QRコード
QRCODE


和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる




[PR]ワインをお求めなら、
うきうきワインの玉手箱
[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
伝兵衛
伝兵衛
オーナーへメッセージ

2017年05月09日

エイズ流行の歴史的様相

月刊「みずず」2017年4月号、大井玄、
”臆病と用心~エイズの場合”p.64~71.
から抜粋:
1976年頃にアメリカで奇妙な病気が起きてい
た。虚弱な老人に起こるカポジ肉腫や 未熟
児に見られるカリニイ肺炎に 強壮な青年が
罹る例が続出していた。その青年たちはゲイ
であり麻薬常用者だった。
同じ現象はヨーロッパにおいてもゲイや麻薬
常用者の間で広がっていた。
1981年 それらの多彩な病像はエイズという
病気に統合された。さらにその後レトロウイ
ルス一種HIVによるものだと判った。
タイの最初のエイズ患者が報告されたのは
1984年で 日本と同時期である。タイの麻薬
常用者は最大で50万人に上ると推定されて
いた。麻薬や売買春を通じて感染者数は増え、
1991年にはタイの感染者は33000人(総人口
は日本の半分)と報告された。日本では1992
年に623人であった。
日本のエイズ流行は緩徐に拡大していくだろ
うが、アメリカやタイのような爆発的な流行
はない、というのが疫学的データに基づく
社会医学徒の解釈であった。ハイリスク・グ
ループとされる麻薬常用者がほとんど おら
ず、売春にたずさわる女性のHIV感染率が無視
できるほと低いからでもあった。
★ブログ管理人の蛇足:
日本に「麻薬常用者がほとんど おらず」と
言うのは このお医者さんの周りに いない
ということの ように思います。私の周りには
居るぞい。




同じカテゴリー(性感染症)の記事画像
梅毒激増@ドイツ(下)
梅毒激増@ドイツ(中)
梅毒激増@ドイツ(上)
エイズ・ホスピスinビルマ(下)
エイズ・ホスピスinビルマ(中)
エイズ・ホスピスinビルマ(上)
同じカテゴリー(性感染症)の記事
 梅毒激増@ドイツ(下) (2015-12-20 15:43)
 梅毒激増@ドイツ(中) (2015-12-17 18:05)
 梅毒激増@ドイツ(上) (2015-12-16 15:47)
 エイズ・ホスピスinビルマ(下) (2012-06-25 15:30)
 エイズ・ホスピスinビルマ(中) (2012-06-24 06:54)
 エイズ・ホスピスinビルマ(上) (2012-06-23 06:49)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。