QRコード
QRCODE

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
伝兵衛
伝兵衛
オーナーへメッセージ

2011年11月10日

被災地の苦悩とフランクル

石川陽 著、月刊「春秋」2011年11月号、p.1~4.から抜粋:

4月下旬に被災地の病院に入職した。精神科医療期間がない町で
「こころの相談室」を開設して継続的支援を始めた。

フランクルは、人間は単なる生物学的-心理的―社会的存在で
あるだけではなく、精神的(実存的)存在である事を強く喚起する。
しかし現在の精神医学は実存の領域を個人のものとして留保し、
そこに踏み込むことを避ける傾向にあるように思われる。
ではフランクルの示唆を、我々はこの被災地で実際にどの
ように援用できるのか。

ここに記すことは、遺族支援の基本-時間をかけた慎重な
傾聴と寄り添う姿勢、適切な薬物療法など-を十分に踏まえ、
その中でごく部分的に行っているにすぎない。

一つは苦悩に敬意を示すこと……。
 フランクルは「創造価値」「体験価値」の他に、最後まで失われる
ことのない価値実現の可能性として「態度価値」を挙げ、その中で
も「苦悩に耐えること」について述べている。
 「価値実現の第三の可能性は、苦悩すること、つまり耐えること、
運命に耐えることにあります」(「苦悩する人間』119p)
 苦悩は業績である(フランクル)。
 被災された方々の自尊心は著しく低下している。援助を受けざるを
得ないということは屈辱的でもあり、援助-被援助は微妙に上下
関係をもたらす危険が常にある。敬意を示すことは、著しい自尊心の
低下を和らげる為にも基本姿勢といえる。「助けてやる」という
姿勢が絶対的禁忌であることは言うまでもない。
 
 次に、生きる意味を喪失した方に「あなたは私達にとって、
かけがえのない、大切で必要な存在だ」と伝える事である。持ち家と
妻子を……全てを失ったある男性は「生きる意味が全くありません」と
述べ、希死念慮が続いている。彼の自殺を防ぐ為にあらゆる手段を
とっているが、有効な手段は限られており、実存に問いかける必要を
強く感じるのである。具体的には、生き残った彼の母親にとって彼が
最愛の存在であることや、彼には妻子を弔う役割があること、職場の
仲間は彼を大切に思っていることを、精神療法の中で溶ませるので
ある。弔う作業が癒しになるのは、それがその人白身のためではなく、
故人の為にできる唯一の作業であるからだ。行方不明者の家族は
弔う作業ができない為により煩悶が大きい。
 ここでは冒頭に述べたように、「あなたの側から人生に何も期待でき
ない」としても、「人生の側からみるとあなたはかけがえのない
必要な存在なのだ」ということを伝えているのである。
 これこそまさに生きる意味の正体であり、実存の本質である。
絶望からの蘇生にはこの「根源的いのち」の働きが不可であるが、
フランクルの実存的精神療法はこの発露を促すのだ。

人間の本質は苦悩する人間、苦悩人であるということです。」
「苦悩する人間は、まさに真理のすぐ近くにいるのであり、たやすく
真理に気づくのです。」(「苦悩する人間』133p)

繰り返しだが、私は臨床医としては生物学的な理解を何よりも
重視していることを強調したい。 いしかわ・あきら 精神科医。



※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。