QRコード
QRCODE

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
伝兵衛
伝兵衛
オーナーへメッセージ

2015年11月27日

子どもが悪い友達をもったら(下のニ)

もし付き合いを禁止するとしても、禁止は最後の緊急策であるべきだ
とMarion Pothmannは言う。禁止は問題点が多い。なぜなら 禁止は
特に青少年の場合、抵抗の行動を呼び起こすからだ。親が友だちを
禁止すると、子どもは友だちに 大変 興味をもつようになる。
禁止の代わりに 次のことが役に立つ:なぜ友だちと一緒にいたい
のかを 子どもと話し合い、質問する。自分の心配なことを言う。
親が自分の少年・少女時代の記憶をよみがえらせることも 時には
役に立つ。どの親も 子どもの頃に親と正しい友だち・悪い友だちに
ついて言い争ったことがあるものだ。(つづく)
下記サイトから:
http://www.welt.de/gesundheit/psychologie/article147715332/Was-tun-wenn-mein-Kind-die-falschen-Freunde-hat.html



同じカテゴリー(少年非行)の記事画像
困難な少年のための事業(14最終回
困難な少年のための事業(13
困難な少年のための事業(12
困難な少年のための事業(11
困難な少年のための事業(10
困難な少年のための事業(9
同じカテゴリー(少年非行)の記事
 困難な少年のための事業(14最終回 (2018-01-20 20:17)
 困難な少年のための事業(13 (2018-01-19 20:22)
 困難な少年のための事業(12 (2018-01-17 17:24)
 困難な少年のための事業(11 (2018-01-16 18:07)
 困難な少年のための事業(10 (2018-01-15 18:25)
 困難な少年のための事業(9 (2018-01-14 20:41)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。