QRコード
QRCODE

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
伝兵衛
伝兵衛
オーナーへメッセージ

2015年12月17日

梅毒激増@ドイツ(中)

梅毒は ずっと前から 抑えこまれていると人は思っていた。80年台にエイズが
蔓延し、安全な性行動をしないと いけないという考えが広まり、梅毒の患者は
減った。
HIVウィルスは薬によって体内に留めることが できたので、パートナーに感染
させる脅威は 防護のない性行為による場合にも はとんどないと思われたのか?
「HIV陽性の人が 別のHIV陽性の人と 無防備な性行動をするということを 調査
において 度々 みている」とロベルト・コッホ研究所の Viviane Bremer は言う。
「報告されたデータに そのことが読み取れるのではなく、梅毒患者の多くが
HIV陽性者の中に見られると 推測している」。
「ドイツ・エイズ支援組織」の医学担当者によると ロベルト・コッホ研究所の
数字は また別の問題を示す。「早期に診断しなければならない」。梅毒が早期の
段階で確定されたのは 症例の約1/3において だけだ。年に少なくても一度は
危険な人は 予防のために検査を受けるべきだと 上記の支援組織は言う。梅毒の
症状が現れている場合にだけ、この予防検査は 健保から支払われる。この症状
とは 陰茎や膣に潰瘍がある、リンパ節が腫れている、痛みのある皮膚小結節、
臓器の変質など。(つづく)
下記サイトから:
http://www.stern.de/gesundheit/syphilis--die-infektionszahlen-in-deutschland-steigen-6600244.html



同じカテゴリー(性感染症)の記事画像
エイズ流行の歴史的様相
梅毒激増@ドイツ(下)
梅毒激増@ドイツ(上)
エイズ・ホスピスinビルマ(下)
エイズ・ホスピスinビルマ(中)
エイズ・ホスピスinビルマ(上)
同じカテゴリー(性感染症)の記事
 エイズ流行の歴史的様相 (2017-05-09 14:38)
 梅毒激増@ドイツ(下) (2015-12-20 15:43)
 梅毒激増@ドイツ(上) (2015-12-16 15:47)
 エイズ・ホスピスinビルマ(下) (2012-06-25 15:30)
 エイズ・ホスピスinビルマ(中) (2012-06-24 06:54)
 エイズ・ホスピスinビルマ(上) (2012-06-23 06:49)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。