QRコード
QRCODE


和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる




[PR]ワインをお求めなら、
うきうきワインの玉手箱
[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
伝兵衛
伝兵衛
オーナーへメッセージ

2015年06月30日

刺青の除去(上)レーザーによる

ドイツでは約800万人が入墨をいれている。しかし体に描いた
美術作品を消したいと思っている人は多い。
ベルリンの病院のレーザー医療センター長 Dr. Carsten Philipp
の話しによると小さい漢字の入墨一つを入れるのには 2~3日
刺青師のところへ通うだけだが、これを消すには その何倍もの
日にちが かかる。上腕部全体に太陽の入墨をいれた患者は
8~12回 病院へ来る必要がある。一回の治療費は 120~140
ユーロ。治療が終わるまでに この10倍くらいの経費が要る。
レーゲンスブルク大学で入墨を研究する Wolfgang Baeumler
教授の話しでは、入墨を除去するには レーザー装置により
光の衝撃を与え、皮膚の中の染料を粉砕する。そうすると 
染料はたいへん小さくなり、リンパ液に入る。今 使われて
いるレーザーでは 黄色など幾つかの染料は しばしば除去
できない。従ってうまくいかない場合には 入墨は部分的に
残る。(つづく)
下記サイトから:
http://www.welt.de/vermischtes/article143271068/Tattooentferner-ist-ein-lukrativer-Job.html

写真提供 SACHIさん  
タグ :ドイツ


Posted by 伝兵衛 at 14:33Comments(0)入墨

2015年06月29日

高齢者の育てていた花や盆栽の引き継ぎ

ダルクの西に古い集合住宅がありまして、そこに住む
オジサンは 集合住宅の空き地に花や野菜を植えて
います。余った朝顔の苗をオジサンはもらってくれました。
高齢者が突然 亡くなり、その人の植木鉢や幾つかの
花の苗も オジサンは引き取ってくれました。

高齢者がケアハウスに入ったり、衰えて世話できなく
なったりしたら 花や盆栽は枯れます。運がよければ 
どなたかに引き取られます。
戦争中 南洋で船乗りをしていた方は盆栽を60くらい
育てていましたが ついに この春に土の入れ替えや
根の手入れができなくなり 雑賀崎の岬にある番所庭園
(ばんどこ ていえん)が松の盆栽だけ30ほど引き取って
地植えしてくれました。ここは入場料の要る私設公園です。
岬の芝生のなかで元 盆栽の松が生きているはずです。
まだ見に行ってませんが。



  


Posted by 伝兵衛 at 12:12Comments(0)

2015年06月26日

曹洞宗現職研修会


曹洞宗 慈恩山 西福寺の人権擁護推進主事をなさっている
御住職の石上公望さんより講師として皆様の研修会に
お招き頂きました。
和歌山県田辺市の研修会の会場にお邪魔して2時間
お話をさせて頂きました。
会場には和歌山県内の沢山の和尚様がいらっしゃいまして、
神々しい空気の中での講演は始めてでした。演台から拝見
する皆様の姿は背筋がピンと伸びていて、2時間同じ姿勢で
あまり動かれないのです。最高年齢90歳の方もいらっしゃい
ました。永平寺などで厳しい修行をされた皆様の姿勢は
真直ぐで、若々しくて驚きました。
 昼食を皆様と頂きました。食事の前に合掌してお祈りを
します。食事前に唱える食事訓「五観の偈」を唱えて頂
きました。
研修会の事前の打合せもお食事の時も、皆様には色々
教えて頂きました。お寺では、座禅をしてみたい人のために
座禅開放日を設けられています。何時かチャレンジさせて
頂きたく存じます。
皆様、お世話になりました。有難う御座いました。今後とも
宜しくお願い申し上げます。






          


  


Posted by 伝兵衛 at 16:21Comments(0)

2015年06月25日

性的少数派の祭りinラトビア(下のニ)

