QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
伝兵衛
伝兵衛
オーナーへメッセージ

2018年05月09日

助産婦という職の緩慢な終焉@ドイツ(7最終


二行目の見出しは:高い保険料と行為能力の
剥奪の宣言。
効果のある「分娩」を求めて 子どもの誕生は
厳しく合理化されるようになってきた。助産婦
という職業を 次第に廃止するという苦しみに
耐えねばならぬ人は 行為能力の剥奪の宣告を
受けた助産婦であり、これから母になる人々で
ある。母になる人は 出産の前のケアと後の
ケアについて 自分で払える範囲で 支払わな
ければ ならない。(おしまい
下記サイトから:
https://www.n-tv.de/panorama/Das-schleichende-Ende-des-Hebammenberufs-article16093586.html


  


Posted by 伝兵衛 at 20:46Comments(0)中欧事情

2018年05月08日

助産婦という職の緩慢な終焉@ドイツ(6


二行目の見出しは:高い保険料と行為能力の
剥奪の宣言。
病院の常勤の助産婦にも 厳しい時代になっ
た。多くの分娩室で 助産婦の職は欠員に
なっている。何とか なっている病院では
合理化が進み、助産婦は任務の領域について
次第に 行為能力の剥奪の宣告をされる。
病院で医師の監督なしに 出産に付き添うこと
が許されることは 稀になった。
そして この展開は更に勢いを増している。
待合室の満員状態と 親の絶望が 次に年も
存在することを 助産婦連盟は予言している。
多くの女性は 実家から遠く離れて、暮らして
いて、母親や祖母と直接のつながりが ない。
そういう場合に助産婦が無くなると、妊婦は
疑問や心配を抱えたまま ひとりぼっちに
される。帝王切開の例が増えている。なぜなら
帝王切開しないと、出産が病院の運営に組み
込めないからだ。(つづく
下記サイトから:
https://www.n-tv.de/panorama/Das-schleichende-Ende-des-Hebammenberufs-article16093586.html







  


Posted by 伝兵衛 at 20:36Comments(0)中欧事情

2018年05月07日

助産婦という職の緩慢な終焉@ドイツ(5


二行目の見出しは:高い保険料と行為能力の
剥奪の宣言。
出産に付き添うことも 危険な状態にあるが
産褥のケアも危険な状態にある。なぜなら
出産の支援をするにせよ、しないにせよ、助産
婦が少なくなれば なるほど、産褥のケアは
悪くなる。幾年も前に既に 供給不足が始まっ
ていると言う調査が なされていたにも 
かかわらず、政治はこの状況を かたくなに
無視している。
多くの妊婦にとって 助産婦不足は既に明らか
である。持ちこたえている少数の助産婦は
しばしば何ヶ月も前に予約が埋まっている。
DHVは 妊婦が助産婦を見つけられなかった例
を収集している。それには 3037件がリスト
されている。日々、新しい例が追加されてい
る。(つづく
下記サイトから:
https://www.n-tv.de/panorama/Das-schleichende-Ende-des-Hebammenberufs-article16093586.html


  


Posted by 伝兵衛 at 18:48Comments(0)中欧事情

2018年05月06日

助産婦という職の緩慢な終焉@ドイツ(4


二行目の見出しは:高い保険料と行為能力の
剥奪の宣言。
下記サイトから:
https://www.n-tv.de/panorama/Das-schleichende-Ende-des-Hebammenberufs-article16093586.html
ドイツには 約21000人の助産婦がいる。しか
し そのほんの一部の助産婦しか 出産の手
助けをしていない。賠償義務についての保険料
が値上げされたことに伴い 助産婦連盟による
と 145人の自営助産婦が 出産の支援を断念
した。今も自営で出産に付き添っている助産婦
で保険料をを支払っている人は 2348人いる。

大半の女性は いずれにせよ病院で出産する
ことを好むという議論は 薄情に過ぎる。と
言うのは しばしば報告されているのとは
異なり、実際の展開において 家庭での出産
だけでなく、妊娠中そして妊娠後の 女性への
看護が特に問題である。(つづく


