QRコード
QRCODE

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
伝兵衛
伝兵衛
オーナーへメッセージ

2018年01月13日

困難な少年のための事業(8


Bogganの事業において 意見の最も分かれる
点は 当然のことながら金だ。Bogganはカタギ
でいる若い衆に金を渡す。「良く振る舞えば
それだけ受け取る金額が多くなる」。6ヶ月後
に 生活計画の最初の一里塚を克服した「給費
生」は薬物離脱療法の後、初めて月々の支払い
を申請できる。月々の支払いは千ドルまでに
なる。「彼らは薬物売買で その幾倍もの金を
稼ぐので 千ドルは はした金だ」とBogganは
言う。しかしこの給付は一つの刺激であり、彼
らが まともな職を見つけた場合、給付金は
彼らの役に立つだろう。少なくとも最低賃金に
到達することへの支援になる。(つづく
下記サイトから:
http://sz-magazin.sueddeutsche.de/texte/anzeigen/46649/Stipendium-fuer-schwere-Jungs


  


Posted by 伝兵衛 at 20:44Comments(0)少年非行