QRコード
QRCODE

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
伝兵衛
伝兵衛
オーナーへメッセージ

2017年12月27日

アフリカの孤児院に支援byドイツの学生(2


西ケニアの大都市 Kitale の孤児院を初めて
訪問したことのことを Gogolinは今も正確に
思い出すことができる。大学入学資格試験の後
三ヶ月間 ケニアのキリスト教系の小学校で
臨時教師として働いていた。週末の遠足の時
孤児院のことを知った。そして その主宰者
Milly Dindiと話しするようになった。
Millyは既婚で、三人の子をもつ。2010年に
キリスト教の信念をもって働き始めた。そして
今 彼女は自分の負担で学校の経費をまかな
っている。最初の入学生はスラムからの女性
だった。彼女は生きてゆくに値する未来への
希望はなかった。Rahel Gogolinは この子と
知り合った:「強姦されたり、虐待されたり
する女子もあり、あるいは ともかく生き延び
られるように 売春に向かわざるを えなく
なる女子もある」。
下記サイトから:
http://www.dw.com/de/afrikanisches-waisenhaus-zukunft-sichern-durch-spenden/a-17550491




同じカテゴリー(児童養護施設)の記事画像
アフリカの孤児院に支援byドイツの学生(7最終回
アフリカの孤児院に支援byドイツの学生(6
アフリカの孤児院に支援byドイツの学生(5
アフリカの孤児院に支援byドイツの学生(4
アフリカの孤児院に支援byドイツの学生(3
アフリカの孤児院に支援byドイツの学生(1
同じカテゴリー(児童養護施設)の記事
 アフリカの孤児院に支援byドイツの学生(7最終回 (2018-01-02 15:52)
 アフリカの孤児院に支援byドイツの学生(6 (2018-01-01 15:23)
 アフリカの孤児院に支援byドイツの学生(5 (2017-12-30 16:54)
 アフリカの孤児院に支援byドイツの学生(4 (2017-12-29 17:18)
 アフリカの孤児院に支援byドイツの学生(3 (2017-12-28 20:49)
 アフリカの孤児院に支援byドイツの学生(1 (2017-12-26 21:27)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。