同性のパートナーを登記するという法律を議決することを 
ラトビア政府は急いでいない。隣のエストニアで2014年に
このような法律が成立した時に ラトビアの法務相は この
ような法律はラトビアの価値観を脅かすと述べた。一緒に
暮らす人は自分たちの資産の状態を公証人のもとで管理
することができる、とも法務相は述べた。ラトビアの外務相
Edgars Rinkevics がソーシャル・ネットワークに 自分は
同性愛者だと公表した時に 議論が熱くなった。同性結婚が
認められるという法律を 外務相は要求した。
議会はこのような法律を承認しないだろうと、ラトビアの政治
学者 Ivars Ijabsは考えている。ラトビア社会に政治家への
不信は根強い。多数派の意見を満足させない処置は 小さい
処置でも 政治家の経歴を犠牲にすることになりかねない
とIjabsは言う。(おしまい)
下記サイトから:
http://www.dw.com/de/europride-ein-toleranztest-f%C3%BCr-lettland/a-18524651

写真は 秋葉町のダルクの隣にいたシーズー。
今 ナイト君は岩出で暮らしています。
  


Posted by 伝兵衛 at 14:05Comments(0)性少数派

2015年06月24日

性的少数派の祭りinラトビア(下の一)

性的少数派の問題をラトビアの国民に周知させ、寛容を
促進するために リガでのこの行事は良い機会になる。
2005年にリガで最初のLGBTパレードが行われて以来、
パレード参加者への干渉はあった。参加者が罵られ、卵を
ぶつけられるのは ありふれた事だった。今は そうではない。
それでも 政治家や社会的組織の中には リガでのこのような
催しを拒絶する人がいる。たとえば リガの副市長は この
催しを「社会における相互理解を促進しない毒々しいデモ」と
述べた。ラトビアの元大統領は「人は同性愛を押し付けては 
いけないし、同性愛を宣伝してはいけない」、パレードなどを
しても「どうなるものでもない」と述べた。(つづく)
下記サイトから:
http://www.dw.com/de/europride-ein-toleranztest-f%C3%BCr-lettland/a-18524651


  


Posted by 伝兵衛 at 16:39Comments(0)性少数派

2015年06月23日

性的少数派の祭りinラトビア(中)

生活を共にするパートナーを登記する権利を求める
ことが リガでのユーロプライド祭りの主な要求だ。
臨床心理士のJolanta は同性のカップルの家庭を持つ。
彼女のパートナーはEU加盟国出身ではない。ラトビアでは 
同性がカップルとして一緒に暮らしているという理由では 
滞在許可を得ることができない。永年このカップルは学生ビザで
済ませてきた。二人は5年後にラトビアの市民権を申請する
ことを望んできた。しかし学生としての滞在期間は半分と
みなされると役所は伝えてきた。そのためJolantaはパートナーと
共にイギリスへ移住するつもりだ。
同性カップルがラトビアへ移住してきた場合に不利益を受ける。
そしてパートナーのどちらかが死んだ時に 共同で得た資産の
分割にあたっても不利益を受ける。人工授精によって親になる
レズビアンのカップルが増えている。その場合に子どもへの権利は
実母だけが持つ。母親が突然 死ぬとどうなるのか?
(つづく)
下記サイトから:
http://www.dw.com/de/europride-ein-toleranztest-f%C3%BCr-lettland/a-18524651


  


Posted by 伝兵衛 at 18:07Comments(0)性少数派

2015年06月22日

性的少数派の祭りinラトビア(上)

旧ソ連で始めてラトビアで「ユーロプライド」という性的
少数派の祭りが開かれた。欧州最大のLGBTイベントの
最高点は 首都リガで6月20日に行われたパレードである。
しかし首都の住民の一部しか このパレードを歓迎していない。
リガの住民の3/4は ユーロプライド祭りを拒絶している。
わずか3%が支持している。これはラトビアのSKDS社会学
研究センターのアンケート結果である。ラトビアで定期的に
行われているゲイ・パレードも緊張を引き起こしている。
リガでの今年のユーロプライドのプログラムには 50以上の
催しがある。その中には映画祭やLGBT社会の歴史に
ついての展示会もある。LGBTとは レズビアン・ゲイ・両性愛者・
トランスジェンダーのことだ。6月20日のリガでのパレートに
約2千人が参加すると期待されている。(つづく)
下記サイトから:
http://www.dw.com/de/europride-ein-toleranztest-f%C3%BCr-lettland/a-18524651

