QRコード
QRCODE

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
伝兵衛
伝兵衛
オーナーへメッセージ

2012年10月31日

アジア最大の「ゲイ・レズビアン・パレード」in台湾

年に一度のプライド・パレードが開かれた。台湾は
ゲイとレズビアンに対して友好的であることで知られて
いる。今かれらは同性カップルの結婚の権利の実現を
望んでいる。
下記サイトにパレードの写真あり。掲げているプラ
カードに「伴侶多元」「消除仇恨」「侶」などと
書かれている:
http://www.dw.de/gleichgeschlechtliche-ehen-in-taiwan/a-16339784
Chen Jing-hsuehとGaoは婚姻届を出したいが 役所に
拒否された。そこで台北市を相手に訴訟を起こした。
年末にその判決がでる。
「市民のパートナーシップのための連合」の考えに
よると ゲイやレズビアンの結婚が許されるばかり
でなく、三人以上の人の関係も国が認めるべきだ 
という。(二号さんを公認するようなもの?)。だから
今年のプライド・パレードの標語は「結婚の革命」に
なっている。
この連合が 9月に始めた請願は 百万の署名を集めた。
10年前の最初のゲイ・プライド・パレードには 二、三百人
の参加者しか無かったし、その多くは覆面をしていた。
しかし今年の参加者は 主催者の発表によると6万人。
台湾のもっとも有名なエイズ活動家 Chi Chia-weiは 既に
1986年に彼の同性同士の結婚を届け出ようとしたが 
今まで認められていない。彼は その間に社会は大きく
変わったと言う。「昔は台湾全土に数人のゲイしか
いないと思っている人が多かった。だから 私が結婚
したいと言っても他にゲイは無かろうと言われた。
みんな こういう事は まったく分っていなかった。」

Chi Chia-Weiは楽観的だ。「二世代あとには 解決する
だろう。その時は もう結婚について闘う必要もない」。
彼は 今まで ゲイ・パレードに欠かさず参加してきた。
台湾が 同性同士の結婚を認める最初の国になった
なら、素晴らしいことだと彼は言う。

  
タグ :台湾


Posted by 伝兵衛 at 11:39Comments(0)性少数派

2012年10月29日

エィミー・ワインハウスの父はエィミーを扱う演劇に憤激

コペンハーゲン王立劇場は1月30日に「エイミー」という
伝記的作品を初演すると発表した。エイミーは2011年7月に 
酒と覚醒剤の異存の果てに他界した。
2007年7月には エイミーはデンマークでの公演で 
覚醒剤のためによろけながら舞台に上がった。
エィミーの父 Mitch Winehouseは「彼らは娘を使って金を
稼ぎたいだけだ」と激怒している。父親は 7月に「娘エィミー」
という本を出版した。よく売れている。
劇場の劇作家は「エィミーは 最も偉大なポップスターの一人
であって、我々は彼女について上演したいだけだ。この芝居
には若い人に来てもらいたいから 入場料をたいへん安く
する。この公演は 大金を稼げるものでない」と反論している。
下記サイトから:
http://www.welt.de/kultur/buehne-konzert/article110303806/Vater-Winehouse-empoert-ueber-Amy-Theaterstueck.html
  


Posted by 伝兵衛 at 17:39Comments(0)薬物依存症

2012年10月28日

性転換者の顔・形成手術は健保適用外

ドイツで性転換者が美容外科の手術費用を健康保険で
負担するようにと訴えた理由は 原告が 男みたいな
顔立ちに苦しんでいるというものだった。
裁判官の考えでは 原告が男のように見えると主張する
特徴は 健保が金を出して外科的に修正する程には 
見たところ 酷くない。これが 10月26日にハイルブロンの
社会裁判所が原告の訴えを退けた理由である。
眉毛・鼻・顎を女性らしくする美容外科の手術 費用は
約4000ユーロだった。
原告は「美しくなりたいとは思っていない。ただ 他の女性が
しているような 普通の生活をしたいので手術しようと
思っただけだ」と言っている。
ホルモン治療・脱毛・喉仏の除去などの手術は 既に
終わっていて、その費用は全部で5万ユーロ。これは
健保から この女性に既に支払われている。
下記サイトから:
http://www.welt.de/vermischtes/weltgeschehen/article110305968/Transsexuelle-muss-mit-maskulinen-Zuegen-leben.html
★日本では 性転換者のホルモン治療の費用も 
自己負担のようです。

