QRコード
QRCODE

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
伝兵衛
伝兵衛
オーナーへメッセージ

2011年11月14日

薬物依存症の親をもつ子の毛髪にコカイン(上)

2011年2月に ドイツ・ブレーメンで 一歳児と三歳の姉の毛髪を
検査したところ、コカインが検出された。
一歳児は頭蓋骨折で病院に運ばれた。母親の申立によると 
その子はソファーから落ちたと言うことだったが、医師は役所に
通報した。その結果、この子は薬物依存症の家庭の子だと判った。

2006年10月10日に2歳児のKevinちゃんの遺体が 同じ
ブレーメンで見つかった。ケビンちゃんは 薬物依存症の継父に
虐待され、死んだ。ケビンちゃんの毛髪にも薬物が検出された。
この事件は大きく報道された。

薬物依存症の親をもつ子にどう対応するか?親の元に置くか 
親から引き離すか?と言う議論が 繰り返されてきた。

薬物依存症だという記録のある親をもつ ゼロ歳児から10歳まで
の子どもについて ドイツ全土で調査されたことがある。その子達の
毛髪を検査したところ その1/3は薬物の反応がなかった。約1/3は
薬物との接触が示されたが、代謝に入っていなかった。最後の
1/3は薬物と強度に接触している可能性があった。
成人が使ったヘロイン・コカイン・大麻・メタドンMethadon は全て 
子どもの毛髪から検出された。薬物がどうして 子どもの毛髪に
入るのか、親の汗が皮膚接触によって子に入るのか、子どもを
鎮静させるために 実際に子どもに薬物が投与されたのか、
などについて 調査は示していない。(続く)
下記サイトから:
http://www.sueddeutsche.de/panorama/misshandlungen-durch-drogensuechtige-eltern-kokain-im-kinderhaar-1.1187187

  


Posted by 伝兵衛 at 18:18Comments(0)中欧事情