QRコード
QRCODE


和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる




[PR]ワインをお求めなら、
うきうきワインの玉手箱
[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
伝兵衛
伝兵衛
オーナーへメッセージ

2012年11月30日

麻薬犬はスプレーで無力に

ロシアのマフィアがドイツで刑務所を支配(5)
外から刑務所へ覚醒剤入りの荷物を送っても 麻薬犬に
見つかる心配はない。オランダ製のスプレーを荷物に
かけている。スプレーはアンモニアから作れれていて 
麻薬犬の鼻は効かなくなる。
ある意味で ロシア人の主導により 刑務所内で目立った
暴力は ないことに なっている。縄張り争いや 目に
見える抗争は 稀だ。監房では 腎臓・腹・心臓のどれかに 
ボスが3発 殴って訓戒を与える。
刑務官は 少なすぎて、こういうことを知らない。
ロシア人は外にも ネットワークを整備しているので 
恐怖心から 誰も 情報を漏らさない。
Alexejのような人が 秘密を漏らせば、国家は良くなる
チャンスはある。しかし それは稀だ。Alexejは32歳。見た
目も良く、知的だ。今は 妻と一人の子がいる。それで 
足を洗うことにした。
昔の生活は 忘れられるものでない。からだ中に入れた
入墨を 見るたびに、仲間との約束を毎日、思い出す。
今も 刑務所にロシアのマフィアがいる。数人が 抜けた
ところで、他にいるから システムは生き延びる。(おしまい)
下記サイトから:
http://www.sueddeutsche.de/bayern/kartelle-im-gefaengnis-wie-die-russenmafia-den-knast-kontrolliert-1.1512244-4

写真 by SACHI  


Posted by 伝兵衛 at 18:18Comments(0)刑務所

2012年11月29日

ロシアのマフィアがドイツで刑務所を支配(4)

Alexej Petrowは 出所しても 数ヶ月後にまた大量の
麻薬を保持したとして逮捕される。
バイエルンの刑務所にいる人の2/3は 刑期が2年以下だ。
受刑者の半数は初犯である。Florianも刑務所に入ったり 
出たりしている。「あそこには何でもある。女と自由以外は」
と彼は言う。
Igorは刑務所でボスと呼ばれていた。Igorは被告席に座り、
そばに通訳者がついた。彼のロシア語が 分かりにくく、
通訳者が当惑しているのを見て、彼は言った「私達は暗号を
使う。私が弟に”病気になったので 医者は20錠を処方した”
と言うと 弟は2万ユーロを ある口座に振り込むことになって
いる」。「私は たとえばオランダで麻薬を手配する。塀の外の
仲間に 電話すると 彼は買いに行って 支払う。麻薬の
半分は 私に無料で送ってくる。残りの半分を彼は売って 
彼の勘定にいれ、また仕入れる。」
どうやって 刑務所へ麻薬を送れるのかと言うと 面会に
来る人・外部の配送人を使って 刑務所へ薬物を持ち込む
のだ。監視員とのゲームだ。たとえば 刑務所内の作業場で
使うネジを 持ってくる人を利用する。所外の共犯者が 
ネジの荷箱に 携帯電話と麻薬を隠して 持ち込み 
中の受刑者が 荷降ろしの時に回収する。
(つづく)
下記サイトから:
http://www.sueddeutsche.de/bayern/kartelle-im-gefaengnis-wie-die-russenmafia-den-knast-kontrolliert-1.1512244-3

写真 by SACHI  


Posted by 伝兵衛 at 18:02Comments(0)刑務所

2012年11月28日

ロシアのマフィアがドイツで刑務所を支配(3)

(11月27日のカキコミの続き)
刑務所内で どうして大金を稼げるのか? 需要と恐怖と
依存症を利用するからだ。
もっとも大切なのは 大半の受刑者が薬物依存だと
いうことだ。
ヘロインは1グラム、世間では100ユーロなのに 
刑務所内では600~800ユーロになる。鎮痛剤Subutexは 
一錠200ユーロ。これらの値段は 月々30ユーロの小遣い
銭が与えられる受刑者にとって大金だ。刑務所内で働くと
80ユーロになる。この稼ぎは すべて煙草代に消える。
薬物の代金は 刑務所の外の銀行口座に振り込まれる。
受刑者の身内が 支払いを頼まれる。
(つづく)
下記サイトから:
http://www.sueddeutsche.de/bayern/kartelle-im-gefaengnis-wie-die-russenmafia-den-knast-kontrolliert-1.1512244-2
  


