QRコード
QRCODE


和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる




[PR]ワインをお求めなら、
うきうきワインの玉手箱
[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
伝兵衛
伝兵衛
オーナーへメッセージ

2017年05月27日

刑務所は解決にならない連載12


★戦災孤児・児童養護施設~親族里親~実母の
もとに戻り学者に★
◎記者の質問:そうすれば累犯は減る?
◎答え:そう思う。とは言うものの、観察に
よって それを証明することは私には でき
ない。そのうえ残念ながら犯罪学的調査もな
い。これは私たちのシステムの もう一つの
弱点だ。しかし次の公式は間違っていない:
囚人が多いということは累犯も多いというこ
とであり、囚人が少なければ累犯も少ない。
以上は下記サイトから:
http://www.sueddeutsche.de/leben/resozialisierung-gefaengnis-ist-keine-loesung-1.2505479-2
◎質問:強烈な犯罪を犯す青年による犯罪も
大きく減らすことが できると書かれている
が...(ブログ管理人の言い訳:「強烈な」
は英語で言うとintensiveな犯罪になるのだ
けれど 凶悪犯のことでも なさそう)
◎答え:ケルンでRESIプロジェクトで報告し
た。強烈な犯罪の累犯の青年に 一対一で
面倒をみていた。これがプロジェクトの中心
だった。ケースワーカーは24時間 連絡の取
れるようになっていた。必要な場合は青年が
仕事へ行くために 朝に起こすこともした。
薬物や売春の盛んな地区へ青年を一人で行か
せなかった。一年間に一人の青年について
8500ユーロかかった。しかし刑務所に入れ
ると一人4万ユーロかかった だろう。
(つづく)
下記サイトから:
http://www.sueddeutsche.de/leben/resozialisierung-gefaengnis-ist-keine-loesung-1.2505479-3




同じカテゴリー(刑務所)の記事画像
刑務所は解決にならない・連載15最終
刑務所は解決にならない・連載14
刑務所は解決にならない連載13
刑務所は解決にならない連載11
刑務所は解決にならない連載10
刑務所は解決にならない連載9
同じカテゴリー(刑務所)の記事
 刑務所は解決にならない・連載15最終 (2017-06-03 13:57)
 刑務所は解決にならない・連載14 (2017-06-02 09:25)
 刑務所は解決にならない連載13 (2017-05-29 14:26)
 刑務所は解決にならない連載11 (2017-05-25 16:19)
 刑務所は解決にならない連載10 (2017-05-23 16:08)
 刑務所は解決にならない連載9 (2017-05-20 13:12)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。