QRコード
QRCODE


和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる




[PR]ワインをお求めなら、
うきうきワインの玉手箱
[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
伝兵衛
伝兵衛
オーナーへメッセージ

2017年07月06日

薬物依存症の親をもつ子ども(連載2


2017年7月1日発:見出し「助けて」。
パトリックの里親はパムとジョーに決まった。
西バージニアのモルガンタウンの町はずれに
ある大きい家だった。パトリックに取って里
親はあまり親しみやすい感じは しなかった
し、飼い犬は怖かったが その家に留まった。
しかし彼は ここでは安心だと思った。それ
は14年前のことだ。
アメリカにパトリックのような子どもは数十
万人いる。そして毎年その数は増えている。
歴史上もっとも残酷な薬物の蔓延にアメリカ
は苦しんでいる。アメリカにあふれているの
は 気分の良くなる麻薬ではなく、色とりど
りのパーティードラッグ・デザイナードラッ
グでもない。それは次のものだ:1)アヘン
に似た薬物で、強力な容赦ない殺人の薬物。
2)メキシコからのヘロイン。ビニル小袋に
入っていて10グラム20ドル。3)中国からの
フェタニル。白い結晶で 三~四粒飲むと死
ぬこともある。4)国内産のオキシコドンと
ハイドロコドン。強力な麻酔剤であり、鎮痛
剤に含まれている。すぐに依存症になる。
(つづく)
下記サイトから:
http://www.sueddeutsche.de/panorama/drogenkrise-in-den-usa-rette-mich-1.3551391?reduced=true




同じカテゴリー(児童虐待)の記事画像
薬物依存症の親をもつ子ども(連載15
薬物依存症の親をもつ子ども(連載14
薬物依存症の親をもつ子ども(連載13
薬物依存症の親をもつ子ども(連載12
薬物依存症の親をもつ子ども(連載11
薬物依存症の親をもつ子ども(連載10
同じカテゴリー(児童虐待)の記事
 薬物依存症の親をもつ子ども(連載15 (2017-07-21 11:29)
 薬物依存症の親をもつ子ども(連載14 (2017-07-19 16:26)
 薬物依存症の親をもつ子ども(連載13 (2017-07-18 18:30)
 薬物依存症の親をもつ子ども(連載12 (2017-07-16 17:04)
 薬物依存症の親をもつ子ども(連載11 (2017-07-15 18:19)
 薬物依存症の親をもつ子ども(連載10 (2017-07-14 20:25)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。