写真 by SACHI  
タグ :ドイツ


Posted by 伝兵衛 at 08:22Comments(0)性少数派

2012年10月27日

アルコール依存症の女性は20年早く死ぬ(下)

調査対象の依存症者の平均余命は 依存症の治療を
受けたことがあるか どうかによっても異なる。
現在の治療システムは修正されねばならない。もっと
早期に予防することに 力を入れるべきだ。アルコール
依存症者は しばしば専門病院へ来るのが 遅すぎる。
危険な人たちに 若いときに手を差し伸べるべきだ。
多くの患者は 自分からは支援を求めることができないで
いる。これは 自分のアルコール依存を危険なことだと
思っていなくて、ただ恥ずべきことだと思ったり、知らな
かったりするためである。
ハンブルク-エッペンドルフ大学病院 依存症救急部の
精神科医と Greifswalt大学の研究者は それに加えて 
酒への増税を支持する。
依存を引き起こすことについて 社会が酒を受容している
ことも 過小評価できない。
アルコールに対して好意的な考えをもつことに 抵抗する
ことを Greifswalt大学のJohnは要求し、アルコール飲料の
広告禁止も意義があると考える。
このような予防も 多くの人が依存症になるのを防ぐ。
下記サイトから:
http://www.zeit.de/wissen/gesundheit/2012-10/Alkoholiker-Sucht-Lebenserwartung
  
タグ :ドイツ


Posted by 伝兵衛 at 18:10Comments(0)アルコール依存

2012年10月26日

アルコール依存症の女性は20年早く死ぬ(上)

酒を飲み過ぎると平均余命は劇的に短くなる。特に
酒依存症の女は危険だ。解毒と治療でも止められない。
煙草の害と比べて 酒害の方が 平均余命に与える
影響は大きい。
これはGreifswalt大学の研究者たちの見解である。彼らは
リューベックとその周辺の4070人を無作為に選び、調査した。
そのうち149人はアルコール依存症だった。依存症者のうち 
男は平均55歳で、女は60歳で死んだ。一方 健康な男は
平均77歳まで生きた。女は82歳まで生きた。
ドイツでは950万人がアルコールの問題を持ち、130万人は
アルコール依存症であると「2012年薬物・依存症報告」は
述べている。
一日にビールはグラス一杯以上 飲んではいけない。女は
1/4リットル、男は1/2リットルが制限値である。ドイツでは
死者の5人に一人は 酒と煙草に原因を求められる。
酒依存の女の死亡率は 健康な女に比べ 約5倍高い。なぜ 
そうなのか分かっていない。
酒依存には しばしば隠れた問題や 別の病気が加わる。
女性の場合、依存症は 生活歴と密接に関連している。暴力と
性的虐待が しばしば依存症を起こす引き金になっている。
だから 依存症の背景にある状況(つまり トラウマ後の重荷に
よる障害や鬱のような)を把握する治療が重要である。
依存症だけを治療しても ぶり返しが必ず来る。(つづく)
下記サイトから:
http://www.zeit.de/wissen/gesundheit/2012-10/Alkoholiker-Sucht-Lebenserwartung

写真 by SACHI  


Posted by 伝兵衛 at 17:55Comments(0)アルコール依存

2012年10月25日

レニングラードの反ゲイ運動

ロシアで 保守派がゲイ反対の扇動をしている。この反対活動は 
ほとんど留まるところを知らない。彼らは 西側企業やマドンナの
ような西側スターへの バカげた攻撃をする。
マドンナは 同性愛の人たちへの敬意を求めただけなのに、
ロシア社会は 極めて不寛容である。(下記サイトにマドンナの
動画あり)。
ペプシは ロシアで ヨーグルト・牛乳・ケフィア(発酵乳)を売っている。
そのパッケージに緑の牧草地が描かれていて、虹がかかっている。
虹は 同性愛のシンボルなので、ロシアの反同性愛組織は 
言いがかりをつけた:「虹は 世界中で 退廃と罪業のシンボルである」。
彼らにとって 同性愛は 罪であるばかりでなく、有害な西欧化である。
マドンナは2012年8月に初めてザンクト・ペータースブルク(昔の
レニングラード)で公演した。このコンサートが「莫大な道徳的損害を
与えた」として 彼らは巨額の賠償金をマドンナに請求している。
ソ連が崩壊して、21年経っても ロシアは 極めて不寛容である。
しかし 差別にもかかわらず、ロシアにおける同性愛文化は 進展
している。モスクワとザンクト・ペータースブルクには 数十のゲイ・
ナイトクラブがある。ところが この両都市で ゲイパレードをする
企画は 禁止と逮捕 あるいはネオ・ナチによる暴力に終わる。
約70人のゲイやレズビアンが モスクワのクラブで「カミングアウト・
ディ」を祝おうとしたところ、覆面をした人たちが乱入した。彼らは 
警備員や職員にピストルで脅し、客に殴りかかった。
ザンクト・ペータースブルクのゲイ取締法を提唱したWitalij Milonowは 
次のように述べた:ゲイは「恥知らずな言動・不作法な態度・既成の
モラルにとらわれない振舞によって」挑発し、暴力を意図的に
引き起こしている。
彼によると マドンナは「西側のイデオロギー的武器」であり、道徳に
おける 大量殺戮をしている。
下記サイトから:
http://www.spiegel.de/panorama/schwulen-hetze-in-russland-genozid-an-der-moral-a-862060.html
  


