QRコード
QRCODE

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
伝兵衛
伝兵衛
オーナーへメッセージ

2017年11月01日

虐待された子どもの支援施設(1


子どもの病気になった魂の施設。
ハンブルクの青少年支援組織
2016年4月20日発:
虐待された未成年者や重いトラウマを負った
未成年者と どのように かかわるか?
この施設の前のアスファルトにチョークで薄く
ハートが描かれていた。ハートは少し傾いて
いる。少年の心臓を嵐が吹き抜けていったよう
に見える。しかし愛を表すハートの絵である
ことは確かだ。悲しげな、震える線で描かれた
ハートはこの施設を示すのに 適切なシンボル
だ。悲しい子どもたちのための施設、魂の中を
嵐が吹き抜けた子どもたちの家を示すシンボル
である。
最良の子どもの家は健全な家庭だ。しかし全て
の子どもが健全な家庭に生まれてくる わけで
はない。(つづく
下記サイトから:
http://www.sueddeutsche.de/leben/jugendhilfe-einrichtung-in-hamburg-haus-der-kranken-kinderseelen-1.2958708


  


Posted by 伝兵衛 at 20:13Comments(0)児童虐待こころのケア