QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
伝兵衛
伝兵衛
オーナーへメッセージ

2018年04月22日

養子縁組の子を引き受ける夫婦減少@ドイツ(6


この社会的変化の背景の前にあるのは「行動の
需要」だと家庭省は言う(ブログ管理人の言い
訳:何のことか分からない)。それゆえ家庭省
は ドイツ青少年研究所に研究センターを設立
した。2017年春に 最初の研究結果が出る見込
みだ。(おしまい
下記サイトから:
http://www.faz.net/aktuell/gesellschaft/familien-weniger-paare-adoptieren-kinder-14846277.html


  


Posted by 伝兵衛 at 17:13Comments(0)里子・養子縁組

2018年04月21日

養子縁組の子を引き受ける夫婦減少@ドイツ(5


ハンブルク・ブレーメン・ニーダーザクセン・
シュレースヴィヒ-ホルシュタインのための
共同養子縁組センターの所長 Gabrille Scholz
は大きい変革が起きていることを認識してい
る:「自己最適化という圧力が顕著な社会に
おいて 健康な子どもを育てあげようという
望みと重圧が大きくなっている」。特別の必要
をもつ子ども達、すなわち年長の子ども達や
障害をもつ子ども達に ついて 養子縁組の
紹介は難しくなっている。(つづく
下記サイトから:
http://www.faz.net/aktuell/gesellschaft/familien-weniger-paare-adoptieren-kinder-14846277.html


  


Posted by 伝兵衛 at 17:08Comments(0)里子・養子縁組

2018年04月20日

養子縁組の子を引き受ける夫婦減少@ドイツ(4


家庭省の広報担当者は言う:「養子縁組の減少
に影響した因子の一つとして 生殖医療が考え
られる。この関連は証明されていないが。」
養子縁組が減少した時期に 人工授精は増え
ている。ドイツの生殖医療機関の ほぼ全ての
データによると ペトリ皿での人工授精は
1990年に約7300件あった。2015年には
約64000件になっている。この進歩の結果に
ついてマクデブルク児童相談所が述べている:
「養子縁組を志願する親は 以前と比べて年長
になっている。なぜなら 医療による道が閉ざ
された時に養子縁組しようと決めるからだ」。
(つづく
下記サイトから:
http://www.faz.net/aktuell/gesellschaft/familien-weniger-paare-adoptieren-kinder-14846277.html


  


Posted by 伝兵衛 at 13:34Comments(0)里子・養子縁組

2018年04月19日

養子縁組の子を引き受ける夫婦減少@ドイツ(3


養子縁組する子を迎え入れるつもりの夫婦は
減ってきている。国内からの養子についても
海外からの養子についても 減っている。年末
に 何人の子どもが養子縁組のために予約受け
付けされたかを ドイツ統計局は公表している。
これらの子は 普通、身内によってでは なく
他人によって養子に される。1992年には養子
のために予約受付された子ども一人について
19人の引取申込があった。2015年に この数字
は7人になった。ドイツ連邦家庭省は 生殖医
療との因果関係が ありそうだと考えている。
(つづく
下記サイトから:
http://www.faz.net/aktuell/gesellschaft/familien-weniger-paare-adoptieren-kinder-14846277.html


  


Posted by 伝兵衛 at 09:31Comments(0)里子・養子縁組

2018年04月16日

養子縁組の子を引き受ける夫婦減少@ドイツ(2


養子縁組減少の理由は 詳しくは調査されて
いないが、二つの理由が挙げられる:一つには
実の親が手放す子どもの数が減ってきたという
ことであり、他方では 女性が ひとり親とし
て生きることについて 社会的に汚名を着せら
れることが 少なくなったからだ。お金の理由
で あるいは心理的・社会的支援が乏しいという
理由で 子どもが養子縁組のために引き渡される
ことが まれになった。これには 家庭について
の政治的サービスが寄与している。(つづく
下記サイトから:
http://www.faz.net/aktuell/gesellschaft/familien-weniger-paare-adoptieren-kinder-14846277.html


  


Posted by 伝兵衛 at 20:20Comments(0)里子・養子縁組

2018年04月15日

養子縁組の子を引き受ける夫婦減少@ドイツ


ドイツでは この25年で養子縁組の数は半分
以下になった。その理由の一つは人工授精が
増えたことであろう。この傾向が続くと最も
立場の弱い子どもの境遇が更に辛いものになる。
一方、パートナーの子どもとの養子縁組は増え
ている。すなわち昔からの 関わりのない子ど
も(他人の子)と養子縁組する例は稀になった。
2015年にドイツで3800人の子どもが養子に
なった。一方、25年前に その数は8400人だっ
た。25年前に4000人弱の他人の子どもが養子
にされた。2015年には その数は わずか
1000人になった。(つづく
下記サイトから:
http://www.faz.net/aktuell/gesellschaft/familien-weniger-paare-adoptieren-kinder-14846277.html


  


Posted by 伝兵衛 at 17:41Comments(0)里子・養子縁組