写真提供 ASAMA, Kiyosiさん
  


Posted by 伝兵衛 at 17:31Comments(0)性少数派

2015年06月21日

虹色の明かりの飾りへの嫌がらせ

アメリカ・ボルティモアのJulie Baker さんが 家の庭に
七色の光の飾りをぶら下げたところ、それを見た ある人が
次のようなメモをベイカーさんのドアに入れた:
「あなたの庭は 執拗にゲイ的になっている。近所の私や
他の人たちは もう少し穏やかにするように求める。この
辺りはキリスト教徒の住む地区であり、子供達もいる。この
まま続けるなら、警察をあなたへ行かせる。神を尊重する
ことを要求します」。
虹や虹色は ゲイ・プライドのシンボルだ。
このメモに頭に来たベーカーさんはもっと多くの虹色の明かりを
つけようと ネットに報復のためのページを作り、募金を始めた。
金は「庭をさらにゲイ的にするために」使われる。6月17日
現在でこの募金は$26000になった。
下記サイトにその美しい灯りの写真あり:
http://www.baltimoresun.com/features/gay-in-maryland/bal-relentlessly-gay-yard-20150617-story.html


  


Posted by 伝兵衛 at 16:01Comments(0)性少数派

2015年06月19日

紀北農芸高校・講演会

和歌山県立紀北農芸高等学校 生徒指導講演会
2015年6月17日の水曜日、和歌山県伊都郡にある紀北農芸
高校におじゃまさせていただきました。生徒指導講演会の
講師としてお声をかけていただきました。こちらの学校の
最寄駅はJRの「中飯降」という駅です。お恥ずかしい話
ですが、この駅名、何と読むのか解りませんでした。読み方を
聞く時も、真ん中にご飯が降って来たやつみたいなって
幼稚な説明をして・・・・「なかいぶり」ですね。憶えておきたい
と思います。
 体育館での授業だったのですが、講演の途中に豪雨に
見舞われザーッというかなり大きな雨音がしばらく続き、生徒
さん達には私の声が聞き取りにくい状態になりました。ハプニ
ングが起きてしまって、スミマセンでした。それでも最後まで
静かに聞いて下さって嬉しかったです。
 講演が終了後、生徒さん達が造っておられる生花(オンシジュ-ム)と
鉢植えとお野菜を頂きました。このお花は、元気の出る黄色い
お花で、可愛いですよ。鉢植えをいただいたので、私も大切に
育てたいと思います。そしてお野菜は、これから頂きます。中華に
する予定です。皆様におもてなしを頂いて嬉しかったです。
 紀北農芸高校の生徒さん達が、これからも充実したスクール
ライフを送られる事を心より祈っています。又、社会に出ても薬物
とは無縁のコミュニティで暮らして飛躍して頂きます様に。
有難うございました。


  


Posted by 伝兵衛 at 08:14Comments(0)

2015年06月18日

アルコール依存症の父をもつ娘(下)

私が20歳のときに 父はウツを克服した。父のアルコール依存は
まだ続いていた。私は大学入学資格試験に合格していたので 
大学へ行って 父のもとから去るつもりだった。自分自身を見つめる
ために必要な場を 新しい土地が提供してくれるだろうと思った。
その後 6年たった今、地理学でなく 特別教育の分野で
修士論文を書いている。心の病気の親や依存症の親をもつ子どもに
ついて大学で学んだ。こういう子ども達はひっそりと苦しんでいる。
私はかつて このような子どもの一人だったのだということを 
はっきりと認識している。そうだったのだと憤り無しに言うことが
できる。無事に逃れたのだと理解している。
◎上記の記事に 6月18日現在で 11のコメントが寄せられている。
そのうちの1つのコメントは自助グループについて:
アルコール依存症者の身内(家族)のために 自助グループは貴重な
支援を提供する。たとえばアラノン(Al-Anon)はAA(アルコール依存症者
匿名会)に付属するグループであり、依存症者の身内が経験を分かち
合う。大都市にはアラノンがある。
下記サイトから:
http://www.zeit.de/studium/uni-leben/2015-06/alkoholismus-vater-depression-belastung

  


