QRコード
QRCODE


和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる




[PR]ワインをお求めなら、
うきうきワインの玉手箱
[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
伝兵衛
伝兵衛
オーナーへメッセージ

2009年08月28日

近藤恒夫・日本ダルク代表者・NHKラジオ・インタビュー

2009年8月28日(金)午後5時35分ころから10分ほど酒井法子さん関連で電話インタビューが放送されました。
日本ダルクは 薬物依存症者回復支援施設。
近藤さんは この分野の第一人者の一人です。
以下は そのインタビューの要約です。

ダルクに来る人の麻薬開始年齢は 平均14歳、中学2~3年。薬物を始めてから 何年も経って、薬物を止められなくてダルクにたどり着く。
ダルクに来る人は 増えてはいないが、ダルクに来る人に二極化の現象が現れている。
一つは 高齢者で もう一つのグループは若い人。
高齢の人は 何度も刑務所に入り、満期出所してダルクに来る。

麻薬は必ず友達から友達へと伝えられる。秘密の共有は楽しいので、仲間を引きずりこむ。親しい人に 誘われると断れない。

覚醒剤は止めると 倦怠感、だるさに 襲われる。これに打ち勝つのは難しい。
脳は覚醒剤を使ったときの興奮を覚えている。期待と効果を求めて 覚醒剤の量が だんだん増えていく。

個人で薬物依存から 抜け出すのは 不可能だ。
薬物を止めるのは ゴールの無いマラソンを走るようなもので、ただ一人で走るのは まず できそうにない。

高齢の依存症者は 何度も刑務所に入っている。刑務所には 薬物を売る人と 使用者が 一緒に入っている。売り手は 使用者に 刑務所内で 情報を提供するから両者が一緒にいると、よけい 薬物を止めるのは 難しくなる。したがって 刑務所に入れないで 社会的処遇をすることにより、薬物から離れやすくなるし、国も金を節約できる。

2008年に警察庁は モデル事業として 自己使用の人(執行猶予の人)を対象に1年間 回復支援をした。これは有効だった。
一人で薬物を止めようとしても できない。この回復支援プロジェクトに参加することを 条件に 執行猶予が付いたわけでは なかった。そうなることが 望ましいのに、そうなると国は予算を付けなければ ならないので そうならなかった。

薬物依存阻止の広報として 「だめ 絶対」というような抽象的なことは 皆 わかっている。それは もう いいから、麻薬によって「自由を失う」ことを知らせるべきだ。創造性を失い、人間として生きることを 止めることになる。そうならない ように、社会全体で 依存症者を社会に包み込む仕組みが必要だ。
social inclusionと言う。今は 薬物依存症者を排除している。学校は退学になる。会社はクビになる。問題意識はあるのに、まるで 薬物依存症者は 存在しないかの ように 排除する。
排除された方は不快なので、また薬に戻り、悪くなり、沈殿し、孤立する。大きい犯罪をおこしたりするようになる。

★ブログ管理人の蛇足:
聴力は衰え 聞き取れないところも多いけれど、無いよりましな程度のメモ。
ダルクの活動に詳しい方、補足を書いていただけたら ありがたいです。

同じカテゴリー(薬物依存症)の記事画像
薬物依存症の親をもつ子ども(18,最終回
薬物依存症の親をもつ子ども(連載17
薬物依存症の親をもつ子ども(連載16
薬物依存症の親をもつ子ども(連載15
薬物依存症の親をもつ子ども(連載14
薬物依存症の親をもつ子ども(連載13
同じカテゴリー(薬物依存症)の記事
 薬物依存症の親をもつ子ども(18,最終回 (2017-07-25 18:19)
 薬物依存症の親をもつ子ども(連載17 (2017-07-24 17:37)
 薬物依存症の親をもつ子ども(連載16 (2017-07-23 16:15)
 薬物依存症の親をもつ子ども(連載15 (2017-07-21 11:29)
 薬物依存症の親をもつ子ども(連載14 (2017-07-19 16:26)
 薬物依存症の親をもつ子ども(連載13 (2017-07-18 18:30)

この記事へのコメント
初めてお便りします。
私は全国薬物依存症者家族連合会(薬家連)HP管理人の小西と申します。このブログをリンクさせてもらいましたので、ご確認ください。
今後ともダルク、薬物依存症者のご理解よろしくお願いします。
Posted by 小西 憲 at 2009年09月07日 18:56
薬家連 小西さま 
コメントありがとうございます。
Posted by kjgdkjgd at 2009年09月07日 20:35
僕もダルクに3年半入寮してました。
ダルク関係者はとても暖かく時には厳しさもすべて愛情のこもった
依存症には早くもっと早く長い間一人で苦しんできた人の心の扉が
開く瞬間涙する人も沢山います、孤独との戦い現代社会はとても薬物
がアメリカの様に簡単に手に入る日本でも僕は沖縄県出身現在41歳
ダルク入寮は、25歳~28歳までお世話になりました。
中には、自殺や病気で死んでいった仲間たちとのお別れとてもつらい
涙では辛さも消えません。皆な家族だからです、ダルクで得られた事はけして無駄な時間ではなかったです、どうもありがとう。
Posted by よし at 2010年10月28日 00:26
よし様
コメント有難うございました。
ダルクにつながって、よかったです。
ご自愛をお祈りいたします。
Posted by kjgdkjgd at 2010年10月28日 09:02
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。