QRコード
QRCODE

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
伝兵衛
伝兵衛
オーナーへメッセージ

2012年06月05日

ゲイがゲイ嫌悪症である例もある(下)

寛容で 子どもを支援する親をもつ被験者の場合に 
性的志向が どのようであるかは 既に確認されていた。
同性愛を嫌悪する権威主義的な父親によって育てられると、
性的志向についての発言と 実際の態度との間に矛盾が
生じることが 調査で明らかになった。
異性愛が圧倒的な社会において 同性愛の人にとって 
自分の人格を受け入れることは たいへん困難なことだ。
厳格で 同性愛を嫌う家庭において 性的少数派グループに
参加することは 恐ろしいことになりかねない。カムアウトする
と 子どもは親から 拒絶される危険がある。
それ故に 同性愛者の中には 同性愛であることを
否認したり、抑圧したりする人もいる。
心の中で厳しく非難している 自分の性的志向に 直面する
ことになると、特に厳しい拒絶を伴う反応が 生じることがある。
下記サイトから:
http://www.sueddeutsche.de/wissen/psychologie-schwul-und-homophob-1.1329883
                    


Posted by 伝兵衛 at 13:05Comments(0)性少数派