Posted by 伝兵衛 at 16:42Comments(0)アルコール依存

2015年06月17日

アルコール依存症の父をもつ娘(中)

私が16歳の頃、父はアルコール依存に加えて、ひどいウツにも 
かかった。しかし医者がそう診断したのではなかった。父は
医者に決して行かなかった。父の病気になった理由と病気との
付き合いについて私は知っているが、部分的に理解している
だけだ。確かなことは 父の私に対する態度が ひどく 煩わしく
なったということだ。孤独・悲しみ・体が段々と思うように機能
しなくなっていくこと等は たった一人の人にしか隠さなかった。
私にだけは隠さなかった。
なので 私は毎週末に父の住んでいる所へ行き、父の隣の人に
「一緒にドアのところまで来て」と頼んで ブザーを押した。父が
ドアを開けるか どうか分からなかった。父は自殺しようと考えた
ことがあると率直に私に話した。地下室に置いているロープの
ことも語った。ロープを首に巻きつけたことは なかった。私は
そういう事を決して他の人に漏らさなかった。母親は 私の世話を
十分にしてくれたが、母の言うことを受け入れられるようになった
のは ずっと後になってからだった。私にとって支援が必要だった
のだと言うことを 私はその頃には理解していなかった。(つづく)
下記サイトから:
http://www.zeit.de/studium/uni-leben/2015-06/alkoholismus-vater-depression-belastung

  


Posted by 伝兵衛 at 17:06Comments(0)アルコール依存

2015年06月16日

アルコール依存症の父をもつ娘(上)

父親がアルコール依存症なので、父から遠く離れた大学に
進学した娘の手記。
やっと支援が必要だったのだと気がついた。
遠くの大学へ入ったことを 友人達は 自己実現の行動だと
受け取ったが 本当のところは 父のアルコール依存から
逃れるために 父のもとを去っただけのことだった。
私が幼かった頃、両親は離婚した。母親のもとで育って、
父は週末に会いに来た。
子どもの頃、父を素敵な人だと思っていた。二人でバルト海の
浜で化石を探したりした。週末に雨だったら、二人で「人は
君を怒らせない」という遊びをした。父は私に本を読ませる
だけのこともあった。最初のうちは漫画や子ども向けの犯罪小説を
読ませた。後になると、父親の自著を読ませた。読んでも理解
できない本が多かったけれど。
しかし年長になるにつれて、父と居ると落ち着かない気分が
強くなった。父に大きい変化が起きていたからだろう。父が
朝早くから酒を飲み始めるのに気がついた。
父は常に自分が正しいとする考えを 私に対して持っていた。
時には挑発的になった。「いつでも酒を止められるが 止める
つもりはない」。こういう言葉を聞いていると、父親というものに
対する憧れを嘲笑するものと思えた。自分の娘を思いやることを 
父親は自分でからかっている ように思えた。(つづく)
下記サイトから:
http://www.zeit.de/studium/uni-leben/2015-06/alkoholismus-vater-depression-belastung

写真提供 SACHIさん  


Posted by 伝兵衛 at 18:25Comments(0)アルコール依存

2015年06月15日

ゲイ・プライド・パレードinイスラエル

下記サイトに写真11枚:
http://www.stern.de/reise/fernreisen/gay-pride-in-tel-aviv-so-ausgelassen-feiern-israels-schwulen-und-lesben-2200922.html
6月12日にテルアビブはゲイ・レスビアン・トランスジェンダー
(心の性とからだの性が違う人)などの首都になった。今年の
パレード参加者は10万人以上。見物客は18万人、そのうち
5万人は観光客。
テルアビブは同性愛とトランスジェンダーの人にとって最も
寛容な町だとされている。Conchista Wurst という2014年
ユーロビジョン歌コンテストの優勝者が来賓として参加した
(写真4が その人)。
テルアビブは「ピンクの冬祭」によって 性的少数派の
観光客を誘致した。このゲイ・プライド・パレードは17回目。
今年はトランスジェンダーの人を中心にした。