  


Posted by 伝兵衛 at 17:08Comments(0)中欧事情

2018年05月04日

助産婦という職の緩慢な終焉@ドイツ(3


二行目の見出しは:高い保険料と行為能力の
剥奪の宣言。
下記サイトから:
https://www.n-tv.de/panorama/Das-schleichende-Ende-des-Hebammenberufs-article16093586.html
普通の出産は「決死的任務」とされるだろう。
それなのに 助産婦は「資金的制約」に 
よって 行為能力の剥奪を宣言される。この裁
定によって 女性と親は 出産の場を自由に選
択することを自己決定できなくなる。これが 
法律上 保証されているにも かかわらず。
出産への支援は まったく新しい状況に置かれ
るだろうと Susanne Gruenhagern は2014
年に予言した。22年間 助産院を開いていた
彼女は「助産婦という職業は 大変な危機にあ
る」と記者に警告した。この職業が 消し去られ
る危険にさらされていると言うのだ。賠償義務
のための高い保険料は 出産を 完全に病院
へ移動させるための手段にすぎない と彼女
は言う。(つづく


写真提供:lovefreePhoto  


Posted by 伝兵衛 at 17:45Comments(0)中欧事情

2018年05月03日

助産婦という職の緩慢な終焉@ドイツ(2


助産婦という職の緩慢な終焉@ドイツ(2
二行目の見出しは:高い保険料と行為能力の
剥奪の宣言。
下記サイトから:
https://www.n-tv.de/panorama/Das-schleichende-Ende-des-Hebammenberufs-article16093586.html
健康保険とドイツ助産婦連盟(DHV)の間の
長期の争いを仲裁する 調停機関の判決は
助産婦の視点からすると 助産婦に対する行為
能力の剥奪の宣言である。将来、禁止基準が
設けられると言われている。この基準では 
医師が 出産を家庭でするか 出産施設で
するかを決定する。予測される出産期日を
三日過ぎた場合に その基準が用意される。
出産する母親の40%以上が 予定日を三日
過ぎて出産している。
「と言うことは 実地において妊娠が もはや
正規に経過していないと判断する能力を助産婦
から奪うということを意味する」とDHVは言
う。(つづく


  


Posted by 伝兵衛 at 20:59Comments(0)中欧事情

2018年05月02日

助産婦という職の緩慢な終焉@ドイツ(1


◎この元の記事は2015年10月21日のもので
す。偶然 見つけた。その後、どうなったか検
索していません◎
二行目の見出しは:高い保険料と行為能力の
剥奪の宣言。
下記サイトから:
https://www.n-tv.de/panorama/Das-schleichende-Ende-des-Hebammenberufs-article16093586.html

命の誕生に これほど低い評価をする社会は
どういう ものなのだろう。助産婦という職業
は世界最古の女性職業の一つであるのに、
ドイツでは 少しずつ消滅させられている。
ドイツで 助産婦なしで 生まれる赤ちゃんは
ほとんど いない。妊娠中・出産時・その後の
安静にしている期間に 助産婦は 落ち着いて
お供をする。助産婦は信頼できる友・栄養の
助言者・臨床心理士を まとめて一人でしてい
る。病院において 独立した出産支援において、
きわめて大切な大黒柱だ。しかし この大黒柱
が 激しく揺らいでいる。賠償義務についての
保険料が あまりにも高価すぎるということと、
女性の自己決定の権利が ずっと前から問題に
なっている。(つづく





  