Posted by 伝兵衛 at 18:14Comments(0)中欧事情

2012年11月28日

麻薬戦争でミスコン女王死亡inメキシコ

2012年11月27日発:
メキシコでは麻薬戦争のために2006年以後、約6万人が
死んでいる。
スザナ・フロレスは2012年にミス・シナロア州に選ばれた。
彼女は 強力なシナロア麻薬組織とつながりがあった。
メキシコ軍と薬物犯罪者との戦闘によって 5人が死んだ。
彼女は そのうちの一人だった。
下記サイトから:
http://www.n-tv.de/panorama/Schoenheitskoenigin-kommt-um-article9612386.html
  
タグ :メキシコ


Posted by 伝兵衛 at 08:33Comments(0)

2012年11月27日

ロシアのマフィアがドイツで刑務所を支配(2)

(11月23日のカキコミの続きです)
バイエルン州に 受刑者が刑務所で受けた虐待に
ついての数字はない。
しかし バイエルン州では(1)他のどの州よりも 人口
あたりの比率で見ると 受刑者の数は多い。
(2)一人あたりの刑務官が監視する受刑者数は 他の
州よりも多い。5260人の刑務官が 9500人の受刑者を
監視している。
刑務所内で売人だったAlexej Petrowは 12年たらずを 
州内の幾つかの刑務所で過ごした。それ以前 1996年に
母と共にロシアから ドイツに来た。その2年後、19歳の
ときに初めて 少年として逮捕された。薬物販売の罪
だった。彼はほとんどドイツ語を話せなかった。刑務所の
外に 友達はいなかったが、刑務所には 直ぐに慣れた。
賢かったし、物事をうまく組織できた。
以上は 下記サイトから:
http://www.sueddeutsche.de/bayern/kartelle-im-gefaengnis-wie-die-russenmafia-den-knast-kontrolliert-1.1512244
ロシア人は ドイツの刑務所の中で 団結している。
刑務所内の麻薬取引は儲かる。Alexejは 収入の中から 
毎月2000ユーロを母親に送金していた。
その他に 4年間で2万ユーロ以上を貯めた。
刑務所にロシア人の共同金庫があり、ロシア人受刑者は 
小遣い銭の一部を供出しなければならない。その金で 
コーヒー・煙草を買い、弁護士を雇う。
(つづく)
下記サイトから:
http://www.sueddeutsche.de/bayern/kartelle-im-gefaengnis-wie-die-russenmafia-den-knast-kontrolliert-1.1512244-2

写真 by SACHI  
タグ :ドイツ


Posted by 伝兵衛 at 18:19Comments(0)刑務所

2012年11月26日

酒井法子さんについての心配

スポーツ報知 2012年11月25日の記事から抜粋:
ダルクの家族相談室・繁原賢吉代表は 次のように語った:
仕事の再開は、緊張やストレスの影響から、薬物再使用の
引き金になりやすい。薬物使用時に聴いていた音楽・着用
していた衣類などを避け、打ち上げの場での酒摂取も
控えた方がいい。心配なのは、さまざまな利害関係の
ある人に囲まれ、本気で心配してくれる人がいなくなる
ことだ。グループでのミーティングに参加し、再犯防止に
努めるべきだ。

★ブログ管理人の蛇足:
スポーツ紙にも 丁寧に取材して書いた記事がある。
だから 捨てられていたら 拾った方が得だと思う。
南海高野線 難波発 (高野山の下の)極楽橋行きは 
橋本を過ぎると 客はほとんど居なくなる。橋本を出ると 
車掌さんは 新聞・週刊誌を集め始める。20年以上
まえのことを思い出した。
車掌さんの身内に 依存症者が居て、藁をも掴むような
気持ちで 捨てられた新聞を集めていたのかも知れん。
  


Posted by 伝兵衛 at 07:59Comments(0)薬物依存症

2012年11月25日

里子・行方不明にinドイツ(続き)