Posted by 伝兵衛 at 13:49Comments(0)性少数派

2012年10月24日

育児に悩む依存症の女性向け情報

毎日新聞 2012年10月23日(火)おおさか発プラスの
ページに標記の記事があります。
見出し:背景 複雑、孤立しがちな依存症の母たち
以下 記事の抜粋。
京都ダルクで 6月から依存症の母親と子どもが 月1回、
子どもを中心にした遊びや母親同士の会話を楽しむ
「親子プログラム」が始まった。
ダルク女性ハウスは下記の小冊子を出している。内容・
注文は下記サイトを見てください:『親になるって、どう
ゆうこと?! -シラフで子どもと向き合うために-』
http://www.yo.rim.or.jp/~kyo-darc/book/book_024.html

ダルク女性ハウスの代表 上岡陽江さんは「ハウスを利用する
依存症女性の85%が 虐待や性暴力の被害者だった。
被害感情が よみがえるフラッシュバックなどに苦しんで
いるのに 相談窓口で 依存症であることを非難されたり、
自分でも恥と感じて 相談しにくい傾向がある」と言う。

写真 by SACHI  


Posted by 伝兵衛 at 06:12Comments(0)薬物依存症回復支援

2012年10月23日

「世界薬物の日」6月26日

正式には「薬物濫用と依存物質不法取引に反対する国際的な日」。
(4ヶ月前の記事です)
欧州人の酒消費量は多い。ドイツ人は年平均12.9リットルの
純アルコール(ビールにしてグラス800杯)を飲むが 南欧の
人の飲酒量は ずっと少ない。
南欧では 昼寝の時間が段々と短くなり そのうえ酒の値段が
上がっているため 酒の消費量は減っている(訳者 言い訳:
なぜ昼寝が短くなると 酒を飲む量が減るのか分からない)。
欧州人は この十年間 酒の消費で世界一である。もっとも、
欧州の中でも 国によって はっきり差がある。南欧諸国では 
30~40年間で 酒の消費は半分になった。
東欧・スカンジナビア諸国・フィンランド・英国・アイルランドでは 
この数年、飲酒量は増えている。
欧州以外の国では 飲めば酔っ払うまで飲むという国もある。
ドイツでは 青少年が 酔っ払うまで飲むことは しばしば
である。若い頃の大酒飲みは 脳の機能障害・認知能力の
障害(記憶力や注意力の低下)を引き起こすことがある。
BZgA(ドイツ連邦・保健啓発センター)によると 18~25歳の
若い成人の40%が 定期的に酒を飲む。この割合は 長年、
変わることなく高い。
Juergen Rehn(ドレスデン工科大学の心理学者)は 飲み
過ぎが危険だと言う:ドイツで8人に一人の男と14人に
一人の女が アルコール濫用のために 65歳まえに死んでいる。
下記サイトから:
http://www.welt.de/gesundheit/article107266064/Im-Trinken-zaehlen-die-Deutschen-zur-Weltspitze.html

写真 by SACHI  


Posted by 伝兵衛 at 07:00Comments(0)アルコール依存

2012年10月22日

入墨をした人にMRT検査はできるか?ピアスは?(下)

