QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
伝兵衛
伝兵衛
オーナーへメッセージ

2017年02月02日

フィリピンで警察の麻薬対策部隊を廃止

汚職スキャンダルのため大統領は警察の麻薬特別部隊を
解散させた。しかしデゥテルテ大統領は麻薬犯罪者に対する
残忍な戦いを続ける意向だ。麻薬犯罪組織は 殺人・
強奪・脅しと結びついている。
三ヶ月前に韓国のビジネスマンが 腐敗した警官によって
誘拐され、殺された。その疑惑のため 警察の麻薬特別部隊は
廃止された。
この6月にデゥテルテ大統領が就任してから公式の発表では
2250人の容疑者が殺されている。しかし7千人以上が
殺されたという見積もりもある。
下記サイトから:
http://www.spiegel.de/politik/ausland/philippinen-rodrigo-duterte-will-anti-drogen-einheiten-abschaffen-a-1132320.html
★日本の薬物依存症者回復支援組織が 数年前に
フィリピンに支部を作ったり、あるいは フィリピンで
プログラムを始めたりしたと 聞いています。今までに
それらの関係者は すべて撤退したそうです。殺され
なくて 良かった。

写真提供:SACHIさん  


Posted by 伝兵衛 at 20:25Comments(0)薬物販売組織

2016年01月04日

クリスタルメス・メタンフェタミン・ヒロポン

標題の三つは 同じものであるらしい。ヒロポンは戦中戦後の
ドサクサの頃に使われた。昭和20年台に 知人のお父さん
(土建屋さんの社長)は多忙期に これを自分で注射して働いて
いたと聞いています。
エフェドリンという薬は これらの原料になるらしい。父は
昭和の20年台に喘息だったので これを霧にして吸っていた。
父は92歳まで生きた。量をすごさなければ 命を縮める
ことは なかったのだろう。
リココデという風邪薬を まとめて何本も飲む依存症者が
おります。これには メチルエフェドリン塩酸塩が含まれて
います。ジヒドロコデインリン酸塩も含まれている。これら
コデインを成分として含む咳止め薬を処理して覚醒剤をつくる
こともある。
リココデは和歌山県の工場でも生産されています。
普通に飲んでいれば 依存症にならないので 不景気な
和歌山のために 工場も頑張ってください。
◎私は 年末から ずっと風邪ひきで 今日やっとお医者さんへ
行けました。リココデを飲んで凌ごうとも 思うたけれど
買いに行く気力もなかった。

  


Posted by 伝兵衛 at 12:38Comments(1)薬物販売組織

2015年08月28日

麻薬を盗品売買の支払いに使うinケープタウン(下)

一つの家庭に3~4人の子が薬物依存症だということも 時々ある。
犯罪は薬物消費と共に増える。少年は塀の石さえ取り去り、売って 
薬物を買う。町に無人の家が多く、ゴミが散乱している。犬の死体が
悪臭を放つ。人の死体も ここに捨てられるのでは ないかと心配
する人もいるし、強姦される人もあるのではないかと言う心配も
ある。組員は殺人を請け負う。何とかしないといけない。ここに
住む人は みな不安だ。
わずか12歳の少年は 大きい組の構成員として 薬物と武器の
密輸に携わる。既に幾度も刑務所に入った。彼の親分は 優秀な
弁護士を雇っていて、警察も喜んで助けてくれる。(おしまい)
下記サイトから(URLは ディスプレイに出ていないけれど
クリックすると もと記事に飛びます:
http://www.welt.de/politik/ausland/article141279896/In-Kapstadt-sind-Drogen-zur-Waehrung-geworden.html

写真提供 lovefreePhoto


  


Posted by 伝兵衛 at 09:27Comments(0)薬物販売組織

2015年08月27日

ケープタウンでは麻薬を盗品売買の支払いに使う(上)

南アフリカの首都ケープタウンで ヤクザがテロ行為を行い、
薬物を売買し、日々 人を殺している。警察は ヤクザと
協調している。
組同士の戦争の中心地にある 遊園地に子どもはいない。
誰も近づかない。
組員は背中に組の名を入墨している。ケープタウンに12の
組があり、薬物売買している。対立する組同士の争いの結果、
年に300人までの殺人がある。
組員は 盗品を売り、代金として薬物を受け取る。
通行人は売人を見たら急いで立ち去る。
盗品を売って得る金は 親分へ回る。組員である少年の親も 
彼女も 少年が何をして金を稼いでいるか 知っているが、
そのことを非難すべき事だとは 誰も 思っていない。
(つづく)
下記サイトから:
http://www.welt.de/politik/ausland/article141279896/In-Kapstadt-sind-Drogen-zur-Waehrung-geworden.html