(昨日のカキコミの関連記事です)
2012年11月23日発:
実母が薬物依存症だったため11歳のイェレミーは 
2年ほど前に里子になった。
彼は里親の小型トラックを運転して 100キロ離れた
ハンブルクへ行ったと言われている。
彼は難しい子だったので 閉鎖的な施設に入れるよりも 
サーカスの方が良いと 当局は判断した。彼がジプシーの
家系だったことも サーカスの家庭に行くことになる理由の
一つだった。
里親のところで 何か問題があったらしく、彼は祖父母に
泣きながら たびたび電話していたらしい。
彼は学校へ行っていない。インターネットで勉強していた。
祖父の話では 家出後の11月21日に 彼は祖父に
心配しないようにと 電話してきた。
ハンブルク中央地区の役所は この事件で非難にさらされ
ている。というのは 2005年にJessicaちゃんが低栄養
状態で死に、2009年にLara-Maちゃん(生後9ヶ月)も
同じ死因で亡くなり、Chantalちゃん(11歳)は 薬物依存症の
実の親から離れて 里親のところへ行ったが 里親も薬物
依存症であった。そしてChantalちゃんは メタドン中毒で
死んだ。
困難な社会的背景をもつ子どもにとって 永続的な環境が
大切だ。巡業サーカス団が 安定性を提供できるかどうか 
不確かだ。
「あの子は 人を疑わない。あの子を食い物にする大人に
出会わないように 願っている」と祖母は語った。
下記サイトから:
http://www.stern.de/panorama/vermisster-elfjaehriger-das-raetsel-um-ausreisser-jeremie-1931117.html#utm_source=sternde&utm_medium=zhp&utm_campaign=panorama&utm_content=snippet-aufmacher

写真 by SACHI  


Posted by 伝兵衛 at 13:37Comments(0)薬物依存症

2012年11月24日

里子・行方不明にinドイツ

2012年11月23日発:
11歳のJeremieは 実母が薬物依存症だったため メークレン
ブルク・フォーポメァン州の巡業サーカスの家族の里子なった。
少年が消えて3日になる。
実母と祖父母は 関係者を厳しく非難しているが、事件は
謎に包まれている。
イェレミー少年が サーカスに入って 2年近くになる。
生みの両親は 少年が赤ちゃんの頃に 養育権を失って
いる。実母が薬物依存症だったためだ。それで 少年は
ハンブルクの祖父母に預けられた。しかし祖父母は 少年と
うまく いかなかったので、2010年12月にサーカスの
家族に里子として 少年は預けられた。
彼には グループ授業よりも 個人教育の方が 馴染み
やすいと判定され、たとえば 農場・乗馬訓練所・サーカスの
家族で 個人的に 目をかけて もらう方がいいと された。
彼は 自分や他人に対して 攻撃的な行動を繰り返した
ので 普通学級に入るのは 不可能だった。祖父母を
含めた関係者や役所は 彼をサーカスに預けることに 
意見が一致した。彼は ジプシーの家系だったから サーカスに
入るのは「彼にぴったりの養育環境」だと判断された。
サーカス団で 彼は 朝も自分で起きて、動物に餌をやり、
元気に暮らしていた。
里親の実子たちも 良い人だったと言われている。サーカスに
いる里親家族は 晒し者にされたような気持ちになって
いるが 当局の捜査に協力している。
下記サイトから:
http://www.spiegel.de/panorama/gesellschaft/pflegekind-jeremie-war-in-wanderzirkus-untergebracht-a-868908.html

写真 by SACHI  


Posted by 伝兵衛 at 19:04Comments(0)薬物依存症

2012年11月22日

ロシアのマフィアがドイツで刑務所を支配(1)

暴力・麻薬・秘密の言葉により ロシアのマフィアが
バイエルン州の42の刑務所で薬物取引を仕切っている。
当局も刑務官も それを知らないか、見ないふりをして
いるかだ。
組織を離れた犯罪者が 刑務所の中のことを語る:
Alexejは 初めて「刑務所入墨」を入れたことが自慢だ。
「スミを入れたということは やっと少年刑務所に入れて、
出世できるように これから努力するということだ」。
「刑務所入墨」は 個人と務所内部社会との間の契約・
約束を示す。Alexejのした約束は 出世して 刑務所の
中で「ボス」と呼ばれていた男の手下になることだった。
彼は あるバイエルンの刑務所で 薬物の配達網を 
ロシア・マフィアのために組織していた。彼は数ヶ月まえに
組織を離れた。法治国家の中の「法とは無縁の場」に
ついて 外国の路上のカフェで 彼は語った。
彼は外国にいるので 証拠保護プログラムとは無縁だ。
所内で 自殺・大乱闘・ハンストがあった時だけ 刑務所
の状況は世間に知られる。それは稀だ。しかし 暴力は
刑務所では 日常のことだ。犯罪学者 Christian Pfeifferは 
北ドイツの諸州の4刑務所で調査した。それによると 受刑者の
四人に一人は 精神的・身体的暴力を定期的に受けていた。
(つづく)
下記サイトから:
http://www.sueddeutsche.de/bayern/kartelle-im-gefaengnis-wie-die-russenmafia-den-knast-kontrolliert-1.1512244
  


