QRコード
QRCODE

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
伝兵衛
伝兵衛
オーナーへメッセージ

2018年05月07日

助産婦という職の緩慢な終焉@ドイツ(5


二行目の見出しは:高い保険料と行為能力の
剥奪の宣言。
出産に付き添うことも 危険な状態にあるが
産褥のケアも危険な状態にある。なぜなら
出産の支援をするにせよ、しないにせよ、助産
婦が少なくなれば なるほど、産褥のケアは
悪くなる。幾年も前に既に 供給不足が始まっ
ていると言う調査が なされていたにも 
かかわらず、政治はこの状況を かたくなに
無視している。
多くの妊婦にとって 助産婦不足は既に明らか
である。持ちこたえている少数の助産婦は
しばしば何ヶ月も前に予約が埋まっている。
DHVは 妊婦が助産婦を見つけられなかった例
を収集している。それには 3037件がリスト
されている。日々、新しい例が追加されてい
る。(つづく
下記サイトから:
https://www.n-tv.de/panorama/Das-schleichende-Ende-des-Hebammenberufs-article16093586.html


  


Posted by 伝兵衛 at 18:48Comments(0)中欧事情