  


Posted by 伝兵衛 at 11:18Comments(0)薬物販売組織

2015年06月10日

ドローンで麻薬搬送inメキシコ

メキシコで麻薬を積んだドローンが墜落した。ドローンは
身柄を確保されても何もしゃべらない。しかし それほど
信頼はできない。
国際的麻薬密売組織も飛ぶロボットの利点に気づいた。
ただドローンを操縦するパイロットの養成はしなければならない。
アメリカを飛びったった このドローンはメキシコにある国境の
町 ティファナに墜落した。3キロの合成麻薬クリスタルメスが
積まれていた。警察によると このドローンは過積だった。
ティファナの警察によると ティファナからアメリカの方角へ
飛ぶドローンは幾つか目撃されている。
ドローンは刑務所の壁をも超えられる。去年年末に ドイツの
Oslebshausen の刑務所の中へドローンを使って麻薬と携帯
電話を入れようとしたが、ドローンは刑務所の中庭に落ちて、
バラバラになった。これは操縦する人の能力が不十分だったためだ。
下記サイトから:
http://www.faz.net/aktuell/gesellschaft/drohne-mit-drogen-stuerzt-in-mexiko-ab-13384614.html

写真提供 SACHIさん  


Posted by 伝兵衛 at 09:10Comments(0)薬物販売組織

2015年05月17日

クリスタルメスを小学校教師が製造inアメリカ

2015年5月16日発:
ノースカロライナ州の警察は小学校女性教師の自宅にある
クリスタルメス製造所を手入れした。この女と夫はクリスタル
メスの製造と児童虐待の理由で告訴される。この夫婦には
8歳の息子がいる。
クリスタルメスは 化学的には N-メチルアンフェタミンと言う。
合成された興奮剤であり、飲んだり、あぶって吸ったり、煙草の
ように吸ったり、注射したりして使う。使い続けると 心臓障害や
胃穿孔などの身体的損傷を引き起こすだけでなく、脳の
神経細胞を傷つけ、精神病を起こす。
下記サイトから:
http://www.welt.de/vermischtes/weltgeschehen/article140997877/Crystal-Meth-Labor-bei-Grundschullehrerin-entdeckt.html

  
タグ :アメリカ


Posted by 伝兵衛 at 09:22Comments(0)薬物販売組織

2015年05月14日

司祭が薬物取引で実刑にinアメリカ

2015年5月7日コネチカット州ハートフォード発:
停職処分を受けているカトリックの聖職者 Kevin Wallin (63歳)は
メタンフェタミン(ヒロポンあるいはクリスタルメス)薬物取引組織を
運営し、多くの人を裏切ったことを5月7日に詫た。彼はその直後に
5年半の実刑に処せられた。
彼はカリフォルニアからメタンフェタミンを郵便で受け取り、
ニューヨークの売人に提供していた。彼はまたアダルトビデオ兼
性玩具の店を買い取っていた。これは 薬物取引組織からの
利益の資金洗浄のためであったらしい。
公選弁護人は「彼は他人を助けるのに力を尽くし、自分のことを 
おろそかにした」と述べた。
下記サイトから:
http://www.cbsnews.com/news/suspended-connecticut-priest-dubbed-monsignor-meth-gets-5-year-sentence/

  
タグ :アメリカ


Posted by 伝兵衛 at 18:23Comments(0)薬物販売組織

2013年10月06日

法律による薬物との闘いは世界的に敗北しそう(下)

ウルグアイでは改革され、国立の組織が大麻の
栽培を認可し、販売を管理するようになった。マリ
フアナは薬局で売られる。一人あたり最大消費量
は月に4グラムとされる。
自分に必要な大麻を自分で栽培することも合法に
なる。ただし 最多で6株、1年に480グラムを超え
ない範囲において。
このようにして ウルグアイは大麻の栽培と販売を
完全に合法化した世界最初の国になった。メキシコも 
そのような方法を検討している。
 マリフアナは世界で最も消費量の多い薬物であるが、
デザイナードラッグ・抗精神病薬・合法ハイなどが 難問
だと 国連の2013年薬物報告は述べる。
新種の薬物は しばしば無害の日用品、たとえば入浴剤・
空気清涼剤・肥料として売られる。これらは主に欧州と
アジアで生産される。
◎最後の方に 国連薬物報告書2013年のグラフ 5枚あり。
下記サイトから:
http://www.welt.de/wissenschaft/article120579040/Weltweiter-Kampf-gegen-Drogen-vor-dem-Scheitern.html


  
タグ :中南米


Posted by 伝兵衛 at 08:46Comments(0)薬物販売組織

2013年10月05日

薬物流通との闘いは世界的に敗北しそう(上)

