QRコード
QRCODE

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
伝兵衛
伝兵衛
オーナーへメッセージ

2018年01月10日

困難な少年のための事業(5


「一人が逮捕されると すぐに別の一人が後任
になる」。職があれば 銃犯罪が止むというの
は無意味だ。実際は:「これらの少年は普通の
職に就く準備ができていない。そして職も 
これらの少年を受け入れる準備ができていな
い。これらの少年は孤立していて、大変な量の
怒りを抱えている。Devon Riceは12歳で初めて
武器を使って強盗を働き、投獄された。彼は
ホームレスになり、ひとり親である母親を金で
支えようと努力した。「一人ひとりの少年に
トラウマを生き延びた人として接して、怪物と
して接しないようにしよう」とBogganは決心
した。(つづく
下記サイトから:
http://sz-magazin.sueddeutsche.de/texte/anzeigen/46649/Stipendium-fuer-schwere-Jungs




同じカテゴリー(少年非行)の記事画像
困難な少年のための事業(14最終回
困難な少年のための事業(13
困難な少年のための事業(12
困難な少年のための事業(11
困難な少年のための事業(10
困難な少年のための事業(9
同じカテゴリー(少年非行)の記事
 困難な少年のための事業(14最終回 (2018-01-20 20:17)
 困難な少年のための事業(13 (2018-01-19 20:22)
 困難な少年のための事業(12 (2018-01-17 17:24)
 困難な少年のための事業(11 (2018-01-16 18:07)
 困難な少年のための事業(10 (2018-01-15 18:25)
 困難な少年のための事業(9 (2018-01-14 20:41)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。