Dr. Kadenによると 入墨があれば MRTを使えないというわけではない。入墨がMRTに どれほど影響を与えるかは 入墨の大きさと深さ・使われている染料の質による。そして 検査する部位に入墨がなければ 問題はない。
しかし MRTを使わない方がいいと 専門医が判断することもある。MRTの技術的な状態とも関連する。大きい専門病院には 3Teslaまでの静的磁場をつくる装置があり、そのような装置を使うと 入墨の金属粒子への影響は はるかに強くなる。
ついでながら ピアスはMRT検査の際に 大きな問題になる。ピアスに使われる素材によっては 磁場を歪める素材もあるので その場合、MRTは使えない。だからMRT検査を受ける前にピアスは 取らねばならない。
下記サイトから:
http://www.n-tv.de/wissen/frageantwort/Kein-MRT-wegen-Taetowierungen-article7306221.html

写真 by SACHI  
タグ :ドイツ


Posted by 伝兵衛 at 08:00Comments(0)入墨

2012年10月21日

入墨をした人にMRT検査はできるか?(上)

「MRT検査を受けることになったが 病院に断られた。背中に
スミを入れているのでMRTはできないと言う理由だった。
本当にそういう理由だったのか?」
その危険は少ないが 黒っぽい刺青は MRT検査を受ける
ことによって 腫れや火傷を引き起こすことがある と
Dr.Ingmar Kadenは言う。黒っぽい入墨インクに 鉄の
粒子が含まれていることがある。皮膚の奥 深くへ入り
込んだスミの鉄の微粒子は 磁力の特性をもつので
 MRT検査の際に 動かされたり、熱を発したりする。
それによって 組織を局部的に損ねる。
極めて稀であるが 大きい入墨は 静的な磁場を歪め、
画像の質を損ねる。(つづく)
下記サイトから:
http://www.n-tv.de/wissen/frageantwort/Kein-MRT-wegen-Taetowierungen-article7306221.html

写真 by SACHI  
タグ :タトゥー


Posted by 伝兵衛 at 16:32Comments(0)入墨

2012年10月20日

エルトン・ジョン「HIV陽性だとして汚名を着せるのは止めよ」

下記サイトに動画:
http://www.stern.de/lifestyle/leute/elton-john-stigmatisierung-von-hiv-positiven-muss-aufhoeren-1910826.html#utm_source=sternde&utm_medium=zhp&utm_campaign=lifestyle&utm_content=snippet-aufmacher
エルトン・ジョン卿は 長年エイズとの闘いに献身している。
彼のエイズ財団の慈善公演で 彼は この運動の発展について
喜びを表明しながらも HIV陽性の人々への先入観・偏見に
注意を促している。
医学の進歩のお陰で エイズ患者は ずっと良く生きられる
ようになった。
1992年に設立されたエルトン・ジョンAIDS財団は エイズと
闘う人道的プロジェクトのための資金を集めている。
  
タグ :イギリス


Posted by 伝兵衛 at 17:10Comments(0)HIV/エイズ

2012年10月19日

重松清「疾走(上、下)」角川文庫

本の紹介記事(記事を書いたのは タレントの藤森慎吾さん):
「疾走」では 少年犯罪、暴力、家庭崩壊、孤独、差別
などが延々と描かれる。
初めて読んだのは 学生時代だったかも知れない。その時は 
暗く悲しい気持ちになった。最近、文庫がでていることを知り、
再読した。すべての場面を冷静に受け止めることができた。
確かに ひどい人間は たくさん出てくるが 今は「人間って 
こういうものだよな」と素直に共感できた。
「疾走」によって 同じ小説でも年齢によって違う
読み方が できることを知った。
日本経済新聞 2012年10月17日 夕刊”読書日記”から抜粋。
見出しは 「孤独や差別、再読して実感」

写真 by SACHI  
タグ :家庭崩壊


Posted by 伝兵衛 at 10:53Comments(0)少年非行

2012年10月18日

ブラッド・ピット/アメリカの麻薬への対処を批判

麻薬に対する警察の対応について ハリウッドのスター
Brad Pittは厳しく批判した。
彼は 映画”The house I live in" のプロデューサーで、この映画は 
アメリカの麻薬との闘いが機能していないことを示す ドキュメンタリー
である。全米で上映中。
アメリカの治安当局は 40年間 麻薬取引と闘ってきたが 麻薬は 
昔よりも安くなり、純度は高くなり、入手しやすくなった とピットは 
この映画の製作者のホームページで述べている(下記URLで 
原文をだしたら その記事の真中あたりに ホームページへ
飛べる赤字があります)。
10月13日にロスアンゼルスでの上映に先立ち、彼は怒りを
述べた:彼は特権のある立場で生きていて 当事者の代弁は 
できないことを知っている。しかし麻薬と闘っている人々の
苦しみについても知っている。今の状況は茶番である。「逮捕する。
売る方の儲けが増える。もっと多くの人が 金儲けをしたくなる。
悪循環だ。」
ロスアンゼルス・タイムズは この映画を「非フィクション作品の
なかで もっとも重要な作品の一つ」だと報じている。
下記サイトから:
http://www.spiegel.de/panorama/leute/brad-pitt-kritisiert-usa-fuer-ihre-strategie-im-kampf-gegen-drogen-a-861217.html