Posted by 伝兵衛 at 15:15Comments(0)中欧事情

2017年09月18日

薬物禁止でなく制御へ@ドイツ(9,最終回


◎記者の問い:今後しなければ ならない事の
うち何が最上位にあるか?
◎答え:特定の薬物に関して知的な制御をやり
とげなければならない。今 私達がしている事
は青少年保護と無縁だ。売人は普通、買い手が
18歳であるか どうか尋ねない。買い手がその
麻薬を買う気があるということが確かか どう
かも尋ねない。売人は消費者保護の助言を与え
ない。売人は ただ麻薬を売りたいだけだ。
麻薬は通常 薄められていて、純粋な成分は
わずか約5%だ。麻薬禁止によって業界は活気
づき、売人は最高値を求める。要点は次の事
だ:禁止するという考えを捨てなければならな
い。禁止は何の役にも立たない。非生産的だ。
知的な制御モデルを論議して、それに変換しな
ければならない。これが私のしなければならな
い事柄のリストの最上位にある。(おしまい)
Heino Stoeverはフランクフルト応用科学大学
の社会科学的嗜癖研究の教授。 
下記サイトから:
http://www.dw.com/de/tag-gegen-drogenmissbrauch-durch-prohibition-wird-das-geschaft-befeuert/a-39419899


  


Posted by 伝兵衛 at 17:12Comments(0)中欧事情

2017年09月16日

ヘロイン依存・薬物使用室の効用@ドイツ(4


◎記者の問い:麻薬使用室を設置することに
どんな効用があるか?
◎答え:フランクフルトの例をあげると、ある
薬物使用室で誰かが麻薬を盛り過ぎると、その
人は直ぐに もっとやれと元気づけられる。別
の薬物使用室を紹介される。これが第一の効用
だ。二つ目の効用は薬物依存症者のいる世帯の
すべてにNaloxonを備えなければならないという
ことだ。これは解毒剤であり、救急医療におい
て投薬される。これはヘロインの効力を即座に
ゼロにする。オピオイドを受容体から引き離す。
それで人は酔いが さめる。(つづく)
下記サイトから:
http://www.dw.com/de/tag-gegen-drogenmissbrauch-durch-prohibition-wird-das-geschaft-befeuert/a-39419899


  


Posted by 伝兵衛 at 17:43Comments(0)中欧事情

2017年09月15日

ヘロイン依存・薬物使用室設置@ドイツ(3


◎どの薬物が使用者数リストの上位にあるか◎
フランクフルトで最も消費者の多いのはヘロイ
ンとクラック(高純度の結晶上コカイン)だ。
他の都市ではヘロインだけが上位にある。これ
らの薬物は注射するか あぶって吸う。ドイツ
で24の薬物使用室がある。しかし これは6州
に限定されている。他の10州は薬物使用室の
ための法的根拠を作っていない。この室を開設
するには「薬物使用室の政令(条例)」が必要
だ。法により、どのような型を展開するかが
決まる。(つづく)
下記サイトから:
http://www.dw.com/de/tag-gegen-drogenmissbrauch-durch-prohibition-wird-das-geschaft-befeuert/a-39419899


  


Posted by 伝兵衛 at 11:28Comments(0)中欧事情

2016年01月18日

クリスタルメス(あるいはメタンフェタミン)(6)

コーラとラフルは同じ地区の出身だ。コーラは離婚した家庭で育った。
継父は暴力を振るう怒りっぽい人だった。ラルフの家庭はそうで
なくて、何でも許されていた。六年生のとき6段階評価で最下位と
下から2番目の評価の成績表を持って帰ったときでも、両親は
新しい自転車を買ってくれた。その自転車に乗って、休暇の
旅にでた。その頃、コーラとラルフはまだ知り合っていなかった。
ラルフは5歳年上だった。コーラは12歳で酒を飲み始め、その
1年後にマリフアナを定期的に吸い始めた。15歳のとき誰かが
白い粉を皿にのせて出してくれた。コーラはクリスタルメスで
なくて、「クリステル」という物だと思っていた。
クリスタルメスが社会的傾向の結果であるなら、それは高性能
パーティの結果であるとウーヴェは言う。と言うことは 村の
ディスコで 金曜夜から月曜未明まで踊り続けるという傾向の
結果である。業績を上げるのに熱心な経営者と博士課程
在学者から 遥かに離れた社会層の生活を 薬物は破壊した。
すなわち 負担の重すぎる親をもち、教育から離れた青少年を 
薬物は破壊した。(つづく)
下記サイトから:
http://www.sueddeutsche.de/leben/abhaengig-von-crystal-vater-muttermeth-1.2721404-3

