QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです


和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる




[PR]ワインをお求めなら、
うきうきワインの玉手箱
[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
伝兵衛
伝兵衛
オーナーへメッセージ

2012年12月09日

無一物の一家inミュンヘン(続き)

ブリギットは生活保護(ハルツIV)の給付を受けることに
なった。しかし 事務補助の仕事を見つけた。国の
債務者相談所の支援で 彼女は消費者破産手続きに入った。
6年間、彼女の収入のうちの担保になりうる部分は 
受託者によって 債権者に配分された。
債務超過の人々を支援する社会福祉担当部局は 
債務者・破産相談業務を強化する意向だ。なぜなら 
貧困におちいることは 他の重大な諸問題と結びついて
いるからだ。
ブリギットの子ども達の成績はさがった。経済危機の
もたらす精神的負担は 母と娘の間の対立を強くした。
だから 債務者相談所は 教育相談所との関与を求めた。
「たいへん助かった。債務相談所で やっと初めて 
心配事を話すことができた」と彼女は言う。こういう状況
では背面援護してくれる人々が必要だ。人は 嫌でも
決心して援助をもとめなければ ならない。「あと1年で 
借金の返済が終わる」。(おしまい)
下記サイトから: 
http://www.sueddeutsche.de/muenchen/armut-in-muenchen-ein-familie-vor-dem-nichts-1.1501101
  
タグ :ドイツ


Posted by 伝兵衛 at 16:32Comments(0)貧困

2012年12月08日

無一物の一家inミュンヘン

豊かなドイツにも貧困はある。ミュンヘンで5人に一人は 
貧しいか 貧困におびやかされている。
フーバー家は かつて一軒家を借り、馬を持ち、良い生活を
していた。しかし 自営業者の夫が破産して、姿を消した。
母親と娘二人は 無一物になった。
この5年、母と子は 生活保護と同じような お金で生きてきた。
母親Brigitteは 夫の経営していた歯科技工所で 働いて
いた。技工所は15年前に 借入金で開いた。
13歳の娘のために馬を持っていて、15歳の娘には ピアノと
バレーの個人レッスンを受けさせていた。
ミュンヘンでは 約8%の個人(約97000人)が債務超過だ。
債務超過者の1/4は 自営業者だった人だ。
ブリギッテの夫の技工所の経営が悪化するにつれ、夫の
酒量は 増えていった。ついに夫は家族を捨て、姿を消した。
ブリギッテは当時 40歳半ばだった。子どものための預金・
進学保険・生命保険はすべて解約した。借家も解約し、
二室のアパートに引っ越した。
「子どもにとって 引越して、環境が変わったことは 私よりも
辛かっただろう」と彼女は言う。転校して、近所の友達も
クラスメートもなくした。趣味のために お金を出せなく
なった。大切なものを 失った。
去年6000人の市民が ミュンヘン市と福祉協会に 債務相談
に来た。そのうち 約1/3は 片親家庭と 未成年の子を
持つ家庭だった。そのような家庭が 債務超過になる割合は
ミュンヘンの全世帯のうちで 債務超過になる世帯の
割合の 約2倍である。
(つづく)
下記サイトから: 
http://www.sueddeutsche.de/muenchen/armut-in-muenchen-ein-familie-vor-dem-nichts-1.1501101
  


Posted by 伝兵衛 at 15:20Comments(0)貧困