  
タグ :イスラエル


Posted by 伝兵衛 at 18:03Comments(0)性少数派

2015年06月12日

薬物依存症者家族匿名会・報告

2015年6月12日(金)に ビッグ愛の県精神保健福祉
センター2階でナラノン(薬物依存症者家族匿名会)を
開きました。和歌山市・紀美野町から5人あつまりました。
次は第4日曜 カトリック屋形町教会で。
★誰が来て、何を話したかは 書けないことになって
います。そういう事情で このブログは他のメディアの
記事の抜粋が多くなります。

  


Posted by 伝兵衛 at 17:40Comments(0)薬物依存症回復支援

2015年06月11日

追悼・直山隆義さん・フルーツ楽園アルジ

6月7日にカキコミしましたように、広川町の
フルーツ楽園というホテルの創業者・直山隆義さん
の三回忌法要は2015年6月7日でした。
このホテルは二十年ほど前,全国版のTV番組
「探偵ナイトスクープ」で紹介されました。
出演しているタレントさんは小枝さんなど(他の
タレントの名前は知らない)。
その動画はYoutubeで:
https://www.youtube.com/watch?v=mnH8oywDVVk
この動画は ジェットコースター(実は果樹園の狭い道を
走る軽トラ。帰りはバックで戻る。恐怖です)。ガマ女神像
(創作されたガマ伝説に基づき 神社に瀬戸物のガマを安置する)。
マジックショー(オヤジさんと奥さんが出演する。種も
仕掛けもよく見える)。男湯から女湯へ潜って自由に行き来
できる天体風呂。など充実したサービスでした。
★「楽園」で客を楽しませたい一心で働いておられた
ホテルマンの鏡です。
既にホテルは廃業し、宿の周囲の果樹園は元の山に戻り、
農業も宿も無くなりました。
客にとって大変ありがたい宿が段々、なくなります。
和歌山県内にこういう珍しい宿をご存知のかたは ぜひ
教えてください。

  


Posted by 伝兵衛 at 12:44Comments(0)

2015年06月10日

ドローンで麻薬搬送inメキシコ

メキシコで麻薬を積んだドローンが墜落した。ドローンは
身柄を確保されても何もしゃべらない。しかし それほど
信頼はできない。
国際的麻薬密売組織も飛ぶロボットの利点に気づいた。
ただドローンを操縦するパイロットの養成はしなければならない。
アメリカを飛びったった このドローンはメキシコにある国境の
町 ティファナに墜落した。3キロの合成麻薬クリスタルメスが
積まれていた。警察によると このドローンは過積だった。
ティファナの警察によると ティファナからアメリカの方角へ
飛ぶドローンは幾つか目撃されている。
ドローンは刑務所の壁をも超えられる。去年年末に ドイツの
Oslebshausen の刑務所の中へドローンを使って麻薬と携帯
電話を入れようとしたが、ドローンは刑務所の中庭に落ちて、
バラバラになった。これは操縦する人の能力が不十分だったためだ。
下記サイトから:
http://www.faz.net/aktuell/gesellschaft/drohne-mit-drogen-stuerzt-in-mexiko-ab-13384614.html

写真提供 SACHIさん  


Posted by 伝兵衛 at 09:10Comments(0)薬物販売組織

2015年06月07日

湯浅町の蛍+広川町のフルーツ楽園

湯浅町山田の「ほたるの園」は閉鎖され、その近くの
二の丸温泉の露天風呂で蛍を見られます。昨日 
二の丸温泉へ行きました。女風呂に三匹の蛍が
飛んできたのに、男風呂に来た蛍はゼロ。一緒に
行った小5の女の子二人は「蛍も変態」と言うて
いました。
湯浅の隣、広川町のフルーツ楽園というホテルの
創設者の三回忌法要は今日でした。長いあいだ
ケアハウスにおられました。楽園は廃業されました。
二十年ほど前,TV番組「探偵ナイトスクープ」で
紹介されました。その動画はYoutubeで:
https://www.youtube.com/watch?v=mnH8oywDVVk
オヤジさんのお元気だった御姿を拝めます。
★フルーツ楽園のオヤジさんも気前のいい方だった
そうです。本業のフルーツで生活はできるから
ホテルは「楽園」として御自分の楽しみによって
客を楽しませておられたのでしょう。
湯浅町栖原の民宿山際(有田ユースホステル)の
女主人さんも フルーツ楽園と同じような方針で
40年、運営されてきたように思えます。あまりに気前が
良すぎて先日も外国からの客に無銭飲食されました。
こういう風に 客にとって大変ありがたい宿が段々、
なくなります。和歌山県内に こういう珍しい宿を
ご存知のかたは ぜひ教えてください。


