QRコード
QRCODE

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
伝兵衛
伝兵衛
オーナーへメッセージ

2017年07月07日

薬物依存症の親をもつ子ども(連載3


◎小見出し:「食べ物はあるだろか?アパー
トから追い出されるのだろか?」これが幼い
ミアの世界だった◎
薬物依存症者はヘロインを温め、注射し、錠
剤を細かく砕いて吸う。恍惚状態になる。時
には量が多すぎたり、強すぎるモノをやった
りして死ぬ。幸運なら やり過ぎても救急車
で運ばれる。時には運が尽き、死体公示所に
運ばれる。アメリカでは去年 約6万人がヘロ
インあるいはアヘンに似たものをやり過ぎて
死んだ。この数は銃や車の事故による死者の
数よりも多い。多くに地域では アヘンに似た
ものの過剰摂取は 自然死でない死の原因
として最も多い。
西バージニア州は薬物依存症が特に猛威を
振るっている州だが、実はどの州も酷い。ニュ
ーイングランド州、昔 製鉄業が栄えた地帯、
アパラチア地方、南部、南西部で数十万人が
薬物をやっている。医師・救急隊員・消防士・
警官・教員・ケースワーカー・市長など皆が
薬物と悲惨に抵抗しているが、絶望感と無力
感に疲れている。(つづく)
下記サイトから:
http://www.sueddeutsche.de/panorama/drogenkrise-in-den-usa-rette-mich-1.3551391?reduced=true




同じカテゴリー(児童虐待)の記事画像
約束は子どもにとって最も重要なもの
薬物依存症の親をもつ子ども(18,最終回
薬物依存症の親をもつ子ども(連載17
薬物依存症の親をもつ子ども(連載16
薬物依存症の親をもつ子ども(連載15
薬物依存症の親をもつ子ども(連載14
同じカテゴリー(児童虐待)の記事
 約束は子どもにとって最も重要なもの (2017-07-26 16:29)
 薬物依存症の親をもつ子ども(18,最終回 (2017-07-25 18:19)
 薬物依存症の親をもつ子ども(連載17 (2017-07-24 17:37)
 薬物依存症の親をもつ子ども(連載16 (2017-07-23 16:15)
 薬物依存症の親をもつ子ども(連載15 (2017-07-21 11:29)
 薬物依存症の親をもつ子ども(連載14 (2017-07-19 16:26)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。