Posted by 伝兵衛 at 18:51Comments(2)中欧事情

2012年11月21日

性転換者が議員にinキューバ(動画)

Adela Hernandezさんは元、看護婦として働いていたが
キューバ初の性転換者 議員になった。
今は男性になっているのだろうと思うのですが 胸は
女性の胸です。
(説明が 聞き取れないので 詳しいことは 分からない。
文章による説明は わずか3行)
アデラさんを 拍手で迎えている人々は 見かけは
皆 女性です。
(数時間まえにカキコミした時、「国会議員」と書きましたが
ビデオに出ている彼女の家は 質素だし、自分で洗濯して
アイロンかけもしているから 間違えたと思って 別の二つの
辞書を引いてみて 間違いを確認しました。
村会議員か町会議員のようです。)
下記サイトに動画:
http://www.sueddeutsche.de/panorama/kuba-gemeinde-waehlt-erste-transsexuelle-zur-abgeordnetin-1.1526376

写真 by SACHI  


Posted by 伝兵衛 at 18:17Comments(0)性少数派

2012年11月20日

性少数派のレインボー・パレードon御堂筋

日本では気候の良い11月に パレードが開催されるようです。
欧州・北米・南米での ゲイ・プライド・パレードは 
たいてい6~7月です。リオでは 先週 開催されたそうです、
リオのに ついて このブログに 昨日カキコミしました。
人権フェスタのチーム紀伊水道のパネルに パレードの
説明と 御堂筋で撮した写真がでていましたので 貼り付けます:


チーム紀伊水道のブログに 人権フェスタの報告が書かれています:
アドレスは下記の通りです。
http://kiisuidoh.blog16.fc2.com/blog-entry-38.html
  


Posted by 伝兵衛 at 08:17Comments(0)性少数派

2012年11月19日

リオのゲイ・パレード

2012年11月19日発:
リオデジャネイロのコパカバナの浜の遊歩道の六つは 
一時的に閉鎖され、パレードがおこなわれた。30度を
超える暑さにもめげず 数十万の人が見物に来た。
今年のパレードの標語は「心は先入観・差別を知らない。
心には愛がある」。
一年のうち大半を 隠れていないといけないゲイ+
レズビアンの人々と 社会との 自由な付き合いを 
主催者は求めている。
リオは 世界でもっとも同性愛の人に友好的な町の
一つと言われている。しかしブラジルの他の地方では 
性少数派はしばしば 暴力を受ける。
去年 ブラジルで あるゲイ・グループが 非公式に
訴えを起こした後で 266人のゲイとレズビアンが 
性的志向のために殺された。
下記サイトから:
http://www.n-tv.de/panorama/Homosexuelle-demonstrieren-article7789176.html
  
タグ :中南米


Posted by 伝兵衛 at 15:11Comments(0)性少数派

2012年11月17日

岩井喜代仁「わが魂は仲間とともに」

副題:薬物依存回復施設 茨城ダルクの20年。
どう出版、2012年。1890円。
第一部 茨城ダルクの20年。
第二部 次世代のリーダー。ダルクの今後へのメッセージ。
第三部 日本ダルク 近藤恒夫さんとの対談。
詳しいことは どう出版:
www.dou-shuppan.com
  


Posted by 伝兵衛 at 07:37Comments(0)読みたい本

2012年11月16日

フリマ+病的盗癖者自助グループ

2012年11月17、18日ビッグ・ホエールでの人権フェスタに
バザーがでます。
多くの人の集まる会場に来て 素人の店から 現金だけを
持ち去る方がおられます。店番の人は かならず 売上を
腹マキなどに入れときましょう。

ついでながら万引き・病的盗癖者の自助グループも あります。
クレプトという会で、KAなら と KAひょうご があります。
http://www2.wind.ne.jp/Akagi-kohgen-HP/Kleptomania_meeting_kansai_pamph.htm
KAひょうご には 家族会もあります。
「クレプト」は英語のkleptomania(病的盗癖者、病的盗癖、
窃盗強迫症)から来たカタカナ語です。アメリカ生まれのAA
(アル中匿名会)が元祖なので こういう風にカタカナ語が
多くて カナワンなぁと思う人もいます。私も。
何か分からんような名前に しないと 参加しにくい??
  


