伝兵衛 at 08:29Comments(0)薬物依存症回復支援

2017年02月23日

薬物依存専門の保護観察官、全国に


日本経済新聞2017年2月20日(月)から抜粋:
法務省は 来年度から薬物依存症者への対応
に特化した「統括保護観察官」を東京・大阪・
福岡・広島など主要都市にある保護観察所
12カ所に一人ずつ配置する。
観察期間終了後は 薬物専門の医療機関や
精神保健福祉センターなどに橋渡しもする。
覚醒剤取締法違反罪で服役し、出所した受刑
者の内 刑務所に戻る人の割合は約40%。
一方、刑法犯全体の平均再入所率は23.4%に
とどまる。

★ブログ管理人の蛇足:人口10万人あたり
覚醒剤取締法事犯の検挙率(都道府県別)に
おいて和歌山県は 例年 上位である。
女子刑務所も県内にある。主要都市と言わず
和歌山県にも この保護観察官を置いて
ほしい。「薬物専門の医療機関に橋渡し」
したいと言うても 県内に 薬物専門の
窓口はない。県立医大 精神科 教授も
薬物専門の医師は とうぶん 現れないと
言うて おられる。

  


Posted by 伝兵衛 at 10:24Comments(0)薬物依存症回復支援

2016年09月16日

薬物依存症の実態と課題・インタビュ

ヤフーの記事です:
http://news.yahoo.co.jp/feature/358
田代まさし・Dr松本俊彦・薬家連の横川江美子・カウンセラー吉岡隆
へのインタビュ。

  


Posted by 伝兵衛 at 16:18Comments(0)薬物依存症回復支援

2016年09月05日

保釈率 10年で倍増 

朝日新聞 2016年9月5日から 抜粋:
保釈は、身柄を拘束されている被告が証拠隠滅をしたり、逃亡したり
するおそれがないと裁判官に判断されれば、保証金を納めたうえで
拘置所などから解放される仕組み。
日本弁護士連合会は、国際人権規約で「裁判を受ける人を抑留する
ことが原則であってはならない」と定めていることを挙げ、保釈を原則と
するべきだと主張。「起訴内容を認めさせるために、起訴後も被告を
拘束する『人質司法』になっている」と批判し、裁判所に改善を求めてきた。
日弁連の水野英樹・刑事弁護センター副委員長は「再び犯罪にかかわると
裁判官が予測したり、誰かが常時見ていたりすることは不可能だ。
数少ない『例外』のために、保釈しても問題のない人を拘束するのは
本末転倒だ」と話す。
★ブログ管理人の蛇足:日弁連の言われるように 保釈中の被告を常時、
監視することはできないから ピストル殺人・自殺事件は例外なのです。
拘置所は混み合っているから 覚醒剤犯については シャバに出て
頂いて、警察に隔日にでも来て、尿検査を受けるようにすれば 拘置
する経費は節減できる。被告の人権も守られる。
彼がピストルを持っていることについて 彼の家族や社員は うすうす
気づいていたのでは なかろーか。彼の家族と社員は 彼が覚醒剤を
続けていることについては 確信していたので なかろーか。裁判官は 
彼の家族や社員に会いに行って 覚醒剤について尋ねる暇がないだけ。 

  


Posted by 伝兵衛 at 13:50Comments(0)薬物依存症回復支援

2016年08月04日

女性ハウスとは

女性依存症者のためのグループホーム「ロイスふくおか」案内。
福岡市の障害福祉サービス共同生活援助事業所認可。
1.どういう人が入るかと言うと:
病院を退院できるまで回復したが、一人暮らしでは酒・ギャンブル
等をやめ続けるのが難しい。あるいは 娘は依存を止めたいと言って
るが なにせ気分の浮き沈みが烈しく、毎日 言い合い、家族も
疲れた。あるいは 家族と一時的に離れて回復を軌道に乗せたい。

2.入所したら どんな生活をするか?:
午前 7時 起床
   7:45 朝食
   8:30 マックへ
   10:00 ミーティング
   11:00 昼食
午後 1:30 ミーティング
   3:00 掃除の後、面談、自由
   7:00 相互援助グループ参加
   9:30 ロイスふくおかへ
   11:30 就寝
3. 経費など:
  対象:女性
  定員:5人
  入寮期間:1~2年
  家賃:1万円(月額)
  食費・水道・光熱費は実費。
  詳細・生活保護の方はご相談ください。 
★ブログ管理人の蛇足:
一人月1万円では 家賃にも 足りないので これは
大変です。経費を どう埋め合わせするかが 問題の
ようです。



  


Posted by 伝兵衛 at 19:01Comments(0)薬物依存症回復支援

2016年08月01日

「依存症と感情~拒否の連鎖から支援の連鎖へ~」学術集会のお知らせ

第15回 日本アディクション看護学会 学術集会
2016年9月3日(土),4日(日)
会場:武庫川女子大。
7月8日に事前参加登録受付は終わりました。当日参加受付あり。
当日直接会場へ行ってください。
★懇親会:
日時:9月3日(土)18時~20時
会場:パスタ食堂 バルバンビーノ(BAL BAMBINO) 
Special Guest: 彩羽 真矢さん(タレント、元タカラジェンヌ)
(ブログ管理人の注釈:彩羽さんは依存症でない ようです)★
詳しいことは 下記サイトへ:
http://www.mukogawa-u.ac.jp/~15JSSAN/

  


Posted by 伝兵衛 at 18:46Comments(0)薬物依存症回復支援

2016年07月03日

刑の一部執行猶予とは

日本経済新聞2016年6月30日に長い解説がのっています。
そのうち図解だけを:

