QRコード
QRCODE

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
伝兵衛
伝兵衛
オーナーへメッセージ

2012年09月07日

国際自殺予防の日9月10日

鬱・アルコール依存・暴力・性的虐待が 自殺を招く危険因子だ。
ドイツで 自殺が増えている。
15歳から44歳までの年齢層で 自殺が三番目に多い死因だ。
10歳から24歳までの年齢層で 自殺は二番目に多い死因だ。
WHOによると この45年で 自殺率は60%ふえた。
中国など僅かな例外は あるが、ほとんどずべての国で 女性
よりも男性の方が 自殺する人が多い。
WHOによると 人は突然 自殺することは あまり なくて、
周りの人に はっきりとした合図を送ってから 自殺する。
実際に自殺した人の 20倍の人が 自殺を試みている。
10万人あたり 30人以上の自殺者がでる国は リトアニア・
ハンガリー・白ロシア・ラトビア・日本・韓国・ロシア。
ドイツでは 交通事故で死ぬ人の倍以上が 自殺している。
1990年台 中頃までは 旧東ドイツの諸州での 自殺率が 
もっとも高かったが、その後 減り、最近 また増加している。
これは おそらく これらの州で人口が減り、高齢者の占める
割合が大きくなっているからだろう。
下記サイトから:
http://www.faz.net/aktuell/gesellschaft/menschen/das-unterschaetzte-problem-todesursache-suizid-11879002.html



同じカテゴリー(こころのケア)の記事画像
児童相談所は家庭への介入を増やしている(6最終
児童相談所は家庭への介入を増やしている(5
児童相談所は家庭への介入を増やしている(4
児童相談所は家庭への介入を増やしている(3
児童相談所は家庭への介入を増やしている(2
児童相談所は家庭への介入を増やしている(1
同じカテゴリー(こころのケア)の記事
 児童相談所は家庭への介入を増やしている(6最終 (2018-05-01 20:50)
 児童相談所は家庭への介入を増やしている(5 (2018-04-30 17:26)
 児童相談所は家庭への介入を増やしている(4 (2018-04-29 18:39)
 児童相談所は家庭への介入を増やしている(3 (2018-04-28 18:30)
 児童相談所は家庭への介入を増やしている(2 (2018-04-27 20:31)
 児童相談所は家庭への介入を増やしている(1 (2018-04-25 17:18)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。