QRコード
QRCODE


和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる




[PR]ワインをお求めなら、
うきうきワインの玉手箱
[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
伝兵衛
伝兵衛
オーナーへメッセージ

2010年07月13日

刺青をいれるのは危険です

夏休みの気安さで 腕に髑髏をいれたり、背中に唐草模様を
いれたりするのは 危険です。
針をさすだけでも 肝炎ビールスやHIVに感染することがあると 
ドイツ皮膚科学会のAndreas Jesper は警告する。
刺青の染料には 車のラッカーや重金属を含んだものもあり、
これらは中毒をおこす。
アゾ色素が使われると 癌になる危険がある。
さらに アレルギー反応もあるし、日光に曝されると色素は
化学反応をおこし、免疫系に障害を起こす。
トルコやモロッコで 体に模様を描くのに使われるヘンナ染料
(植物性で 赤茶色)は しばしば Paraphenylendiamin が
混ぜられていて これは 終生、続く激烈なアレルギーを引き
起こすことがある。
刺青を消すには 金がかかるし(健保は適用されない)、痛いし、
時間もかかる。刺青は 何にも 良いことはない、やめときぃ。
下記サイトから:
http://www.welt.de/gesundheit/article8243142/Urlaubs-Tattoos-koennen-ernsthaft-krank-machen.html

同じカテゴリー(薬物依存症)の記事画像
女性の薬物依存症(連載3最終回)
女性の薬物依存症(連載2)
女性の薬物依存症(連載1)
依存症者の人数
「親の依存症によって傷ついている子どもたち」
米国・白人下層階層の怒り
同じカテゴリー(薬物依存症)の記事
 女性の薬物依存症(連載3最終回) (2017-05-08 14:28)
 女性の薬物依存症(連載2) (2017-05-07 15:50)
 女性の薬物依存症(連載1) (2017-05-05 14:55)
 依存症者の人数 (2017-04-30 18:34)
 「親の依存症によって傷ついている子どもたち」 (2017-04-25 08:50)
 米国・白人下層階層の怒り (2017-03-19 09:31)

この記事へのコメント
いこらブログで刺青をする仕事の方のブログを発見しました。
女性も含めて若い方でけっこう賑わっているようです。
ずっと昔子どものころ近くに住んでいるおじさんの肩に刺青がありました。
めったに口もきかないくらいおとなしい方だったんですが、怖かったですねぇ。
私の感覚ではまだ肌を汚すという感じです。
新しいものは受け入れていこうと努力はしているのですが、身内ではいやです。
人生の新しい局面、就職、結婚、出産、子育て、きっと後悔すると思うのですが。
古いのかなあ。
私の仕事の上のつきあいの方で、両親そろって二の腕、太ももまで入っていらっしゃいましたがいい人でした。
Posted by nori at 2010年07月23日 19:06
コメントありがとうございます。
刺青は 病気のもとだと言うから やめた方が
いいと思います。
刺青を受け入れてくれる銭湯、温泉も少ないです。
Posted by kjgdkjgd at 2010年07月24日 08:01
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。