写真 by SACHI  


Posted by 伝兵衛 at 07:15Comments(0)薬物依存症

2012年10月17日

引きこもり・講演会/庄井良信教授

子ども・若者の人生に寄り添う支援とは何か
不登校・引きこもりサポーター養成 研修会
講師:庄井良信 教授(北海道教育大学)
2012年10月20日(土)開演13.00(終了予定15.50)
参加費:無料
申込み:不要
学生・学者でなくても参加できる。
会場:和歌山大学 基礎教育棟 G101
主催:財団法人 こども未来財団
   NPOレインボーハウス
問い合わせ:レインボーハウス
      TEL 073-462-3060
      e-mail: rainbowh@naxnet.or.jp 

写真 by SACHI

  
タグ :引きこもり


Posted by 伝兵衛 at 05:30Comments(0)こころのケア

2012年10月16日

同性愛の広報活動を制限へinウクライナ

ロシアを手本にして ウクライナ議会は 同性愛者の権利を
減らす意向だ。
「同性の性的関係のための宣伝活動は 禁じられなければ 
ならない」と議会は言う。「免疫を弱めるHIV/エイズを予防する
ため」である。
違反した人には 5年までの刑で罰せられる。この法律は
 欧州の権利と矛盾すると批判する人もある。
ロシアの最高裁判所は その間に 観光の首都ザンクト・
ペータースブルクでの 同性愛宣伝活動の法的禁止を 
承認した。裁判官は その理由付けを言わなかった。
主唱者によると この法律は児童保護に役立つという。
エイズについての啓発活動を妨げると 専門家は批判している。
同じ様な法律は ロシアの幾つかの都市にある。
ロシアでは 同性愛であることは 1990年代初めから
 犯罪行為でなくなっている。
下記サイトから:
http://www.n-tv.de/politik/Kiew-geht-gegen-Homosexuelle-vor-article7381101.html
  


Posted by 伝兵衛 at 10:59Comments(0)中欧事情

2012年10月15日

パーティ麻薬は心臓の筋肉を永久に損ねる

2012年10月12日発:
ドイツのKrefeldで パーティ麻薬をした20歳くらいの三人は 
呼吸困難・能力の低下・浮腫など 重度の心臓障害を起こした。
このような例は ドイツ全土で見られる。
既往症がないのに この三人の心臓は 突然、最重度の回復
不能の障害を呈していた。重度の中毒による 心臓の筋肉の
障害だった。
どのような不利な事情・化学物質が 引き金になったかは 
まだ十分には解明されていない。
アンフェタミン・カフェインをこの三人が使ったことは 分かって
いる。心筋梗塞がみられる例では コカインが 発症に影響した。
ドイツ心臓病学会の理事会は このテーマを議事日程にのせた。
下記サイトから:
http://www.welt.de/gesundheit/article109705437/Partydrogen-vergiften-den-Herzmuskel-fuer-immer.html

写真 by SACHI  


Posted by 伝兵衛 at 08:10Comments(0)薬物依存症

2012年10月14日

アルコール依存症高齢者の映画「思秋期」

アルコール依存の男が 理由のない怒りに駆られ、衝動的に暴力を
振るって周囲に迷惑をかける。そんな高齢男が 夫の暴力に
怯える(おびえる)女と出会い、互いに心を癒し支えあう姿を描く。
失業中の男(ピーター・ミシュランが演じる)は 飲んだくれて ハンナ
(オリヴィア・コールマンが演じる)の働くチャリティー・ショップの
前で倒れていたことから 知り合い、親しくなる。
ハンナは夫の暴力に耐え切れず家出して男に頼る。
監督 パディ・コンシダイン。
20日から 梅田ガーデンシネマで。
日本経済新聞2012年10月12日 夕刊「シネマ万華鏡」から抜粋。
  