法律によって 世界的な薬物取引を制御しようという努力は 
最終的に失敗すると ある調査は述べている。
★コカイン・の密輸経路の地図も下記サイトにあります:
主要産地コロンビア・ペルー・ボリビアから 南アフリカ・
西アフリカ・メキシコ・アメリカ・欧州へコカインは流れる★
ヘロイン・コカイン・大麻のアメリカとEUでの供給は 阻止
されていない。その価格は下落し、質は良くなっている。
 アメリカでヘロイン・コカイン・大麻の末端価格は1990年
から2007年の間に インフレを勘定にいれて、それぞれ
81,80,86%下落した。
 薬物の平均的純度は 60,11,161%上昇した。
 欧州の18カ国で 2000年と2009年の間に コカインの
値段は51%、ヘロインの値は74%下落した。
 薬物との闘いに苦しむ中南米の諸国では 薬物を
部分的に 刑法の適用外にして、販売を国の監督下に
置こうとする考えがある。こうすることにより 薬物の
犯罪性は基礎を奪われることになる。この考えに基づき 
ウルグアイ議会は この夏に マリフアナ販売を
合法化する決定をした。
(つづく)
下記サイトから:
http://www.welt.de/wissenschaft/article120579040/Weltweiter-Kampf-gegen-Drogen-vor-dem-Scheitern.html

写真 by SACHI
  
タグ :中南米


Posted by 伝兵衛 at 20:50Comments(0)薬物販売組織

2013年09月22日

デザイナー・ドラッグin欧州

デザイナー・ドラッグはネットで「入浴剤」「あぶる混ぜ物」
「空気清涼剤」などとして売られている。新しいドラッグの
数は EU内で 2009~2012年の間に三倍に増えた。
これに含まれる物質の1/5は 合法的な利用目的をもつ。
EUの委員会は 青少年にとって これは 特に危険だと
考えている。2011年のアンケートによると EU内の若い
人の5%が 少なくとも一度、この新種のドラッグをやった
と 答えている。この種のものは「ハーブの混ぜた物」
「肥料」などと称してネットで国際的に売られている。
西側の市場に薬物を供給する産業が アジアで成長して
いる。売り手は これらを合法的代替物として宣伝し、
健康に問題のない物だと言う印象を与えている。
この新種を早期に流通過程から 引き離すことを 
EU委員会は望んでいる。薬物をあばき、禁止する
ための 現在のシステムは 実情に対応できていない。
ある物質を禁止するまでに 少なくとも2年かかって
いる。この期間を 10ヶ月に短くしたいと EU委員会は
考えている。
早く処置をとることが どんなに大切かを 5-IT
(五アイティー)という物質が示している。2012年に 
わずか5ヶ月の間に 四つのEU加盟国(ドイツも含む)
が この物質による死者24人を報告した。5-ITは 
研究用化学物質としてネットで売られている。EU
加盟国と欧州議会は EUからの提議にまだ
賛成していない。
下記サイトから:
http://www.sueddeutsche.de/panorama/neuartige-suchtstoffe-eu-geht-gegen-designer-drogen-vor-1.1773673
  
タグ :ヨーロッパ


Posted by 伝兵衛 at 19:22Comments(0)薬物販売組織

2013年09月20日

ウルグアイでマリフアナ販売自由化

ほぼ百年前から ウルグアイ政府は アルコールを
専売にしている。今やマリフアナの市場も政府が管理する
意向だ。これは 消費者の健康への被害を減らす
ためであると 政府は言う。

(★ブログ管理人の蛇足:政府が管理すれば なんでも
良くなると言うのは 間違いであるけれど、ウルグアイを
笑ってはいけない。日本でも「児童養護施設を公立に
すれば 子どもの養護は飛躍的に良くなる。職員は 
教員免許をもつ人にすれば 専門家による養育なので 
これまた良い」と 教員様が言うのを 聞いたことが 
あります。民間人蔑視は どの国にも あるようです。)

マリフアナの専売について 9月末には法律が施行される。
この法は マリフアナの輸入・製造・貯蔵・販売についてである。
この法によると 大麻の栽培は認可制であり、受け渡しは
政府が管理する。一人あたり月に40グラムまでの
マリフアナが 薬局で売られる。
アルコールの専売制は 国の収入を確保するためで
あり、また 農民に燃料を生産させて、輸入に頼らない
ようにするためでも あった。
マリフアナの専売制により 危険な副作用のない
高品質のマリフアナが 提供されるようになると 政府は言う。
マリフアナの消費は ウルグアイで 何年も前から合法
であるが、販売は禁止されてきた。こういう状況で 
犯罪者が販売を扱うようになった。
下記サイトから:
http://www.welt.de/gesundheit/article119616357/Regierung-erlaubt-40-Gramm-Marihuana-pro-Monat.html

