QRコード
QRCODE

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
伝兵衛
伝兵衛
オーナーへメッセージ

2017年08月28日

プールを作った、近所の子どものために


下記サイトから:
http://www.kare11.com/news/local/land-of-10000-stories/94-year-old-puts-in-pool-for-neighborhood-kids/463647743
ミネソタ州モリスに住む Keith Davison キー
ス・デイヴィスンさん(94歳)はこの春、庭に
プールを作った。彼は裁判官だった。66年を
共に暮らした妻は2016年に癌で亡くなった。
妻がいなくなって、彼は泣いた。
今は近所の子ども達が毎日プールに来てくれる
ので泣かない。彼がプールを作るという考えを
話したとき、多くの人は冗談だと思った。しか
し「本当にプールを作ってくれて 近所に子
どもに喜びを広めてくれた」と近くのジェシカ
は言う。
水浴びだけのプールではない。長さ約10メータ、
飛び込み台の下は深さ3メータある。公営プー
ルのない町には有り難い。
デイヴィスンさんには成人した子ども三人い
る。孫はいない。プールのお陰で近くの子ども
皆を孫にしてようなものだ。
子ども達が帰ったあと、彼は泳ぐ。しかし94歳
の人がプールを自宅に作ることは 経済的に見
ると意味はない。彼はお金のことは 考えてい
ない。「壁を見て、じっと座っていなくて
済む。子ども達が午後になると毎日来てくれて
これほどの楽しみはない」。
死別の哀しみは深い。子ども達がプールに来て
くれた日に哀しみから一歩 ふみだせた。





※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。