QRコード
QRCODE


和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる




[PR]ワインをお求めなら、
うきうきワインの玉手箱
[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
伝兵衛
伝兵衛
オーナーへメッセージ

2017年06月22日

精神病院(瘋癲院)・連載8


社会学者 Julia Hahmann (Vechta 大学)は
このプロジェクトに関わっていて、国・文化・
言語・年齢・問題が異なることは ないだろ
うと思っている。「入所者は皆、切迫した状
況にあり、入所者はそれぞれ他の人とは異な
った経験をしていると言う点では同じだ」。
と彼女は言う。承認されることも、保護され
て安全にいるということも 彼らには無かっ
た。「自己同一性を維持するには 大切にさ
れているという事が必要だ」。この「団結の
ハウスは彼らが失ったものを返還する。ハウ
スは 承認されることを経験する場所、保護
された場所である。(つづく)
下記サイトから:
http://sz-magazin.sueddeutsche.de/texte/anzeigen/42385/Das-Tollhaus




同じカテゴリー(こころのケア)の記事画像
家田荘子(僧侶兼作家)の駆け込み寺
避難所(瘋癲院)・連載19(最終回
避難所(瘋癲院)・連載18
避難所(瘋癲院)・連載17
精神病院(瘋癲院)・連載16
精神病院(瘋癲院)・連載15
同じカテゴリー(こころのケア)の記事
 家田荘子(僧侶兼作家)の駆け込み寺 (2017-07-20 12:20)
 避難所(瘋癲院)・連載19(最終回 (2017-07-04 15:19)
 避難所(瘋癲院)・連載18 (2017-07-03 12:48)
 避難所(瘋癲院)・連載17 (2017-07-02 14:08)
 精神病院(瘋癲院)・連載16 (2017-07-01 15:57)
 精神病院(瘋癲院)・連載15 (2017-06-30 09:53)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。