写真 lovefreePhoto  


Posted by 伝兵衛 at 12:48Comments(0)薬物販売組織

2013年09月19日

刑務所の臨床心理士が薬物を所内に持込・販売

ドイツ・ゲルリッツの刑務所で働く臨床心理士Zdenek(50歳)は 
ギャンブルの借金が5万ユーロある。薬物を持ち込んだ
報酬では返済できそうにない。
彼は受刑者と彼らの問題について話しするのでなく、
受刑者に薬物と携帯電話を渡していた。
2012年2月から7月まで 彼はマリフアナとハッシッシを
持ち込んだという疑いで 裁判になった。
彼は 受刑者の友人を通じて手紙で 薬物を送る
ように指示した。届く封筒は二つで、一つには薬物が、
もう一つには50ユーロの報酬が入っていた。
容疑者は 2010年から 薬物を刑務所へ許可無く
入れていたことを認めた。
下記サイトから:
http://www.bild.de/regional/dresden/goerlitz/psychologe-schmuggelt-drogen-ins-gefaengnis-32436084.bild.html
  
タグ :ドイツ


Posted by 伝兵衛 at 16:02Comments(0)薬物販売組織

2013年09月18日

マリフアナとジャマイカへの旅行者

ジャマイカの農家は 大麻農場の見学に 
観光客を誘っている。
Bob Marley の好きな大麻など何種類もの
大麻を試すことができる。
アメリカでは コロラド州やワシントン州などで
「弱い」薬物の合法化を擁護する人たちは
この数ヶ月、大きな成果をあげた。
しかしジャマイカでは 1913年から大麻は
違法だ。しかし人気はある。
大麻の違法栽培は 麻薬取引についての
アメリカからの闘いにも かかわらず 続いて
いる。観光客は マリフアナを ジャマイカの 
ほとんどどこでも 買える。
「マリフアナ旅行」として売り込んでいるのでは 
ないが、実際は「マリフアナ旅行者」は多い。
アメリカ・ドイツ・ロシアから来る。
10年以上前に政府の委員会は マリフアナは 
ジャマイカに根を下ろした文化であり、大人が
個人で使うことは 犯罪でないことに しようと
いう結論をだした。
ジャマイカの著名な学者 Henry Lowe は 
1980年台に 緑内障の治療に使う 大麻から
作った薬の開発に参加した。医療にマリフアナを
使う「健康のための旅行」は ジャマイカの
伝統に合っていると 彼は考えた。
インドからの「賃金をうける奴隷」が19世紀に
大麻をジャマイカへ持ってきたと言われている。
大麻は薬草として使われた。痛みを抑えるための
茶として使われ、あるいは ラム酒に入れて
風邪ひきに効くとされた。
しかし今 大麻の取引は 薬物組織に支配されている。
下記サイトから:
http://www.welt.de/reise/Fern/article119921594/Fuer-Touristen-gilt-ohne-Joint-kein-Zutritt.html

★ジャマイカの英語学校へ短期留学する日本人も
多いです。ジャマイカでは 英語を習うだけに
して、マリフアナは 病人のためのものだと思って 
普通の人は 止めたほうがいい。
粋がっても からだに悪い。

写真 by SACHI  


Posted by 伝兵衛 at 17:44Comments(0)薬物販売組織

2013年09月16日

公園での薬物売買inベルリン(下の一)

Katharina Oguntoye(54歳) が 公園の売人に
実践している別の解決策がある。カタリナは ドイツ人で、
ナイジェリア人の父をもち、生後 数年を父の祖国で
過ごした。この16年間 彼女は ゲルリッツア通り(公園の
近く)で異文化クラブ Joliba (★ドイツ語風に読むと
「寄り場」になる!!★) を運営して、ベルリンに住む
アフリカ系住民の手助けをしている。このクラブは 売人に
配るビラを作っている。四つの言語で 売人への
お願いが書かれている:
1. 青少年に話しかけないでください。
2. 公園の入り口で 売人が多人数で集まるのはやめて。
3. 愛想よくして、ひと様には敬意をもって振る舞って。
ビラの裏には Jolibaの提供するサービスが示されている:
相談の受付・ドイツ語教室・コンピュータの利用・裁縫。
(つづく)
下記サイトから:
http://www.sueddeutsche.de/panorama/drogenhandel-im-goerlitzer-park-die-grashueter-1.1769465-3
  


Posted by 伝兵衛 at 14:23Comments(0)薬物販売組織