QRコード
QRCODE


和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる




[PR]ワインをお求めなら、
うきうきワインの玉手箱
[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
伝兵衛
伝兵衛
オーナーへメッセージ

2017年06月29日

精神病院(瘋癲院)・連載14


このことは自己責任を強くする。「このよう
な人々は施しを受けるのでなく、仕事を自分
でしたいと言う気持ちを持っている」とフル
トヴァンゲンの応用健康科学専門学校の社会
学者Stefan Selke は言う。そして このやり
方は ほとんど真似できない。「支援組織も
自身の関心を持っている。官僚制や規格化が
あるだろう。これは入所者が成果をあげるた
めの自律性を制限する」。このハウスでは
各人が自分の道を探す。
サムエルはハンスの隣の屋根裏部屋に住んで
いる。来年は きっと就職できると思ってい
る。サムエルは27歳のガーナ人で、1年半前に
古里を出た。ブルキナファソ・ニジェール・
チャド・リビア・ランペドゥーザ島を経て、
この「連帯のハウス」に着いた。彼は庭の手
入れをして、トマト・キャベツ・サラダ菜を
育てている。この地域の農家で試しに働かせ
てもらうために推薦をもらった。(つづく)
下記サイトから:
http://sz-magazin.sueddeutsche.de/texte/anzeigen/42385/2/1




同じカテゴリー(こころのケア)の記事画像
家田荘子(僧侶兼作家)の駆け込み寺
避難所(瘋癲院)・連載19(最終回
避難所(瘋癲院)・連載18
避難所(瘋癲院)・連載17
精神病院(瘋癲院)・連載16
精神病院(瘋癲院)・連載15
同じカテゴリー(こころのケア)の記事
 家田荘子(僧侶兼作家)の駆け込み寺 (2017-07-20 12:20)
 避難所(瘋癲院)・連載19(最終回 (2017-07-04 15:19)
 避難所(瘋癲院)・連載18 (2017-07-03 12:48)
 避難所(瘋癲院)・連載17 (2017-07-02 14:08)
 精神病院(瘋癲院)・連載16 (2017-07-01 15:57)
 精神病院(瘋癲院)・連載15 (2017-06-30 09:53)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。