  


Posted by 伝兵衛 at 18:19Comments(0)

2015年06月06日

ホームレスは罰金刑になるおそれがinロンドン

ロンドンのHackney区域でホームレスが路上で寝たり、
物乞いしたりすると1千ポンドまでの罰金を支払わなければ
ならないことになった。罰金を支払わなければ、裁判により 
千ポンドを支払えるように働かせる。
一方、このホームレス差別を止めさせようというオンライン
請願に 3万人が署名した。そとで寝ることが犯罪だと言う
のは理不尽であり、そういう「犯罪」のために罰せられては
ならないと 請願は要求している。
下記サイトから:
http://www.stern.de/panorama/london-obdachlosen-im-stadtteil-hackney-drohen-hohe-geldstrafen-fuers-schlafen-und-betteln-2198672.html

  


Posted by 伝兵衛 at 08:27Comments(0)路上生活

2015年06月05日

エイミー・ワインハウスのドキュメンタリー

エイミーは薬物とアルコールの依存の果てに
5年ほど前に27歳で亡くなった。この最高の
ポップスターの悲劇的な物語を ドキュメンタリー映画
Amy: the girl behind the nameは示す。エイミーの
道連れや家族を 英国の監督 Asif Kapadia (42歳)は
インタビューしている。エイミーの愛した薬物依存症者
Blake Fielde-Civil(32歳)やエイミーの父親 Mitch
Winehouse(64歳)とも 監督は話している。
下記サイトから:
http://www.bild.de/unterhaltung/kino/amy-winehouse/exklusiver-trailer-zur-doku-ueber-den-toten-popstar-41219334.bild.html



  


Posted by 伝兵衛 at 12:18Comments(0)薬物依存症

2015年06月03日

「徳島・ギャンブル問題を考える」

ソーシャルワニカーデー2015inとくしま
「徳島・ギャンブル問題を考える」
第4市民公開講座
ソーシャルワーカーの活動、役割について県民の皆様に
幅広く知っていただくことを目的として、県内のソーシャル
ワーク職能三団体が合同で記念講演会及び無料相談会を
開催いたします。

平成27年7月20日(月)
12:20~16:30(12:00~ 受付)
◎活動報告
徳島県社会福祉士会、徳島県医療ソーシャルワーカー協会、
徳島県精神保健福祉士協会 各団体代表者による活動報告
 
◎講演「ギャンブル依存症の脳科学」   \
  講師:鶴身孝介          犬
  京都大学大学院医学研究科 脳病態生理学講座 精神医学教室
◎話題提供「ギャンブル依存症の実態と止め方・対処法」
  講師:吉田精次
  社会医療法人あいざと会 藍里病院 副院長
【体験談】・当事者からの体験談      
    ・家族からの体験談    
◎福祉なんでも相談会
暮らしの中の困りごと、介護保険のこと、成年後見制度など、お気軽にご相談下さい

参加費 無料
会場:徳島県立障がい者交流プラザ 3階
徳島県徳島市南矢三町2丁目1-59
(徳島科学技術高等学校南)
参加対象:興味・関心のある方など、どなたでもご参加下さい
参加申し込み》 FAXにてお申し込み下さい
 ※当日参加も可能ですが、できるだけ住所氏名、所属を書いてお申し込み下さい
間合せ先:
事務局:徳島県精神保健福祉士協会(自立訓練事業所ウイスパー内)
088-631 -1 61 5
主催/徳島県社会福祉士会 徳島県医療ソーシャルワーカー協会 徳島県精神保健福祉士協会
共催/四国・ギャンブル問題を考える会
後援/徳島県 徳島県精神保健福祉協会 徳島県社会福祉協議会 徳島新聞社 四国放送
   徳島大学歯学部 徳島文理大学 徳島ギャンブル依存症家族会(予定)

  


Posted by 伝兵衛 at 16:46Comments(0)ギャンブル依存