  


Posted by 伝兵衛 at 15:02Comments(0)中欧事情薬物依存症体験談

2016年01月15日

クリスタルメス(4)

ドレスデンの掲示板にある写真(このブログの1番の連載を
クリックすると出る)はクリスタルメスをやめて、幸せそうな
親子を示している。ドレスデン市の嗜癖受託者クリステンは
「メス依存症者に汚名を着せるつもりはない」と言う。「メスを
した人の顔」として崩壊した顔面を示す警告写真は 生産的
でないと クリステンは思っている。クリステンは肯定的な
合図を送りたい。なぜなら メスの消費者は多くなり、年齢層も
低下していて、妊娠するようになるからだ。
ドレスデン大学病院は クリスタルメスによる障害をもつ新生児の 
去年の数を調べ、図表を作成した。ドレスデンのクリスタルメス
障害をもつ赤ちゃんは去年 それまでの10倍になり、去年の
数は70人を超えている。
両親が クリスタルメスをやって、能率よく仕事をすると言う
のは神話であるとウーヴェは言う。「そういう親は存在しない」。
(つづく)
下記サイトから:
http://www.sueddeutsche.de/leben/abhaengig-von-crystal-vater-muttermeth-1.2721404-2

写真提供:sachiさん  


2016年01月14日

クリスタルメス(3)

ウーヴェ(53歳)は談話室の窓辺で、外の喫煙コーナーを眺めている。
男女十人が煙草を吸っている。ウーヴェは嗜癖専門病院の院長
(昨日のカキコミに出てきた病院)。この病院は60人の依存症者を
収容できる。ここに6ヶ月 入院して、解毒し、治療を受け、薬物なし
の生活の準備をする。ここは実は すべての種類の依存症のため
の病院として考えられたが 二三年前から 他の依存症者は来て
いないので、ここは不本意ながら クリスタルメス専門病院になって
しまった。「ドイツにまた新しい基本的薬物が生まれた」とウーヴェは言う。
ドイツ連邦政府の薬物報告書は多くの良くなった事柄を伝えている:
青少年の喫煙は減ったし、アルコール依存症者も減った。しかし一方で 
報告書の前文はクリスタルメスの使用が増えていると述べている。
連邦犯罪局は ドイツ地図に赤い点をうち、去年クリスタルを押収
した地点を示している。その地図によると旧東ドイツは ニキビの
ような赤い点々が酷いように見える。(つづく)
下記サイトから:
http://www.sueddeutsche.de/leben/abhaengig-von-crystal-vater-muttermeth-1.2721404-2

写真提供: lovefreePhoto
  


2016年01月13日

クリスタルメス(2)治療か里親に頼むか

★1月9日のカキコミの続き:
コーラ(25歳)とラルフ(30歳)はドレスデン出身。10年以上前から クリスタルメス
依存症だ。両人の友人達は もう皆 死んでしまった。そういう友人のように死にたく
ないので、両人は残りの人生を変える気になっている。ザクセンの森の中にある
嗜癖(しへき)専門病院の家族部門に彼らは住んでいる。丘の上にある平屋の
建物に 薬物依存症の親が子どもと一緒に暮らしている。そこからは エールツ
山地を見渡せる。秋には素晴らしい風景が見られる。生きているうちに 壮麗な
ものを もし見つけられるということなら ここの風景が それだ。
コーラとラフルは家族で一緒に居たいので ここにいる。青少年局は この6ヶ月の
治療入院が 二人にとっての最後の機会だと言う。「ここを逃すと 再びクリーンに
なることは無い」。コーラとラルフには 二人の間に生まれた子が二人いる。ラルフは
他に12歳の娘がいる。コーラには5歳の娘がいる。この子たちは 以前の関係からの
子どもだ。この四人の子は皆 計画してできた子ではない。
寝室に写真が貼られている。コーラとラルフと子ども達四人の写真だ。社会教育
担当者が2~3週間前に この写真を作ってくれた。写真は コーラとラルフへの
警告になっている。二人が この治療を終了できなくて、その後 長期に薬物なしの
生活を送れない場合は 子ども達は 里親の家庭で育つことになる。(つづく)
下記サイトから:
http://www.sueddeutsche.de/leben/abhaengig-von-crystal-vater-muttermeth-1.2721404

