QRコード
QRCODE

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
伝兵衛
伝兵衛
オーナーへメッセージ

2012年10月12日

薬物に溺れた鬼才ジャズピアニストの壮絶な生涯・映画化

フランス人で初めて米国ジャズの名門レーベル「ブルーノート」と
契約したピアニストの鬼才、ミシェル・ペトルチアーニ
(1962~99)の生涯をたどるドキュメンタリー映画「情熱の
ピアニズム」が、10月13日の東京を皮切りに、全国で順次公開される。
骨形成不全症という難病を抱え生まれたペトルチアーニは、
幼児期から音楽に並外れた才能を発揮する。ただ成人して
も身長は約1メートルと、ピアノ演奏には不利な条件を背負っていた。
始終、鎖骨、腕、指、座骨などを演奏中に骨折していたと
いう衝撃的事実がレントゲン写真を伴ってつづられる。
映画は本人の言動をはじめ、共演者や医師、配偶者・恋人ら
多くの関係者の証言で構成。
ユーモラスな言動や奔放な女性関係とは裏腹に ドラッグに
溺れ、命を削る日々が浮き彫りになる。
捨て鉢とも映る36年の 生涯はロートレックにも重なる。
監督は「イル・ポスティーノ」のマイケル・ラドフォード。
以上、日本経済新聞 2012年10月11日 「文化往来」から抜粋。

写真 by SACHI

タグ :フランス

同じカテゴリー(薬物依存症体験談)の記事画像
江夏豊・日経新聞に連載
ゴミ収集で生きるinサンパウロ・連載2(写真集
ゴミ収集で生きるinサンパウロ・連載1(写真集
エイミー・ワインハウスの映画
回復への経過・木津川ダルクから
「その後の不自由 嵐のあとを生きる人たち」
同じカテゴリー(薬物依存症体験談)の記事
 江夏豊・日経新聞に連載 (2017-12-04 12:18)
 ゴミ収集で生きるinサンパウロ・連載2(写真集 (2017-08-23 09:11)
 ゴミ収集で生きるinサンパウロ・連載1(写真集 (2017-08-22 09:16)
 エイミー・ワインハウスの映画 (2016-07-16 18:47)
 回復への経過・木津川ダルクから (2016-07-06 09:07)
 「その後の不自由 嵐のあとを生きる人たち」 (2016-05-19 15:21)

この記事へのコメント
キ―ス・ジャレットと共に、大好きなピアニストのひとりです。

彼のトリオを聴いて、再びドラムのスティックを握り始めたのです。

貴重な情報をありがとうございます♪

 
Posted by キ―ス at 2012年10月12日 08:25
キース様 コメント有難うございます。ジャズは全く分からないですが、ただ薬物で壊れた方だそうなのでカキコミました。
Posted by 伝兵衛伝兵衛 at 2012年10月12日 12:30
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。