QRコード
QRCODE

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
伝兵衛
伝兵衛
オーナーへメッセージ

2011年11月29日

サリドマイド発売停止から50年inドイツ

50年前の1961年11月27日にサリドマイドの入ったConterganと
いう睡眠剤は ドイツ市場から回収された。
サリドマイドは1957年10月10日に認可された。
遺伝学者 Widukind Leuz は 製薬会社Gruenennthalに
1961年11月15日に この薬に副作用があることを通告した。
同社は 他からも警告が寄せられていた にもかかわらず、
この睡眠剤を売り続けた。
1961年11月26日に”Welt am Sontag"が この副作用を
報道し、その日に製薬会社はConterganを市場から回収し始めた。
ドイツ・サリドマイド被害者協会によると、1962年までに約5000人
のサリドマイド被害者が生まれた。サリドマイドのために死産に
終わった例は 何人あるか不明である。
この睡眠剤は動物実験では無害だとされた。
サリドマイドはハンセン病と癌には 今も使われている。
サリドマイド被害者への賠償は 月額100~500ユーロである。
1972年に製薬会社は 1億1400マルクを財団に支払った。
ドイツ連邦政府は1億1千万マルクを拠出した。
この薬害のために 1978年に薬の法律は 厳しくなったが、
同様の危険は今も起こりえる。
下記サイトから:
http://www.bild.de/ratgeber/gesund-fit/contergan-skandal/geschichte-pharma-skandal-21220330.bild.html
  


Posted by 伝兵衛 at 20:20Comments(0)中欧事情