QRコード
QRCODE


和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる




[PR]ワインをお求めなら、
うきうきワインの玉手箱
[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
伝兵衛
伝兵衛
オーナーへメッセージ

2017年06月06日

性転換者の妻は・連載2


2015年5月6日だった。それまでの「完全無欠
の世界」が崩れ去った。その日を正確に覚え
ている。レギーナはA4の紙に書いたメモを手
がかりに考えを整理した。夫が一過性のこと
だと言った2年後のことだった。5月6日に夫
は出張から帰ってきた。疲れ果てているよう
だった。
レギーナはそんな事を予期していなかった。
「ショックで呆然とした。結婚していた長い
年月、ずっとウソを言われていて、裏切られ
ていた」。そのうちに どうも おかしいと
彼女は思うようになった。そして心と身体の
性が違って生まれた人は どんなに辛いだろ
うと言うことも分かった。しかし性転換希望
者と一緒に暮らしていて、今まで そのこと
を知らなかった人について、多くの疑問が湧
きあがった。そういう人たちの役に立ちたい
とレギーナは思って 自助グループを作ろう
と思い立った。そのために似たような経験を
した人や経験をしている女性や関心のある人
を探している。(つづく)
下記サイトから:
http://www.faz.net/aktuell/rhein-main/frankfurt/transsexualitaet-das-neue-leben-ist-lebenswert-15009836.html



  


Posted by 伝兵衛 at 13:45Comments(0)性少数派