QRコード
QRCODE

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
伝兵衛
伝兵衛
オーナーへメッセージ

2012年06月13日

どん底からハーバードに合格した女子生徒(上)

Dawn Loggins は 小遣いを稼ぐために 自分の通う高校で
掃除人として働いた。彼女は十代で 両親に置き去りにされ、
ホームレスになった。しかし高校は最優秀の成績だったので 
ハーバード大学に合格した。
CNNは 彼女のことを報じた。静かなノースカロライナ州で
生きてきた彼女にとって 夢のようなことだ。

両親は失業していて、薬物依存症で、二人の子どもを連れて 
アパートや借家を転々と引越していた。18歳のドーンにとって 
バーンズ高校は4回目の高校になる。ドーンと兄のシェーンは 
電気も水道もない小屋に住んでいた。半時間ちかく歩いて 公園の
水道の水を持ってきた。時には その公園でシャワーした。
宿題はロウソクを灯してした。ロウソクがあれば。
何度も引越し、家庭の事情は 恐ろしいものだったにも かかわらず、
ドーンも兄も 学校は止めないで 良い成績をとっていた。そして 
ロウソクも無くなり、暗闇では 宿題もできない時は 世話して
くれる人に ドーンは事情を打ち明けた。
生活相談の教師は ロウソクを手配してくれただけでなく、ドーンが
洗濯するのに配慮してくれて、体育館のシャワーも使わせてくれた。
そうしているうちに 去年の夏に 一条の光が差し込んできた。州都 
Raleighでの夏学校に参加する奨学金が 与えられた。秀才に休みの
間に もっと学ぶ機会を提供する 夏学校だった。
夏学校を終わって、親の家に帰ろうとしたら 両親も兄も どこかへ
行ってしまって、祖母はホームレス収容所に入っていた。両親から 
これほど簡単に置き去りにされるとは ドーンは思っていなかった。
友人・知人のところに 二、三日泊めてもらい また次の友人の
ところに行く生活になった。(続く)
http://www.sueddeutsche.de/bildung/obdachlose-schuelerin-geht-nach-harvard-aus-der-gosse-in-die-ivy-league-1.1379796



※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。