Posted by 伝兵衛 at 17:27Comments(0)

2012年11月16日

女性にアルコール依存症はなぜ危険か(下の下)

危険な飲酒と 依存症とを どう識別するか?
医師と患者との間の率直な対話において 飲酒の
習慣と 最近数ヶ月の対人関係について 分析して 
診断がなされる。
時間のかかる対話である。WHOは「病気の国際分類
(ICD-10)」において この診断の いくつかの基準を示す。
基準とされる事柄は:飲みたいという欲求・衝動/ コント
ロールの減少/ アルコールへの耐性の展開/ 友人・
家族・余暇活動をなおざりにすること/ 禁断症状/ 健康に
ひどい影響が出ているにもかかわらず飲み続けること/。
以上の判断基準のうち、少なくても三つが 最近何年かに
存在すれば 依存症だと診断される。
しかし診断がなされたとしても 問題解決には ほど遠い。
アル中に効く万能薬はない。治療は個々の患者と患者の
生活状況に合わせて なされなければならないと 
Dr.Fleischmannは言う。主体的に厳しい意思によって 
飲酒を止める人もあれば、集中的な心理治療を必要と
する人もある。(おしまい)
下記サイトから:
http://www.welt.de/gesundheit/psychologie/article109361706/Warum-fuer-Frauen-die-Alkoholsucht-gefaehrlicher-ist.html
  
タグ :ドイツ女性


Posted by 伝兵衛 at 13:03Comments(0)アルコール依存

2012年11月15日

女性にアルコール依存症はなぜ危険か(下)

個々の人について 飲んでも無害な酒量を
正確に述べることは できない。
「危険のない飲酒は ない」とDr.Fleischmannは言う。
少量の飲酒でも身体的・精神的障害をもたらすことがある。
アルコールは 人によって体内での処理の速さが異なり、
体内への分配の仕方も異なる。このことが 重要な役割を
果たしている。これは会社内のパーティに出れば分かる。
次々にビールを飲む人も いるし、乾杯のときの一杯で 
ほろ酔いになる人もいる。
アルコールとの親和性については 二つの因子が決定的
である:分散するアルコール量と 肝臓の酵素がアル
コールを使用する速さとである。
女性は先天的に 男よりも体脂肪が多く、体内に水が
少ない。だから 同じ量の酒を飲んでも、女性は男よりも 
血中のアルコール濃度が高くなる。従って、女性は 
二つの点で危険である:血中のアルコール濃度が高く
なるにつれて 依存症になる可能性が大きくなる 
ばかりでなく 健康への影響も増える。過度の飲酒を
する女性は 男よりも早く肝臓・心臓・脳に害をうける。
ミュンヘンの治療研究所の調査によると 危険な飲酒を
する人の男女比は 3.5:1で男が多い。
これは アルコール依存症についても 同様であり、
調査対象の人の3%以上の男が アルコール依存症に
苦しんでいる。それに対して、女性でそう答えたのは 
1%より 少し多いくらいだった。
(つづく、下の下へ)
下記サイトから:
http://www.welt.de/gesundheit/psychologie/article109361706/Warum-fuer-Frauen-die-Alkoholsucht-gefaehrlicher-ist.html

写真 by SACHI

  
タグ :ドイツ女性


Posted by 伝兵衛 at 14:04Comments(0)アルコール依存

2012年11月14日

女性にアルコール依存症はなぜ危険か(中)

外部からの刺激には 様々なものがある。
肝機能の悪化によって 平均余命が短くなると 
家庭医が警告しても 警告はしばしば無視される。
パートナーが同じ警告をすると 関係は断絶する
かもしれない。
パートナーに言われて病院へ行ったとしても 
当事者は診察室の中でも 自分がアルコール依存症
だとは思っていない場合が多い。実際の飲酒習慣を
はっきりさせて、分析しなければならない。
どのような飲酒習慣が 憂慮すべきものかと 言う
問いに答えるには まず初めに 害を与える飲酒と 
依存的飲酒を 区別しなければ ならない。依存症で
ない人が 無茶に大酒を飲んで重い健康障害に苦しむ
こともある。
危険なアルコール摂取は 女性の場合、DHSによると 
一日あたり純アルコールで 20グラム、男では30グラム
だ。ドイツ保健省の調査によると 18~59歳の人の
14%弱が 上記の勧告値以上に飲んで
(つづく)
下記サイトから:
http://www.welt.de/gesundheit/psychologie/article109361706/Warum-fuer-Frauen-die-Alkoholsucht-gefaehrlicher-ist.html