  


Posted by 伝兵衛 at 16:27Comments(0)薬物依存症回復支援

2016年06月20日

変えることのできるものについては、

「変えることのできるものについては、それを変えるだけの勇気を
我々に与えたまえ。
変えることのできないものについては それを受け入れるだけの
冷静さを与えたまえ。そして 変えることのできるものと できない
ものとを識別する知恵を与えたまえ」。
この言葉は アメリカの牧師ラインホルト・ニーバーがマサチューセッツ州の
小さな教会で説教したもので・・・
以上は 月刊 大法輪2016年6月号 p.147の 遍路紀行家 武田喜治、
”遍路で学ぶ生きる知恵 95.山は動かない”から抜粋。
★ ダルクやアルコール依存症者の自助グループの集会で 上記の
言葉の少し短いのを 毎回 読みます。言葉は 短くしてしまうと 
分かり易さが減ります。
ダルクも いつもの文章の改訂版を つくっても ええのにと 思う。

写真提供:SACHIさん  


Posted by 伝兵衛 at 17:45Comments(0)薬物依存症回復支援

2016年06月16日

井波彫刻職人 刑務所でも技術指導

日本経済新聞2016年6月2日(木)文化欄から抜粋:
見出し~欄間の技で革新 彫る。井波彫刻職人 南部白雲さん。
富山県 南砺市に伝わる井波彫刻の職人は200人ほど。
井波彫刻は1760年ごろ、南砺にある浄土真宗の瑞泉寺再建の
ため彫刻師が京都から派遣されたのが始まりとされる。
他の地域とは違って、分業制をとらず、下絵描きから荒落とし、
粗彫り、仕上げ彫りまで すべて一人で手掛ける。
70年ごろから刑務所での指導を始めた父が97年に死去。月2回の
講座を引き継いだ。暴力団員・すり・薬物使用者などの受刑者と
共に今までに完成させた神輿(みこし)は約2200にのぼる。
刑務所の教え子は40人ほどになった。

  


Posted by 伝兵衛 at 17:58Comments(0)薬物依存症回復支援

2016年06月13日

上岡陽江・大嶋栄子著、”その後の不自由「嵐」のあとを生きる人たち”

医学書院、2010年刊。
月刊 みすず、2016年1/2月号p.109の保坂和志(小説家)に
よる紹介文から抜粋:
上岡陽江はダルク女性ハウスという薬物・アルコール依存症者を
支援する施設の代表者。社会が標準とする生き方の外にまず
出ること。子ども時代に家族が助けにならず友達もいなかった
人は 人と関係を持つことが できない。それで孤独の中で事件を
起こし何年も刑務所に入る。そういう人に上岡さんは「あなたは
刑務官と関わりが持てたのだ」(その時間がきっとあなたを成長
させた)と言う。標準とか基準とか そんなものはない、すべて人は
人生を「こうあるべきだ」「こうありたい」でなく手近な ありあわせの
ものを 寄せ集めて つないでいく、人生の像を そう転換するところ
から 自由も権力との闘いも起こる。

  


Posted by 伝兵衛 at 13:24Comments(0)薬物依存症回復支援

2016年05月29日

覚醒剤・今さら聞けない・朝日新聞から

2016年5月7日(土)朝日新聞「今さら聞けない」のページは
覚醒剤の解説。紙面の1/3を占める長い記事です。
朝日新聞ネット版で 読めます。朝日のサイトをアクセスして
無料読者登録すれば この記事も読めます。

下記は記事の一部:
覚醒剤のうち最も乱用の多いメタンフェタミンは、日本の長井
長義博士が漢方薬の抽出物から1888年ごろ合成しました。
植物から抽出される大麻やモルヒネなどと違い、人工合成です。
現在ほとんど使われていませんが、難治性のうつ病の治療薬
でもあります。
 第2次世界大戦中の雑誌を開くと、覚醒剤「ヒロポン」の広告が
頻繁に出てきます。メタンフェタミンを商品化した一般医薬品です。
かつては薬局で買えた時代があったのです。

写真提供:那智勝浦おとん様  


Posted by 伝兵衛 at 11:52Comments(0)薬物依存症回復支援

2016年05月19日

「その後の不自由 嵐のあとを生きる人たち」

著者:上岡陽江(かみおか はるえ)+大嶋栄子(おおしま えいこ)。
2010年 医学書院、261p. 当時の値段2100円。

依存症の生きづらさと、薬をやめたその後の生き方について
書かれています。

前の和歌山ダルクの隣の庭にあった花。
ジャスミンだったらしい。
  


Posted by 伝兵衛 at 15:21Comments(0)薬物依存症回復支援

2016年05月16日

中野瑠美さん薬物依存症者回復支援を語る

今日2016年5月16日(月)のスポーツ報知に下記の記事がでています。
ネットでも読めます:
http://www.hochi.co.jp/topics/20160515-OHT1T50278.html
覚醒剤取締法違反で3度逮捕され、合計12年服役した
苦い経験を生かして、刑務所などへの差し入れを代行する
「HEART COMPANY」(ハート・カンパニー)を運営する大阪府
堺市の中野瑠美さん(43)に清原被告が克服へ心がけることを聞いた。
中野さんは覚醒剤で捕まった若い子に働く場を提供するため
ハウスクリーニング業もしている。

★スポーツ報知は覚醒剤関連の記事が充実しています。
喫茶店などで この新聞を見る機会があれば 一面はどうでも
いいので 最後のページから見ます。

  


Posted by 伝兵衛 at 17:00Comments(0)薬物依存症回復支援