Posted by 伝兵衛 at 08:20Comments(0)アルコール依存

2012年10月13日

ゲイバー襲撃by覆面男たちinモスクワ

2012年10月12日発:
10月11日は「カミングアウトの日」。(Coming Out Day).
その夜に20人の覆面した男が モスクワの中心部にある
ゲイバーを襲った。
客は投げつけられる皿やグラスを避けるために 椅子を
もって防衛した。客のうち3人は病院に搬送された。襲わ
れた時、バーには数十人の客がいた。
「同性愛者であることを公にする日」は国際的に祝われて
いて、自分たちの性的志向を打ち明けるように 人々を
勇気づける日である。
ロシアでは 同性愛であることは 厳しく制約されている。
同性愛者の性的志向は 公式に 心の障害とみなされて
いる。7月にザンクト・ペータースブルクの役所は ゲイ・
レズビアンの政治的集会・デモを禁止した。
下記サイトから: 
http://www.n-tv.de/panorama/Maskierte-stuermen-Schwulenbar-article7458376.html

写真 by SACHI  
タグ :ロシア


Posted by 伝兵衛 at 13:12Comments(0)性少数派

2012年10月12日

薬物に溺れた鬼才ジャズピアニストの壮絶な生涯・映画化

フランス人で初めて米国ジャズの名門レーベル「ブルーノート」と
契約したピアニストの鬼才、ミシェル・ペトルチアーニ
(1962~99)の生涯をたどるドキュメンタリー映画「情熱の
ピアニズム」が、10月13日の東京を皮切りに、全国で順次公開される。
骨形成不全症という難病を抱え生まれたペトルチアーニは、
幼児期から音楽に並外れた才能を発揮する。ただ成人して
も身長は約1メートルと、ピアノ演奏には不利な条件を背負っていた。
始終、鎖骨、腕、指、座骨などを演奏中に骨折していたと
いう衝撃的事実がレントゲン写真を伴ってつづられる。
映画は本人の言動をはじめ、共演者や医師、配偶者・恋人ら
多くの関係者の証言で構成。
ユーモラスな言動や奔放な女性関係とは裏腹に ドラッグに
溺れ、命を削る日々が浮き彫りになる。
捨て鉢とも映る36年の 生涯はロートレックにも重なる。
監督は「イル・ポスティーノ」のマイケル・ラドフォード。
以上、日本経済新聞 2012年10月11日 「文化往来」から抜粋。

写真 by SACHI  
タグ :フランス


Posted by 伝兵衛 at 04:53Comments(2)薬物依存症体験談

2012年10月11日

依存症者への親の金/信田さよ子著”家族のゆくえとお金”

月刊「春秋」2012年10月号 p.9~12.から抜粋:
多くの人たちが困ったり悩んだりしているのは、子どもの問題や、
夫や妻、時には親の問題だったりする。自分のことで自分が悩む
ような自己完結的な問題は、ほとんど存在しないといっていい。
80年代末、多くの母親と会うことになった。鎮咳剤(たとえばブロン)
依存症やクレジットカードによる買い物依存症の問題が顕在化して
いたからだ。息子や娘のことでカウンセリングにやってきたのだ。
親に金がなければ高価な咳止め薬を1日10本も飲むことはでき
ないし、ブランドの洋服を何着も買うことは できない。親の
経済力が原因では ないが、必要条件であることは間違いない。
90年代に入ってからも 依存症の家族への対応は「いかにして
お金をださないでいるか」という点に集約されていた。
家族にとってのキーワードは「お金」であると考えている。特に
親子の場合、親の金銭感が子どもに大きな影響を与えることは
もっと強調されていいだろう。
親にお金があるのに、どうやってお金を出さないでいられるか。
これは、貧しい親が子どもにお金を必死で与えることより、
はるかに困難なテーマである。
さらに不況の深刻化によって、90年代に可能だった家族への
介入が不可能になった。引きこもっていた息子を家から出して
アパートに一人暮らしさせることで、親からの自立を図ると
いう戦略がほぼ不可能になった。
家庭内暴力の夫から妻がわかれようとしたとき、問題になる
のがお金の問題だ。
今ある状態から なんとか希望の持てる方向へ変化させていく
ためには、お金こそが重要な役割を果たすのだ。
(のぶた さよこ。原宿カウンセリングセンター所長)
  


Posted by 伝兵衛 at 07:58Comments(0)薬物依存症回復支援