  
タグ :ドイツ女性


Posted by 伝兵衛 at 13:08Comments(0)アルコール依存

2012年11月13日

女性にアルコール依存症はなぜ危険か(上)

ドイツの男の3%は アルコール依存症だ。女性は1%より
少し多いくらいだが、女性のアル中は増えている。酒の
影響は 人それぞれで あるが、女性への影響は 男と
比べて悪い。
自分がアルコール依存だと やっと気づくのは、問題が
手に負えなくなってからだ。あるいは タレントの場合は
Jenny Elvers-Elbertzhagen のようにTVのトークショーに
酔っ払って出てきた時である。
ほとんど全てのアルコール依存症者にとって 病的依存は
健康を損ねるだけでなく、対人関係にも 問題を引き起こす。
酒の入手と消費が 密かに進行し、酒だけのために生きる
ようになる。酒が 優先順位の首位にたつようになったと
当事者が気がついてときには 遅すぎると言うのが
大半の例だ。
アルコール依存症者にとって 自分が病的依存だと白状する
のが 難しいばかりでなく、より正確に言えば 病的依存だと
認識することが むつかしい。普通は 外からの強烈な刺激が
必要だと ドイツ依存問題センター(DHS)理事長であり
Woellershof区・精神病院医療理事である Heribert
Fleischmannは言う。
(つづく)
下記サイトから:
http://www.welt.de/gesundheit/psychologie/article109361706/Warum-fuer-Frauen-die-Alkoholsucht-gefaehrlicher-ist.html

写真 by SACHI  
タグ :ドイツ女性


Posted by 伝兵衛 at 13:08Comments(0)アルコール依存

2012年11月11日

拒食症女性の物語inドイツ(下)

ハンナはキーム湖の病院を出たあと1年は うまくいっている
ように見えた。両親の家に住んで、Bielefeldの大学で保育士・
児童養護施設職員・青少年野外活動指導員などの資格を
取るために勉強していた。見かけは 普通の体重の健康な
女性であるが、摂食障害 特に拒食症が潜在していた。
内面に深く潜んだ考え方や行動は そんなに急には 
変えられない。
正しい食生活をするということを ハンナは今もできない。
ピザやパスタを食べたくなるのは 他の人と同じだ。
彼女の考えるのは 常にカロリーのことだ。「前と違って」
良い体型になったと褒められても 信じない。すごく痩せて
いると誰かが気づいてくれたら これまでは それが 
褒め言葉だった。「健康そうに見えると 人が言って
くれたら 太ったと言われるのと同じだ」と思っている。
下記サイトから:
http://www.stern.de/tv/sterntv/hanna-blumroth-die-geschichte-einer-magersucht-1917302.html

写真by SACHI

  


Posted by 伝兵衛 at 07:07Comments(0)摂食障碍

2012年11月10日

拒食症女性の物語inドイツ(中)

いったん 普通に食べると 制御できないほどに
食べ始めるのでないか という心配を 拒食症の
人はもつ。ハンナも そうだった。病院に来て10キロ
太った。健康になったのだが、彼女は それを不幸
だと感じていた。
治療を受けたあと2~3ヶ月で また悪くなった。「他の人は 
パーティのことや男のことを考えるのに 私は朝おきたら、
体重のことを考える」。体重のことか食事のことだけを
考えている。「治療について大事なのは 低体重状態を
治すことでは なく、患者の思考を変えることだ」。
ハンナは 自分が命の危険がある程までに 飢餓状態に
あるということを 何年もの間に 幾度も認識しなければ
ならなかった。何度も 母親が彼女を病院へ連れて行って 
彼女が死なないように 強制的に栄養を補給した。(つづく)
下記サイトから:
http://www.stern.de/tv/sterntv/hanna-blumroth-die-geschichte-einer-magersucht-1917302.html


  
タグ :ドイツ


Posted by 伝兵衛 at 08:10Comments(0)摂食障碍