  


2016年01月09日

クリスタルメスへの依存(1)

メスを使う一家を訪問してみた:コーラ(25歳)とラルフ(30歳)のカップルの
友人達のうちで まだ生き残っているのは誰かと言う話しになった。オラフ、
トマス、マルセルは売人をいていて刑務所に入った。アレックスとミリは静脈に
メスを注射していて、まだ話しかけられる状態でない。15年もメスを吸っていると、
鼻の粘膜は 炎症を起こした革のようになる。残った友達と言うと「二人は去年、
首をつった」とコーラは言い、ラルフは「違う 三人だ」と答える。
下記サイトにでている写真は ドレスデン市の照明板につけたプラカードで、
4人の家族を示している。写真に添えられた文章は「職業、子ども、家計? メスを
使わないで やっていこう」。旧東ドイツでは 既に メスから離れた家族がいる。
下記サイトから:
http://www.sueddeutsche.de/leben/abhaengig-von-crystal-vater-muttermeth-1.2721404

  


Posted by 伝兵衛 at 19:44Comments(0)中欧事情

2015年12月29日

クリスタルメス・死を招く渇望(5 最終回)

原料である偽エフェドリンも少し前まで簡単に入手できた。
ドイツとチェコで処方箋の必要な風邪薬に これは 含まれ
ている。ポーランドでは従来、自由に販売できた風邪薬だ。
2015年7月1日からポーランドでも法律による制限が設け
られた。これはクリスタルメスとの闘いにおいて重要な一歩で
ある。ドイツ連邦犯罪局のPeter Henzler は 不法に使われる
化学物質を監視するために EUが作る監視リストに望みを
かけている。2015年初めから クロルエフェドリンと偽エフェドリンが 
このリストに入っている。
ある化学物質が このリストに入れられたとしても、それは
化学会社に対して法的効果を持たないけれども、自発的に申告
されることが起きるので、そのような化学物質を こっそり取り
分けておくことは減る。
次の一歩は クロルエフェドリンと偽エフェドリンを EU原料規定に
取り入れることだ。そうすることによって 製造・所持・販売が
認可制になり、特定の届け出義務を負うことになる。(おしまい)
下記サイトから:
http://www.dw.com/de/crystal-meth-ein-todliches-verlangen/a-18832503

  


Posted by 伝兵衛 at 17:07Comments(0)中欧事情覚醒剤密輸

2015年12月28日

クリスタルメス・死を招く渇望(4)

ドイツでの手入れに並行して ドイツ連邦犯罪局は チェコと
ポーランドとの協力の改善に取り組んでいる。警察は情報の
交換をするだけでなく、両国との国境での協同管理、薬物が
売られていくアジアの市場での協同管理を行う。
連邦犯罪局は クリスタルメスの原料となる化学製品への管理を
強めることを望んでいる。そうでなければ 効果的な警察活動は
できない。
例としてあげられる事件は 2014年11月にライプツィヒの倉庫で
約2.9トンのクロルエフェドリンが押収された事件だ。この物質は
ドイツで合法的に売買することが許されている。
麻薬売買の分野に介入するには、化学製品の売買犯人がメタン
フェタミンに加工することを知っていて、化学製品を売らなければ
ならない。しかし それを裁判で証明することは ほとんど できない。
(つづく)
下記サイトから:
http://www.dw.com/de/crystal-meth-ein-todliches-verlangen/a-18832503

  


Posted by 伝兵衛 at 12:57Comments(0)中欧事情覚醒剤密輸

2015年12月25日

クリスタルメス・死を招く渇望(3)

嗜癖(しへき)(病的依存)の専門家 Wodarz によると 典型的な嗜癖予防や
治療を提供して クリスタルメス使用者に対応することは ない。彼の大学病院は
チェコとの国境から100キロ離れている。クリスタルメスを 添え物として使わない
薬物依存症者は その病院に ほとんど居ない。
ヘロインを過大摂取した人については 素早く発見して、蘇生させなければならない。
クリスタルメスをやり過ぎた人は 助けられない。メスをやり過ぎた人は 最大限
興奮していて、落ち着かなくて、制御するのは難しい。
◎捜査担当者は 法のすき間を嘆く◎
ヘロイン・コカイン・クラック(高純度の結晶コカイン)の消費は減ったが、一方
クリスタルメスの消費は増えている。そのことは 嗜癖(病的依存)相談所でも
感じられる。
警察も覚醒剤の手入れにおいて しばしば手がかりを掴んでいる。2008年に押収
されたクリスタルメスは わずか4.2キロだった。2014年には 73キロが押収された。
今年7月に ベルリンで約4.5キロが差し押さえられた。史上最多だった。闇市場で
これは2160万円になる。(つづく)
下記サイトから:
http://www.dw.com/de/crystal-meth-ein-todliches-verlangen/a-18832503

写真提供:SACHIさん  


Posted by 伝兵衛 at 14:01Comments(0)中欧事情

2015年12月23日

クリスタルメス・死を招く渇望(2)

「最初は至福感、それから急降下」。
クリスタルメスは圧倒的な作用をもつため、上記の標語は聞き流され、
信じてもらえないと レーゲンスブルク大学病院 精神病・精神(心理)
療法の教授Norbert Wodarz は言う。
クリスタルメス依存症者の恐ろしい顔写真は ネットでも見られる。
数年の時を隔てて、顔つきが悪くなる有様を撮影したものだ。クリス
タルメス依存症者にこういう写真について どう思うか尋ねると
「バカげたことだ。どぎつい脅しだ。私の顔を見てほしい。私は
そんな写真とは違う」。
クリスタルメスは新しい薬物ではない。既に第2次大戦において 
ドイツ兵士の機能と集中力を高めるために メタンフェタミンが
投入された。ベトナム戦争ではメタンフェタミンがアメリカ兵に
投入された。1988年までは メタンフェタミンはPervitin(ペルビティン
あるいはパービティン)という名で薬剤としてドイツで入手できた。(つづく)
下記サイトから:
http://www.dw.com/de/crystal-meth-ein-todliches-verlangen/a-18832503

写真提供:SACHIさん  


Posted by 伝兵衛 at 17:01Comments(0)中欧事情

2015年12月22日

クリスタルメス・死を招く渇望(1)

クリスタルメスは 世界中で最もよく使われている合成薬物。
ドイツでも勢いを得つつあり、この依存症者は増えている。
クリスタルメスをすると、空腹感がなくなり、喉も渇かず、眠気は
消え目が冴え、至福感に満たされ、不安は消える。業績と
素早さが尊重される社会において、この薬物は ますます
魅力的なものとされる。
若い母親も メタンフェタミンをしばしば使う。永続的疲労の
段階において 能率よく活動するために あるいは 痩せる
ために これを使う。これを すると すぐに眠気が消え、すぐに
依存症になる。影響は数日 続くことがあり、気分が急降下
することもある。日常生活を この薬なしで 耐えぬくことは 
想像できないように思える。
クリスタルメスは 長く摂取すれば するほど、肉体を傷つける。
「夢のような幸福な状態は悪夢になる」「クリスタルメスは 
やり始めた頃には 多くを期待させてくれるが、最後には 
何も残らない」。(つづく)
下記サイトから:
http://www.dw.com/de/crystal-meth-ein-todliches-verlangen/a-18832503

写真提供:那智勝浦おとん様  


Posted by 伝兵衛 at 16:47Comments(0)中欧事情